1
/
5
共同研究推進担当
中途
7
エントリー
on 2022/01/20 365 views

医療画像診断AI:共同研究の推進をお任せします!

エルピクセル株式会社

エルピクセル株式会社のメンバー もっと見る

  • エルピクセル株式会社 EIRL事業本部 ゼネラルマネージャー
    株式会社リコーにて、MFPや高速印刷機の制御ソフトウェアの設計開発に従事。その後、技術経営センターにて全社技術戦略策定およびヘルスケア事業立ち上げに従事。
    エルピクセル株式会社入社後は、医療事業立ち上げの責任者として医療画像解析AI「EIRL(エイル)」の研究開発、法規制対応、事業開発を推進。
    2020年9月より現職。

  • 福田 明広
    プロダクトマネージャー

なにをやっているのか

  • 入口には、全社員の写真が並んでいます。スペースがいっぱいになる日も近い?
  • 「研究室っぽい」自由な雰囲気です。

私たちLPIXELは、東京大学大学院の研究室メンバー3名が創業し、医療・製薬・農業分野で人工知能(AI)を活用した画像解析AIソフトウェアを開発するベンチャー企業です。

医学・薬学・農学などにおける画像データを正しく活用し、
エンジニアリングで生命の未来を創造します。
研究で培った技術を世界に広げ、オープンイノベーションのハブとなり、
パートナーの皆様と連携し、革新的なプロダクトを供給します。
それは、社会貢献となり、仲間や人々の幸せにつながると信じ、私たちは、研究を続けます。

なぜやるのか

  • 当社ミッション
  • 代表取締役の島原。「研究から、ワクワクを」そんな気持ちで当社を創業しました。

研究室時代から取り組んできたバイオイメージングを武器に、より深刻になるライフサイエンスの課題に取り組んでいます。
独自のアルゴリズム、最先端の機械学習技術を活用し、多くの実績を積み重ねてきました。
ライフサイエンスと画像処理技術の両方に強みを持つ我々にしかできない挑戦を続け、
革新的な解決方法を通じて、世界をより良くしていきます。

どうやっているのか

  • 主に創薬領域の研究開発を対象とした画像解析"IMACEL"
  • 医療画像診断支援ソフトウェア"EIRL"

ライフサイエンス領域では、画像データのオーバーフローが起きています。
この状況を、画像解析技術で解決する。
ライフサイエンスと画像解析、双方に強みを持った私たちだからこそできるソリューションを提供しています。
                   ・ ・ ・ ・
▼AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」:
高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、MRI、CT、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。
https://eirl.ai/ja/

▼創薬を支援する画像解析AI「IMACEL(イマセル)」:
2000年の東京大学研究室発足以来培ってきた画像解析技術と人工知能技術を活用し、創薬研究における課題解決を目指します。
https://imacel.net/
                   ・ ・ ・ ・
<大切に思っていること>
社員間のコミュニケーションを大切にしています。
リモートワークはもちろん可能ですが、
フルリモートをご希望の方は、正社員としてのご参加をご遠慮していただいております。
ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

こんなことやります

【当社について】
当社は、医療・製薬・農業といったライフサイエンス分野で人工知能(AI)を活用した画像解析ソフトウェアを開発するベンチャー企業です。
東京大学大学院の研究室メンバー3名で創業し、今年度8期目を迎えています。
自社プロダクトである医療画像診断支援AI、
創薬を支援する画像解析AIを要に事業を展開しております。

【募集背景】
自社プロダクトである医療画像診断支援AI「EIRL」を世の中に普及させ、事業を加速させるために医療機関との共同研究を強化したいと考えています。

当社では、学会発表等を行う学術的な研究だけではなく、製品のフィードバックを得るための共同研究やデータ収集のための共同研究も行っています。

まだ市場として未成熟な医療AIを世の中に普及させるためには、医療現場の声を反映した製品の企画・開発や、製品価値を届けるためのエビデンス作りが不可欠です。
当ポジションの方には、医療機関や学会と社内の複数チームとのコミュニケーションのハブとなっていただくことを期待しております。

【使用ツール】
Slack
Google Workspace
Confluence
Repsona
※上記ツールの使用経験有無は問いません。

★当ポジションの魅力★
・当社唯一の共同研究推進専任者として、裁量を大きく持って働くことができます。共同研究を実行するだけでなく、企画段階から携わることが可能です。
・約50名という規模の会社なので、事業全体を見渡すことができ、共同研究担当者が伝えた医療現場の声が製品開発にダイレクトに結びつきます。
・医療AI開発の先駆者として世の中にない製品を開発し、医療現場と一緒に改良していくことで、安心な医療の実現に貢献することができます。

【業務内容】
製品戦略立案・企画・開発管理を行うプロダクトマネジメントグループの一員として、共同研究に関わる業務全般をご担当いただきます。

・医師との共同研究に関する業務全般
 - 共同研究施設、医療機関、医師との折衝
 - 新たな臨床開発/臨床研究開始に伴う実施施設立ち上げおよびKOLとの関係構築
 - 研究計画の立案・実行
・学術論文や医学系学会の調査

※ご希望、経験、スキルを鑑み、上記職務の全部または一部をお任せします。

【必須スキル】
・医療機関あるいは医療系企業で、医師との共同研究に携わった業務経験
・英語文献の読解力
・知らないことを積極的に学ぶ意欲
・困難なことがあっても粘り強くものごとに取り組む姿勢
・医療現場で得た知見や自分の意見を、自発的に社内に伝えられる発信力
・全国に出張が可能なこと

【歓迎スキル】
・研究計画書や倫理審査資料の作成経験
・特定臨床研究や治験の立案・実行経験
・プロトコルの設計、計画経験
・ビジネスレベルの英語力
・画像診断に関する経験や知識

会社の注目のストーリー

【人事ブログ②】2022年度入社式の様子をちょっぴりお届けします
【人事ブログ①】エルピクセルの選考フローを話そう
【メンバーインタビュー】医療×AIプロダクト開発の内情をエンジニアがお話しします!
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
エルピクセル株式会社の会社情報
エルピクセル株式会社
  • 2014/03 に設立
  • 53人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区大手町 1-6-1 大手町ビル 6F
  • エルピクセル株式会社の会社情報
    医療画像診断AI:共同研究の推進をお任せします!
    エルピクセル株式会社