1
/
5
SRE・SaaS・フルリモート
中途
on 2022/01/19 61 views

LabTechサービスの成長を支えるSREエンジニアを募集!

株式会社POL

株式会社POLのメンバー もっと見る

  • ディレクター・エンジニア・デザイナーとして大手企業キャンペーン、プロモーションのデザイン、開発など、デジタル面でのプロジェクトにさまざまな面で関わっています。
    近年では、スタートアップの初期開発、デザインをお手伝いすることも増えてきました。
    各プロジェクトでは企画、UI/UX設計、ディレクション(アート、テクニカル両面)、プログラミング面を主に担当しています。
    主に実現可能性が低いプロジェクトのテクニカルディレクション+実装はよく担当しました。社内で分業していましたが、横断的に関わることが多かったです。

    フロントエンドの開発においては、Webアプリ、ネイティブアプリ、Windowsアプ...

  • 研究領域を革新するLabTechスタートアップの株式会社POL
    エンジニア兼エンジニア広報

    ◯エンジニア
    理系院生に特化したスカウト型就活サービス「LabBase」の開発・運用
    新機能開発チームのバックエンド・フロントエンドエンジニアとして、日々新しい価値を開発

    ◯エンジニア広報
    POLのエンジニア組織の魅力を発信中

    〜techブログはこちら〜
    https://note.com/pollabbase/m/ma74382b91025


    ▼経歴
    2011年4月 神奈川県立大和高等学校 入学
    2014年4月 早稲田大学基幹理工学部学系Ⅱ 入学
    2017年3月 株式会社divインターン
    ...

  • ▼現在やっていること
    株式会社POL
    優秀理系学生の採用プラットフォーム「LabBase」のSREチームリーダー

    2011年京都大学工学部物理工学科 卒業
    2013年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 卒業
    2014.4-2018.10 株式会社グローバル・ソリューションズ
     システムの受託開発、自社サービスの開発、運用。
    2018.11-現在  株式会社POL
     WEBエンジニア
     フロントエンド・バックエンド・インフラ・アーキテクチャ設計・SRE等。
     プロダクトチームのアジリティを上げるために、変更コスト、メンテナンスコストの低い設計や開発を日々心がけています。

    アカデミッ...

  • 中小ソフトハウスSE→POLのエンジニア(2019/6~)
    フロント、バック、インフラ色々いじっています。個人的にスマホアプリに興味あり。
    java/Play2/Spring/React/AWS/Amplify
    リングフィットで痩せたい

なにをやっているのか

  • 現役東大生の社長が当社を牽引しています。代表加茂の実体験が創業のきっかけになっています。
  • 理系学生のスカウト型サービス『LabBase(ラボベース)』を運営しています。ローンチ4年で登録学生数36,000人突破しました。旧帝大理系院生の3人に1人が利用する就活サービスとなっています!

◆研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTechスタートアップ”のPOL

「研究室×IT=LabTech」の領域で事業を展開するPOL。
世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。エムスリーが医療領域で事業群を構築したように、POLは研究領域で事業群を構築していくことを目指しています。

(1)LabBase(ラボベース)
https://labbase.jp/
学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、
企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービス
※TV CM放映実績あり
https://www.youtube.com/watch?v=y43W0Lm5kQo

2021年6月時点で、登録学生数約4万人、利用企業数400社を突破し
2017年2月のサービス開始から4年足らずで「日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービス」になっています。

(2)LabBase Now (ラボベース ナウ)
https://now.compass.labbase.jp/
オンラインイベントプラットフォーム
理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、すでに参加学生2,000名・現在利用企業は200社を超え、イベント経由の内定者も続出しており、『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長中です。

(3)LabBase plus (ラボベース プラス)
https://plus.labbase.jp/
技術者/研究者向けのダイレクトスカウトサービス
第二新卒・中途向けのキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。
すでにCxOクラスの内定者やエンジニアの入社者を創出する実績も出しています。

今後は新卒領域に加えて、提供価値の幅を広げて、理系人材のキャリアプラットフォームとしてサービスを展開していく予定です。

2019年にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施し、代表加茂がForbes「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes 30 Under 30 Asia)」へ選出されるなど急成長を遂げる一年になりました。より科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。

【メディア/TV紹介記事】
▼Wantedly: これからはエモい会社が勝つ
https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_kw11/

▼FASTGROW: コロナ渦でも新規事業で攻めの構え
https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai

▼Forbes:「LabTech」で日本を変える東大発のスタートアップが10億調達した狙い
https://forbesjapan.com/articles/detail/29733

▼日本経済新聞:POL、理系学生の就活をデータベースで強力支援
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53512450Y9A211C1XY0000/

▼会社noteはこちら
社員の入社エントリーや日々の学びなどを共有しています
https://note.com/pollabbase

なぜやるのか

  • Techカンパニーとしてプロダクトの価値向上にも磨きをかけており、数多くのプロダクトメンバーが活躍しています。
  • 企業人事向けの勉強会も定期開催しています!

■POLの究極的な存在意義は、未来を加速(Accelerate the Future.)すること。

課題解決とイノベーションにより、良い未来の到来を早める。

私たちにしか創れない良い未来を創る。
私たちがPOLに集まっているのは、このためです。

良い未来の実現をいかに早めるか。

私たちにしか創れない良い未来をいかに創るか。

では、未来を加速するために何をすべきか。

電気、インターネット、太陽光発電…

これまで社会を大きく前進させてきたモノのうち、
ほとんどが「研究」から始まっています。


一方で研究市場は多くの課題を抱えています。

ヒト、モノ、カネ、情報、それぞれに複雑に絡み合った課題。

それを解決し続ける存在として、POLが在ります。

私たちは、この研究を加速させること、
そしてそのために、研究者の可能性を最大化することこそが、未来を加速させる肝になると思っています。

未来を加速するのは、研究だ。

研究を加速するのは、POLだ。

どうやっているのか

  • 社員は70名を超え、まさに第二創業期を迎えております!
  • 原則フルリモートにつき、新たな働き方にトライしています!関東圏以外在住の社員も増えております!

■フルリモート■

原則フルリモートにつき、新たな働き方にトライしています。

関東圏以外在住の社員も増えております。

直近の入社メンバーの勤務地:愛媛、福岡、石川、香川、大阪、名古屋 etc...

■3つのValue■

①BHAG Driven(BHAG:達成困難な大胆な目標を打ち立て、高みを目指してやり抜こう。)

-ワクワクする高い目標を立て、それを達成する方法を脳がちぎれるほど考えよう。どうせ登るならエベレスト。

-POLはエベレストにハヤく登ろうとしている。失敗を恐れず、行動ファーストでスピードを持って進めよう。

-目標達成にこだわり、困難な状況でもがむしゃらにやり続けよう。

②Iceberg Mind
-自分の成長と向き合い、想いやふるまいも育てていこう。

-素直さ、謙虚さを持ち、他責にせず、ブレーキを踏まずに成長しよう。

-強く正しい自分軸を持ち、アクセルを踏んで成長しよう。

③Growing Together

-エベレストは一人では登れない。ステークホルダーと一緒に成長していこう。

-POLは未来を加速させるためにある。カスタマーの幸せを追求し、カスタマーや社会と一緒に成長しよう。

-全員経営者。当事者意識と全体視点を持って取り組み、POLと一緒に成長しよう。

-メンバーは山登りパートナーであり、家族。

-愛とリスペクトを持って助け合い、BUMPしながら、OneTeamで仲間と一緒に成長しよう。

■組織について■

正社員85名(2021年11月時点)、インターン生を含めると合計で約120名以上のメンバーが所属しています。

平均年齢は30歳前後で、若いメンバーとベテランメンバーが融合しながら組織開発を進めています。

※理系・研究者の領域で事業を行っている当社ですが、理系出身である必要はありません。
 既存社員の割合も文系・理系で半々となっております。

こんなことやります

現在POLでは、研究領域のプラットフォームと進化するべく、機能改善や新事業を立ち上げに取り組んでいます。
組織としてもエンジニアを増やしながら新機能開発や改善などに日々取り組んでいますが、よりセキュリティをしっかりと考慮した体制をとり、サービスの価値向上を目指していきたいと考えています。

そこでLabTechサービスの成長を支えるSREエンジニアを募集しています!

■LabTechとは
POLがビジネスを展開する領域を、「Lab(研究)」と「Technology(技術)」を掛け合わせ、「LabTech」と呼んでいます。
この領域は今まだ手付かずでアカデミアとビジネスが分断されています。それをつなげるのが我々の役目です。

■業務内容
POLが提供するサービスに横断的に関わっていただきます。
システムのスケーラビリティ、信頼性、効率性の向上、DevOpsの推進に関わっていただきます。

■具体的な業務内容
- プラットフォーム全体のインフラ設計、開発業務
- システム全体のスケーリング設計
- マイクロサービスの設計・開発・運用
- DBマネジメント
- CI/CDの継続的な開発、運用
- サービスパフォーマンスの改善

これまでSREとしてのご経験がなくても、今後SREにチャレンジしたい方もぜひご応募ください。
一緒にSRE組織を作りましょう。

■利用技術
- AWS
- k8s, istio, envoy
- circleci
- datadog
- sentry

■POLのプロダクト組織に関するコンテンツ
・テックノート
https://note.com/pollabbase/m/ma74382b91025

・Qiita プロダクト部アドベントカレンダー2021
https://qiita.com/advent-calendar/2021/pol

【必須スキル】
- Linux, Network, Security等に対する基本的な知識
- AWS を利用したサービスの設計及び運用の経験 
- なんらかの言語でのアプリケーション開発した経験あ
- チームメンバーとコミュニケーションを積極的に取れる方

【歓迎スキル】
- SaaSサービスの運用経験
- クラウド及びコンテナを利用した本番環境の運用経験
- 技術・ツール採択における意思決定・判断の経験
- チームリーダーとしての経験

【求める人物像】
・POLのミッション・ビジョンに共感し、プロダクトを通じて社会貢献がしたい方
・チームの成功のために、自ら率先して行動できる方
・自ら課題を見つけ、課題解決のために行動できる方
・新しい技術に興味を持ち、勉強会や自己学習を通して学習する習慣がある方

会社の注目のストーリー

【POL入社ストーリー】マーケティング責任者 橋本が語る「Why POL?」と「未来の仲間へのメッセージ」
LabTech(Laboratory✖️Technology)事業を加速させる『研究室サーチ』開発秘話!
試行錯誤の連続!お客様の伴走者として、変化し続けることが求められるLabBaseのCSの役割とは?
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社POLの会社情報
株式会社POL
  • 2016/09 に設立
  • 84人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    社長が20代 /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル9階
  • 株式会社POLの会社情報
    LabTechサービスの成長を支えるSREエンジニアを募集!
    株式会社POL