1
/
5
バックエンドエンジニア
学生インターン
2
エントリー
on 2022/01/17 159 views

Pythonスクリプトの記述経験をベンチャーで活かしませんか?学生活躍中!

株式会社レボーン

株式会社レボーンのメンバー もっと見る

  • 株式会社レボーンCEO、エンジニア
    香りAIにまつわる研究開発をしています。

    長崎大学大学院, 総合工学研究科 博士課程在籍中

    中学生のころ、ロボカップジュニアの全国大会で1位、リスボンで行われた世界大会で2位になったことがあります。
    大学のころは、東日本大震災が発生した際に、長崎の大学生で構成する長崎Sip-Sという組織を立ち上げ、何度か長崎の大学生を東北に派遣する事業をしました。

    以上です。よろしくお願いします。

  • 中村 享介

  • 平井健一
    商品開発部

なにをやっているのか

「においのなんとなくをなくしたい」というミッションを掲げ、「におい×AI」で新たな産業を起こすことを目指しています。

■事業内容■
・「におい」のAI・IoTソリューション:
独自に開発したにおいセンサとにおいに特化したAIに、ヒトの官能評価も取り込み、様々な業界で活用されるソリューション開発に取り組んでいます。
・におい×AI×IoT製品の開発:
においセンサ・においに特化した AIを自社開発しています。
このほか、解析環境の立ち上げや、ブランディングにつながるサービスなど、新たな文化基盤の創造を目指しています。

なぜやるのか

■MISSION STATEMENT■
においの「なんとなく」をなくしたい

わたしたちが普段の生活の中で感じている「におい」。
実は、人が“におい”を感じる嗅覚のメカニズムには、いまだに不明な部分も多く、においビジネスのマーケット拡大にはそれらを考慮しながら技術面でも新たなアプローチが必要となります。
レボーンは、普段の生活で「なんとなく」感じているにおいを再定義していくことで、人類の新たな可能性を見出していきたいと考えています。

■起業にいたる経緯■
弊社代表の松岡はロボット少年で、ロボット競技大会の「第8回RoboCup世界大会」に参加し、弱冠12歳で準優勝を飾りました。
ある日、松岡はロボットに違和感を覚えます。
「ロボットには目(カメラ)と耳(マイク)と口(スピーカー)があるのに、鼻はなぜないのだろう」
子どもの頃に感じた純粋な違和感が、レボーンのスタートラインとなりました。
カメラが誕生する以前、視覚情報を伝達手段とすることは夢物語でした。しかし、今やカメラは当たり前の技術となり、我々の日常に浸透しています。
弊社ではそのような革命を「におい」で起こしたいと考えています。

■レボーンの挑戦■
私たちは、認知の低いにおいの価値を世の中で高めようとしています。
視覚や聴覚に比べ、嗅覚の研究は遅れており、未解明な部分が多い分野と言えます。そのため、においに関連するサービスも少ないのが現状です。
私たちはにおいをよりよく理解し、サービスとして確立できないかと考えました。
AIは人間の仕事を奪うのではという懸念を抱かれたりもしますが、新たな技術が生まれれば産業が生み出されるはずです。これまでにも、視覚に関わるカメラ・聴覚に関わるマイクができたことで、ビデオや映画など映像に関連する産業が生まれました。
レボーンは最新の技術を用いて、環境を含め様々な要因が絡み合う中で「人が感じる」においを、データを通じて可視化し理解したいと考えています。
それにより、新たな産業・仕事を生み出す可能性のあるAI・サービスを開発していきます。

どうやっているのか

■レボーンの強み■
「におい×AI」のマーケットが存在しない中で、レボーンはそのマーケットを作ろうとしています。
サービスのお問い合わせは既に様々な業界から来ており、単一の業界では経験し得ない多種多様な経験を積むことができます。
お客様の問題を本質的に理解し解決するために、メンバーの専門領域は、化学、物理学、工学、情報工学、生物学、農学、法学等々多岐にわたっており、調香師・臭気判定士といった「においのプロ」も在籍しています。
このようにデジタル・アナログの両面から「におい」に総合的に真摯に向き合っていることが、レボーンの強みといえます。

■活躍中のメンバー■
レボーンは、日本だけでなく海外在住のメンバーを含む約30名(業務委託・アルバイトを含む)で構成されています。
100%の正解がまだない世界で動く以上、自分で考え、動くことが大切になります。そんな世界に取り組む面白さを感じられる方はきっとフィットすると思います。

■新しいオフィスと働き方■
恵比寿駅から徒歩圏内にオフィスがあります。
忙しいタイミングもありますが、残業をよしとはしない環境です。
自由に楽しく伸び伸びと開発に取り組んでほしいと思っているため、最低限のルールはしっかり守りながら、和気あいあいと活発にアイデアを出し合い試行錯誤しながら進んでいます。

こんなことやります

【概要】
自社サービス(iinioi cloud)の開発を行っていただきます。

【弊社のソフトウエア開発について】
例えばセンサーメーカーはにおいをデータ化するところまで行っていますが、データが何を意味しているかはソフトウエアによる解析が必要になります。
人は鼻と脳でにおいを認知するのと同様に、センサー(鼻)とソフトウエア(脳)どちらか一方だけでは知覚の再現はできません。
よって、センサーとデータを解析するソフトウエア・AIが必要不可欠であり、
弊社では業界や企業の悩みごとや新しい提案/サービスをソフトウェアで実現します。
(具体例)
 ・食品工場における出荷可否をAIで判定
 ・食品の鮮度の判定や痛みの有無、食べごろの予測、産地の判定
 ・果物などの収穫時期の判定
 ・メーカーの原材料と製品の品質コントロール(研究開発から生産まで)
 ・製造プロセス管理
 ・大気汚染や室内空気の汚れの検知
 ・検知したにおいのデータを遠隔地に転送して、再現
 ・本人の呼気から個人を識別
 ・環境モニタリング
 ・ヘルスケア など

【解決したい課題】
プロジェクト数に対して人員が不足しており、開発遅延が起きているため、
増員をして急増するプロジェクトを円滑に進めていただきたいです。
ゆくゆくはサービスの安定性向上を目指します。

【仕事内容】
主に大学・大学院在籍中の方が中心となり、
プログラミングを通じてAIやIoTにかかわるサービスやプロダクトの研究開発を行う業務です。

必要な経験/スキル:Pythonスクリプトの記述経験
望ましい経験/スキル:機械学習・深層学習の経験

【仕事の魅力】
■社内で全員Gitが使える
■Iotに関わることができる
■大規模プロジェクトにじっくり取り組むことができる
■UI/UXを自分でデザインできる
■多様な業界と関わることができる
■実装したものが世間で動いている実感を持てる
■においに関する基本知識の習得
■新しい技術に関わることができる
■新しいサービスのローンチに携わることができる
■平均残業時間は10時間程度と少なめ

【開発環境】
バックエンドとしてはPostgreSQLのデータベースを利用し、Djangoのフレームワークで開発しています。
TypeScript,React,Vueを用いてフロントエンドの開発を行っています。
OSとしては主にLinuxを利用していますが、好きなOSを使って開発ができます。
バージョン管理はGitを利用しており、
開発しているシステムをDockerのコンテナにまとめて、GCPのサーバーで公開しています。
サービスの拡張機能として、Kubernetesを利用しています。
PCはMacですが、スペックは自由選択可能です。

新しい技術を習得したい方には、最適な環境です!

【WEB開発チーム構成】
自社メンバー3名、外部委託3名(カンボジア)です。
平均年齢25歳前後で、外国籍の方も多く国際色豊かです。
また、部署を越えて社員同士のコミュニケーションが活発な組織です。
効率的に働くことをモットーとしているため、残業や土日出勤を勧めない雰囲気が出来上がっています。

会社の注目のストーリー

【スピンオフ】 CEOスペシャルインタビュー、被災地支援編。未曽有の事態、自分にはなにができるのか。
レボーン、メルマガ配信開始!においの知識、どんどん発信します!!
vol.2 CEOスペシャルインタビュー、青年期編。においの解明。世界に、人類に、大きなインパクトとギフトを残す挑戦。におい×AIで、目指すは“においの民主化”。
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
株式会社レボーンの会社情報
株式会社レボーン
  • 2018/12 に設立
  • 30人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区恵比寿2-6-10
  • 株式会社レボーンの会社情報
    Pythonスクリプトの記述経験をベンチャーで活かしませんか?学生活躍中!
    株式会社レボーン