1
/
5
MD(マーチャンダイザー)
中途
4
エントリー
on 2021/12/28 471 views

0→1の仕組みを生み出しフードロスを解決!社会貢献型ECサイトでMD募集

株式会社クラダシ

株式会社クラダシのメンバー もっと見る

  • 早稲田大学政治経済学部卒業
    2009年より総合商社勤務(中国駐在5年)
    中国における自動車ディーラー事業投資及び管理に従事。
    16年8月よりLoco Partners参画
    Global事業部にて、海外事業提携責任者を経て、事業開発、人事部などの執行役員。
    19年6月よりクラダシに取締役就任

  • 2007年、慶應義塾大学大学院理工学研究科卒。新卒で株式会社ザイマックスに入社。入社と同時に総務人事部に配属、新卒採用・中途採用ほか。その後事業部門に異動し、商業施設マネジメント業務の営業、新規事業開発などを歴任。
    2016年7月よりLoco Partners(Relux)にて
    営業、人事、PR、営業企画、旅行コンシェルジュなどの責任者。主に人事部長。
    2020年7月より株式会社クラダシにて人事部長兼事業開発部長。
    趣味は国内外の旅行、音楽遊び、カレー。二児の父。

  • 2009年豊田通商にて自動車事業に従事したのち、2011年より電通を経て2019年10月よりクラダシに参画。フードロス削減のため仕入れ部門の担当を担う。

  • 1971年大阪生まれ。1995年総合商社入社。
    戦略的コンサルティング会社取締役副社長を経て、2014年フードロス問題を解決するため、株式会社クラダシ(旧:グラウクス株式会社)を設立して代表取締役社長に就任。
    SDGs採択の7カ月前に社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム「KURADASHI」サービスを開始。その売上の一部を社会貢献活動団体に寄付している。
    2018年環境省主催 『第6回グッドライフアワー』にて「環境大臣賞」を受賞
    2020年農林水産省協賛『第7回 食品産業もったいない大賞』にて「審査委員会委員長賞」を受賞

なにをやっているのか

  • 社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営しています
  • フードロスがCO2排出量の8%を占めると言われ、フードロス削減はCO2問題にも直接的に影響があります。またKURADASHIの売上の1%~5%は環境保護や動物保護などに取り組むNPO団体に寄付しています。

社会課題の解決を推進するために
「ソーシャルグッドカンパニーでありつづけること」を会社のMissionとして掲げ
「日本で最もフードロスを削減する会社」を目指しています。

運営している社会貢献型ECサイト「KURADASHI」では、
全く新しい<1.5次流通>*という仕組みを生み出し、
廃棄されていた賞味期限内の食品等を「KURADASHI」にて販売することで、
フードロスの課題解決を行っております。

サービス特長の一つとして、
購入金額の一部を環境保護団体や社会福祉団体などに寄付できる体験を取り入れております。
創業7年間の寄付累計額は、約7,400万円にのぼります。

そしてこれからも、
ソーシャルグッドカンパニーとして、
フードロス削減事業を通じて、
幅広く社会課題の解決に貢献する仕組みを構築していきます。

※1次流通:商品が新品の状態で消費者の手に渡ること。
 1.5次流通:廃棄の可能性があった商品を価値あるものに生まれ変わらせ市場に提供すること。
 2次流通:一度市場に出た商品が再び販売されること。

なぜやるのか

  • 約570万トンの食糧が捨てられている
  • 日本には物流に乗る前に廃棄されている【食べられる】食品が約120万トンあります。※2兆円規模相当

世界有数のフードロス大国である日本。
食料自給率が低く、食料の約6割を輸入に頼っているにも関わらず、
・「3分の1ルール」*
・パッケージの汚れ
・キズモノ
などの商慣習に基づく厳しい流通管理のために、その多くを無駄にしているのです。
その量は、約570万トン。

世界人口が増加を続ける中、世界食糧支援量420万トンの1.4倍の量の、食べられる食糧を日本は廃棄しています。
これは国民全員が、お茶碗1杯分のご飯を毎日捨てているのと同じ計算になります。
フードロス削減は、日本国民全員が取り組むべき課題としてSDGsにも組み込まれています。

私たちクラダシは、社会貢献型ECサイト「KURADASHI」を通じて、
日本のフードロス半減を実現していきます。

*3分の1ルール:食品の製造日から賞味期限までの期間を3等分して、納品期限・販売期限を設けるというもの

どうやっているのか

  • 2014年に創業した代表の関藤。2020年だけでも、第3回「日本サービス大賞」農林水産大臣賞、令和2年度「気候変動アクション環境大臣表彰」、第21回「グリーン購入大賞」農林水産大臣賞、第55回 「社会貢献者表彰」、「食品ロス削減推進大賞」消費者庁長官賞など省庁の枠を超えて広くご評価いただいています。
  • 2020年11月より目黒駅前の新オフィスに移転。

クラダシはSDGsが国連で採択される約1年前、2014年に創業しました。

創業当初から大事にしている考え方として、日本ではあまり例がない、
<ビジネスによる社会課題解決>を軸においた、世の中の仕組みのアップデートを目指しています。

そして、これらを推し進めたクラダシイズムとして、
社会貢献は決して堅苦しいものではなく、誰一人取り残さず気楽に楽しむべきだ
という考え方が根本にあります。

働く人の想いや状況をお互いに理解し、支えあいながら、楽しく元気に全速力で突き進むこと。
こうした想いをバリューに込めています。
==============
Value
●前例を創ろう
(クラダシは今までにないビジネスを創り、世の中に新しい価値を与える会社。自ら考え、挑戦し続ける私たちでいよう。)
●アクセル全開!
(圧倒的なスピードで、熱狂して働こう。)
●明るく楽しく元気よく
(クラダシが目指すのは、楽しくて身近な社会貢献。常に物ごとを前向きにとらえ、周りに伝播させよう。)
==============
これからも、社会に価値を提供したいビジネスパーソンが集まり、
楽しみながら切磋琢磨する組織であり続けたいと考えています。

そして、世の中に本当に必要な仕組みをアップデートし続け、
ソーシャルグットカンパニーであり続けます。

【受賞歴】
▶2017~2019年
・「ソーシャルプロダクツ・アワード2017」優秀賞
・東京都環境局「チームもったいない」の「Saving Food」部門代表に抜擢
・環境省主催 「第6回グッドライフアワード」環境大臣賞
・品川区「社会貢献製品支援事業」選定・認定

▶2020年
・第7回「食品産業もったいない大賞」審査委員会委員長賞
・「環境白書」「消費者白書」に掲載
・第3回「日本サービス大賞」農林水産大臣賞
・令和2年度「気候変動アクション環境大臣表彰」
・第21回「グリーン購入大賞」農林水産大臣賞
・第55回 「社会貢献者表彰」
・「食品ロス削減推進大賞」消費者庁長官賞

▶2021年
・「Japan Venture Awards 2021」JVA審査委員会特別賞
・「High-Growth Companies Asia-Pacific 2021」ランクイン
・「第4回エコプロアワード」 優秀賞
・東洋経済「すごいベンチャー100」選出

こんなことやります

【MD(マーチャンダイザー)のミッション】
フードロス削減を促進するために「KURADASHI」で取り扱う商品ラインナップを魅力的かつ充実させ、商品の選定から仕入れ、価格設定、販売までの流れを一貫して推進すること

在庫に課題を抱えられた全国の取引先さま(食品メーカー等)の状況を正しく理解し、
どうやったら「KURADASHI」で解決できるかを考え、解決(買い取り・販売)まで導きます。

※商品のその先のエンドユーザーにも喜んでいただくため、物流の仕組みづくりとその課題解決など、その業務範囲は多岐にわたります。
事業としての根幹であり、まさに世のフードロス削減を牽引する重要な役割です。

【具体的な仕事内容】
1.食品ロスの仕入れ
(商品ラインナップの企画・取引先さまへ提案・価格の調整交渉)
2.新規取引企業の開拓
(フードロス削減の協賛企業を増やすための提案、交渉)
3.既存取引先企業とのリレーション強化
(フードロス向き合っている企業さまと継続したパートナーとしてリレーションを築く)

【必須条件】
マインド
 ●ただ働くのではなく、世の中をよりよくしていくために時間を使いたい想いを持っている方
 ●Win-WinWinの関係を築きながら社会課題に対して真剣に向き合える方
スキル
 ●必要最低限のPCスキル(Excel/Word/PowerPoint、スプレッドシート等)

【こんな方が来てくれるとうれしい!】
●法人営業のスキルを活かし、フードロス削減に貢献したい方
●社会貢献型事業の主軸となるビジネスの経験を積みたい方
●またその経験を活かして自分で将来0→1を生み出したい方
●マネジメントの経験を活かしてスタートアップから事業推進したい、またはチャレンジしたい方
●行動設計と、PDCAを回し達成までやり切るコミットメント力をお持ちの方
※メンバーもいずれかに該当する方が活躍頂いています。

〇社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」
https://www.kuradashi.jp/

会社の注目のストーリー

『感動』と『社会問題』へ影響を与えられる環境がここにはある。スタートアップ4社の経験を経て、僕が今思うこと
インターンからスタートアップ3社を経験、20代で部長就任。常に自分に問いかけてきたのは「コトに向かうこと」
メガベンチャーで海外事業に熱中した僕が、「自分らしく在り続けるために」クラダシで30代の新しい挑戦へ
エントリー状況は公開されません
6人が応援しています
会社情報
株式会社クラダシの会社情報
株式会社クラダシ
  • 2014/07 に設立
  • 35人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都品川区上大崎3-2-1 目黒センタービル5F
  • 株式会社クラダシの会社情報
    0→1の仕組みを生み出しフードロスを解決!社会貢献型ECサイトでMD募集
    株式会社クラダシ