1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
株式会社Polestar-ID

PsiDアウトプット

Trending
話題の投稿

【組織での問題解決方法】利益がついてくるには、助けたい人が何を求めているかを観察するのが大事です。

プレゼンター:君島 聴衆:新入社員、鈴木 写真:武 以下、君島 これからMBA問題解決プレゼンを始めます。 内容は「サービスが先、利益が後」というお題です。 このお題を見た時に、私が1番最初に何を思い浮かべたのかというと「観察力と決定力」です。 そもそもサービスが先、利益が後がどういうことかと言いますと、 例えば...

【組織での問題解決方法】多くの社員は客観視できているから、問題に気が付ける

発表者:高尾 聴衆者:森泉、君島、三枝、河野、國本、中山、島田、鈴木、ウェイ、柴田 撮影:武 以下 高尾 これからプレゼントを始めたいと思います。よろしくお願い致します。 今回のタイトルは「最大の過ちは自分1人で問題解決をしようとすることである」です。 みなさん今たぶんCCNAのしてる中で分からないことがウェイさ...

【組織で生産性をあげる方法】暗黙の前提に落とし穴あり

プレゼンター:山口 聴衆:関、村松、飯嶌、土田、加藤(和)、大塚、加藤(百)、玉田、日原、加藤(龍)、牧原 写真:武 以下、山口 MBAの問題解決プレゼンテーションを始めさせていただきます。よろしくお願い致します。 題材「暗黙の前提に落とし穴あり」 これは人に何かを伝えたり逆に伝えられる際には 「暗黙の前提」...

【組織での問題解決方法】ミスを憎んで人を憎まず

プレゼンター:森泉 聴衆:加藤、渡辺、木下、中山 写真:武 以下、森泉 ミスを憎んで人を憎まずというタイトルで始めたいと思います。 このタイトルを読んで、 一人のミスを責めて誰かのせいにしてもその先の結果には繋がらないので 個人のミスを責めて人のせいにしないことだと考えました。 スポーツとかでは一つのミスで負ける...

【組織で生産性をあげる方法】生産性は量以上に質が大事

プレゼンター:村松 聴衆:関、加藤(和)、大塚、加藤(百)、玉田、山田、加藤(龍)、牧原、逆井、小島、西山、長嶋 写真:土田 以下、村松  題材:「生産性は量以上に質が大事」 よくインフルエンサーが「最初はとにかく質にこだわるより量をこなすことが大事」と言いますが 私はこの題材の通り、"量より質"が大事だと...

Latest
最新の投稿

【組織で生産性をあげる方法】ムリ、ムダ、ムラをなくせ

発表者:牧原 聴衆:村松、加藤(龍)、加藤(百)、関、浅葉、西山、小島、長嶋、逆井、大塚 カメラ:土田 以下、牧原 それでは発表を始めます。 今回の題は、「ムリ、ムダ、ムラをなくせ」ですが、 まず、「ムリ」というのは 負荷をかけすぎて本来の能力が発揮されないということです。 分かり易く言えば負荷が能力を上回って...

【組織で生産性をあげる方法】信頼の残高を増やせ

発表者:政田 聴衆:大塚、柴田、加藤(百)、加藤(龍)、関、浅葉、西山、小川、岩嵜、小沼、齋江 カメラ:土田 以下、政田 今回の題材は「信頼の残高を増やせ」となります。 「信頼の残高」とは、信頼の積み重ねのことです。 この題材は、相手に対してメリットよりもデメリットの方が大きいことを依頼しなくてはいけないと...

【組織で生産性をあげる方法】承認欲求は皆が使える動機づけの武器

発表者:小沼 聴衆:加藤(龍)、加藤(百)、関、浅葉、西山、小川、岩嵜、齋江、政田、大塚 カメラ:土田 以下、小沼 それでは始めさせていただきます。本日はお願いします。 今回のテーマは「承認欲求は皆が使える動機づけの武器」です。 人のモチベーションで使われている最も有名な図が、 「マズローの欲求5段階説」という...

【組織で生産性をあげる方法】公式の力、個人の力、関係性の力

発表者:齋江 聴衆:西山、小沼、政田、小川、岩嵜、関、浅葉、加藤、大塚 カメラ:土田 以下、齋江 今回のテーマは、「公式の力、個人の力、関係性の力」になります。 この意味は 他人を動かす際に必要とされる力 です。 力と言うと数えられないほどありますが、 今回はそれらを総称した結果、3つの力があることが分かりまし...

【組織で生産性をあげる方法】大切なのは本物の根回し

発表者:小川(太) 聴衆者:浅葉、岩嵜、大塚、加藤(百)、加藤(龍)、小沼、齋江、関、西山、政田 カメラ:土田 以下、小川(太) 今回のテーマは「大切なのは本物の根回し」です。 「根回し」というものは一般的にスパイ活動や権力争いといった ネガティブ・卑怯なイメージを思い浮かぶ方が多いかと思われます。 しかし...

【組織で生産性をあげる方法】生産性は量以上に質が大事

プレゼンター:村松 聴衆:関、加藤(和)、大塚、加藤(百)、玉田、山田、加藤(龍)、牧原、逆井、小島、西山、長嶋 写真:土田 以下、村松  題材:「生産性は量以上に質が大事」 よくインフルエンサーが「最初はとにかく質にこだわるより量をこなすことが大事」と言いますが 私はこの題材の通り、"量より質"が大事だと...

【組織で生産性をあげる方法】一石三鳥を狙え

発表者:西山 聴衆:村松、加藤(龍)、加藤(百)、関、浅葉、牧原、小島、長嶋、逆井、大塚 カメラ:土田 以下、西山 本日の題材は「一石〇鳥」です。 普通なら〇の部分は「二」で一石二鳥だと思いますが、 〇の部分を「三」にして、一石三鳥を狙えというテーマになります。 「一石三鳥」を狙えという意味は、 一、企業にとっ...

【組織で生産性をあげる方法】ボトルネックを潰せ

発表者:小島 聴衆:村松、加藤(龍)、加藤(百)、関、浅葉、西山、牧原、長嶋、逆井、大塚 カメラ:土田 以下、小島 これからMBA問題解決プレゼンテーションを始めます。 題材「ボトルネックを潰せ!」 これからボトルネックについて発表させて頂きます。 ボトルネックは生産性を考える上で重要な認識のひとつです。 例えば...

【組織で生産性をあげる方法】得意だからやるのではなく、比較優位があるからやる

発表者:長嶋 聴衆:村松、加藤(龍)、加藤(百)、関、浅葉、西山、牧原、小島、逆井、大塚 カメラ:土田 以下、長嶋 今回の題材は「得意だからやるのではなく、比較優位があるからやる」になります。 比較優位と聞いて意味の分かる人は少ないと思います。 例を交えてご説明させていただきます。 例えば、AさんにAという...

【組織で生産性をあげる方法】顧客を仕組みに取り入れよ

発表者:加藤(龍) 聴衆:村松、長嶋、加藤(百)、関、浅葉、西山、牧原、小島、逆井、大塚 カメラ:土田 以下、加藤(龍) 今回の題材は「顧客を仕組みに取り入れよ」となります。 この題材は、サービスの向上などに利用者を取り入れることで より大きな利益向上が見込めるという事だと私は考えています。 実際に顧客を仕...

【組織で生産性をあげる方法】正論と寝技

発表者:玉田 聴衆:松村、牧原、加藤(龍)、山口、関、加藤(百)、加藤(和)、大塚 カメラ:土田 以下、玉田 私の今回のプレゼンのテーマは「正論と寝技」です。 まず、そもそも「正論と寝技」がいつ必要なのか説明していきます。 「正論と寝技」は反対意見者を取り込むときに用いる手法です。 倒したり無理やり言い...

【組織で生産性をあげる方法】フォローアップなくしては目標達成なし

発表者:山口 聴衆:松村、牧原、加藤(龍)、日原、玉田、関、飯嶌、加藤(百)、加藤(和)、大塚 カメラ:土田 以下、山口 「フォローアップなくしては目標達成なし」 それでは、MBA発表を始めさせていただきます。 タイトルの通り、 フォローアップなくしては、目標を達成することはできないです。 なぜ目標達成が出来...

【組織で生産性をあげる方法】PDCAはCとAをやってこそ

発表者:玉田 聴衆:松村、牧原、加藤(龍)、日原、山口、関、飯嶌、加藤(百)、加藤(和)、大塚 カメラ:土田 以下、玉田 今回の発表の題名は「PDCAはCとAをやってこそ」です。 まず最初に、みなさん資格取得に向け進行計画を立てたと思いましたが 計画通りにできた方はいらっしゃいますか。 いらっしゃらないよ...

【組織で生産性をあげる方法】計画は期待値超えを前提に

プレゼンター:日原 聴衆:関、村松、飯嶌、土田、加藤(和)、大塚、加藤(百)、玉田、山口、加藤(龍)、牧原 写真:武 以下、日原 MBAの問題解決プレゼンテーションを始めさせていただきます。よろしくお願い致します。 題材は「計画は期待値超えを前提に」です。 何事も行動する前に大切な事は、、 ずばり! 計画が1...

【組織で生産性をあげる方法】スケジュールをすべて埋めては想像力が死ぬ

発表者:玉田 聴衆:松村、牧原、日原、山口、関、飯嶌、土田、加藤(和)、大塚 カメラ:武 以下、玉田 今日私がお話しさせていただくのは 「スケジュールをすべて埋めては想像力が死ぬ」ということについてです。 スケジュールを立てるときに張り切ってしまって、スケジュールを いっぱいいっぱい入れてしまい、それ通りに行...

フォロワー
投稿数
91
いいね!
174
About
PsiDアウトプット
PsiD社員が日々アウトプットや書籍などの発表を行っています。
Writers