1
/
5
プロダクト広報,採用広報
中途
3
エントリー
on 2022/01/02 218 views

ともに本気の地方創生アプリでIPOを目指す広報経験者募集!!

CiPPo株式会社

CiPPo株式会社のメンバー もっと見る

  • 先人に作って頂いた「当たり前」を使い続けるのでは無く「未来の当たり前」を自分達が「今」作る!!
    どうせ時間を使うなら世の中に何かインパクトを残す!


    好きな言葉
    「なぜ成功したのか?成功するまでやったからです!」

    経歴 25歳で開業。ジャンルの違う4社を経営。沢山の新しい事業を作りM&Aしました。

    趣味 海外旅行(特にヨーロッパ)、キャンプ、サッカー

  • 木戸地 陽平
    取締役

  • 医療事務のお仕事をしておりました。
    全国にアプリを広げるサポートをしていきたいと思います。

  • AIや高度なシステム開発にも対応。iOS,androidもネイティブ言語で開発。

なにをやっているのか

市や区や駅などエリアごとに特化した情報を発信する地域メディア&SNSアプリです。弊社所在地の兵庫県西宮市以外の地域では、地域をよく知る地元企業とフランチャイズ契約を結んで市区町村ごとに展開しています。現在45地域が決定してアプリリリースに向けて準備中で上場企業もフランチャイズで参加しています。
その地域の方に運営して頂く事で、お店から東京に流れる広告費、地域から都心部に流れる消費や労働力をその市で循環させる目的のアプリ。

特徴として2つのアプリ内の検索エンジンがあり1つは、文章と写真で検索できその内容がそのまま地域の当てはまる事業所にプッシュ通知で提案がいき、そのまま事業所はダイレクトチャットで立候補できマッチングするという、自分がお店を探していたが、お店が自分の事を「探してくれる」という新しい検索の形。
例:アプリ内の検索の欄に「インスタで見つけたこの髪型(画像添付して)にしたいのですが、明後日19時に空いていて、駐車場あって、5000円以内の所ありませんか??」
と呟くと、AIが0.4秒でどのジャンルかを選定し、この場合だと美容室とは言っていないがその地域内の美容室にプッシュ通知でスマホやタブレットに知らせ、お店は可能であれば立候補できるという、つぶやきリクエスト(特許出願中・商標登録)

2つ目は一覧から探したいという場合も、今営業中で、今居る場所から近い順に並べています。ランチの時間や、午後の病院などで便利になります。
例:14時10分にランチと押すと、14時までのランチタイムの所は出てこなく、営業中で近い順、混雑状況まで分かります。
ポスト、公園、求人情報、トイレ、避難所、AEDまで近い順に並びます。

災害時や防犯情報も、川沿いにいる方だけや駅前に居る方のみに別々の情報をプッシュ通知で知る事ができます。
子供や高齢者がSOSできたり、位置情報を把握するシステムも付いています。

学校や自治会の回覧板も電子化し、行政に渡すものは全て無料で提供し地域の方に使って頂く。

マネタイズとしてはお店の掲載費を頂かない代わりに他社媒体より最安値の情報を出して頂きアプリ内でプレミアムパスポートを完成させ、そのパスポートを地域のお店や会社の従業員に福利厚生として一人月500円で入っで頂く。(福利厚生の人数により、CiPPoのa.b.cプランの内容が付いてくる。お店からすれば福利厚生を入る事で、広告とリピーター向けシステムがセットで付いてくる。)そうする事により、その地域で働いたお金を従来は都市部で使っていたが、最安値の権利を持つ事により使う頻度を増やし、地域内で循環させようと事業所で協力し合えるアプリ

なぜやるのか

「日本中・世界中の市や駅、地域毎に産官⺠の画期的なDXとして地域密着アプリを提供し、安心安全な暮らしと地域経済循 環を実現する」
地方創生という言葉がありますが、今現在実現できていません。
まずは、地方の人材が都市部に流出、地方で稼いだ所得の消費が都市部や他市に流出、地方の事業所が支払う広告費・求人費が東京の会社に流出しています。

この3つを防ぐ事を実現する為に、このアプリを作りました。

更に地域の方に使い続けて頂く為に、行政や学校からの連絡機能も搭載しており、回覧板や防犯情報の周知など多様な用途にご利用いただけます。コロナで手渡しというのも問題になっていますので、プッシュ通知で届きハンコの代わりのボタンも提供しています。

災害時には、市区町村の中でもエリアごとに最適化された情報がスマホのプッシュ通知で届きます。海沿いや川沿いにいる人には「水害発生の危険があるので逃げてください」といったプッシュ通知が送信され、安否確認ボタンで被害状況も確認できます。

警察の情報とも連携しており、不審者が駅周辺に居ると、駅から半径300Mに今居る方だけにプッシュ通知することもできます。

どうやっているのか

マネタイズとしては、地域特化型の会員限定優待サービスを福利厚生として、その地域の事業所や行政に販売していきます。

掲載店舗に掲載費を頂かない代わりに他社媒体より最安値の情報を出していただき、アプリ内で何百店舗にご参加頂きプレミアムパスポートページを完成させ、そのパスポートを地域のお店や会社の従業員に福利厚生として一人月500円で入っていただきます。パスポートの購入人数により、アプリ内のホームページや一覧での画像表示などがセットで付いてきます。お店からすれば、福利厚生に入ることで、広告とリピーター向けシステムがセットで付いてくるということです。

そうすることで、その地域で働いて得た給料を都市部ではなく働いている地域で使う頻度を増やし、地域内で循環させようと事業所で協力し合えます。給料や広告の地産地消による地域経済の活性化を狙うことができます。

プレミアムパスポートはカスタマイズの自由度が高いので、地域ごとの強みを活かしてユーザー満足度をさらに向上させることができます。例えば、1店舗につき1日1杯無料でドリンクの提供が受けられる「ドリンクパス」や美容の「他社媒体より500円オフ」を提供しています。

こんなことやります

弊社では、今後5年以内のIPOを見据えた事業戦略を立てており、一緒にCiPPoというサービスを関西圏を中心に広めていただける広報のプロを募集しています!

アプリのダウンロード数を急速に伸ばすための起爆剤となるような広報戦略を一緒に構築していける方が理想です。また、営業職を中心として、今後メンバーも随時増やしていく予定ですので、採用広報にも同時に取り組めるやりがいのある環境が準備できています!

下記が条件となります。

Must
・広報経験2年以上(業種問わず)

Want
・スタートアップでの広報や経営企画経験
・イベント等での登壇経験(サービスやプロダクトについての紹介等)

会社の注目のストーリー

CiPPoアプリ誕生のきっかけ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
CiPPo株式会社の会社情報
CiPPo株式会社
  • 2020/09 に設立
  • 16人のメンバー
  • 神戸市中央区加納町4-2-1-15F 神戸三宮阪急ビル
  • CiPPo株式会社の会社情報
    ともに本気の地方創生アプリでIPOを目指す広報経験者募集!!
    CiPPo株式会社