1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

スマホ依存者がプログラミング依存者になった話

1日16時間スマートフォン。

狂気の沙汰でした。


(これは高校生の時の僕の話です。特に有益でもない思いつきで書いたので暇つぶし程度に見ていただけると嬉しいです)

その前のフェーズの中学はそこそこ勉強はできました。(関西の某トップ有名塾で全盛期は塾内3位とかでした)そんなに真剣にやってはなかったり授業中寝てたりしてましたがと言うかしょっちゅう寝てましたが、テストでいい点をとるので「睡眠学習」とまで言われてました。まあ、3年でサボりすぎて1.1倍の公立落ちたんですけどね。

高校に戻りますが、当時はちょうどiPhone5が出た頃で、パズドラが全盛期でした。僕も中学卒業と同時に親にスマートフォンを買ってもらいました。さらにうちの高校はiPad支給(と言うか強制購入)だったので、高1ながらタブレットを2つ駆使する最強のタブレッターになりました。

するとどうなったか?

僕は授業を聞かなくなりました。そして、最初の定期テストで(併願受験にもかかわらず)ブービーに100点差をつけられてクラス最下位の名を欲しいままにしました。

iPad、授業中にいじり放題だったんですよね。僕たちの代がiPad導入1期生で、その時は本当に何も整備されていませんでした(徐々に教師が察していったり、制限が強化されました。)。1限から7限までネットサーフィンをして、100%あった充電は帰る頃に切れていました。

タブレット中毒になってしまったんですよね。本当にスマホやiPadがないと何もできないと思っていました。iPadがあるのにそれを盾にしてiPhoneでもゲームするとかしてました。

僕は診断こそ不明ですがADHDの兆候があり小学校の時にも担任に診断を勧められて受診した事もあります。注意散漫なのもそうですが、1度入り込むともう抜けられない地獄。

しかし、ハマる事も時には強い武器になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~時は流れ大学3年~~~~~~~~~~~

興味本位で大学主催のプログラミングイベントに参加しました。2日間かけてジャンケンアプリを作るというものだったのですが、得意の過集中を発揮し夜は寝ず、僕はランダムに問題が出る全20問(4 x 5)のクイズアプリを作成し次の発表会で講師に称賛されました。その時に気づいたのが、

「これ、仕事にしたら最強じゃね?」

でした。結局3年では何もしなかったものの、4年次にYoutubeでマコなり社長にハマって人生変わりました。あの人の話し方って、毒がないのに初心者に分かりやすくて、ちょっと突っ込んでくれるんですよね。しかも大学教授と違って話が面白い(すみません)。

虜になった僕はマコなり社長がやっているサービスTECH::EXPERT(現在はTECH::CAMPに改名)に即入ろうと思いました。

しかし、まだ大学生です。僕は短期集中で週60時間やるコースに絶対入りたかったので、休学したかったのですが「4年で卒業しろ」と余裕で反対されました。幸い学校は週2でしかも10週間(スクール期間)のうちの中盤くらいまで夏休みだったので、もうダメもとで「両方行っちゃえ」ってなりました。意味不明ですね。

そんな状況なもんで、ライフコーチ(精神的にサポートしてくれる人)に「起きてる時間はずっとプログラミングしろ」と言われたので、ガチで起きてる時間ずっとプログラミングしてました。それ以外のことはしませんでした。

気づけばスマートフォンにソーシャルゲームは入っていませんでした。プログラミングを真剣にやる上で、弊害でしかなかったからです。

幸い、通常のカリキュラムは、大学が始まるまでに終了させることができました。MacBook壊れた時はどうしようと思ったけどね(結局スクール在学中に3回謎に電源がつかずぶっ壊れました)

そして、今僕はエンジニアとして、プログラミング中毒者として、働いています。

ぶっちゃけスマートフォンのソシャゲやネットサーフィンにハマってもいいことはマジで1つもなかったです。高校生の授業中を全て無駄にした。しかし、いじり倒したからこそ今その無駄さを実感して、いじる時間が減ったのはいい方向にもなったのかもしれません(変に制限されていると今反動が来ていたかもしれない)

それに引き換え、エンジニアって今需要が割と高い職じゃないですか。それにはまれたんです。僕は幸運だったと思っています。


僕がこの経験から言いたいことは2つです。

・ちょっとでも興味あるもんには全て手を出す

・ハマりやすい性格なら、有益で楽しい物にハマろう

でした。

最近はYoutube撮影したり、作曲してみたり相変わらず多動っぷりを発揮してます。さらなる自分の可能性をこれからも見出して行くつもりです。

ここまでみていただいてありがとうございました。