1
/
5
テクニカルサポート
中途
2
エントリー
on 2021/12/27 132 views

圧倒的成長!サービス継続率も98%台を誇る企業のテクニカルサポート募集!

oVice株式会社

oVice株式会社のメンバー もっと見る

  • 2012-2015
    大学時代の米ハリウッドとシリコンバレーでの勤務経験から、生きる世界の大きさと生きるスピードの速さを根本的に考え直し、自分の在りたい姿に気づくために10社前後の企業でインターンシップを経験する。大学からの親身な連絡を無視し続け、ついに退学に。

    2016-2018
    その後すぐに、人間観や生態系について本気で考え学ぶ在り方を貫くため、株式会社CRAZYに入社。新規事業数件の起案と立ち上げ時の伴走、及び未熟だった社内福利厚生の曖昧な収支等を健全化させる。

    現在25歳、経営をしたり個人事業を広げたり。「あったらいいな」を今できることから形にしていく事ができれば仕事は選ばない...

  • 就活塾GBAの運営責任者。
    いくつかのLPや複数のメディア作成・運用。
    未経験のまま、Webサービスの開発に携わり、3ヶ月後にCTOに就任。
    フロントエンドの開発から発展し、Wedding関連の会社を立ち上げ、取締役に就任。
    そのあと、半年ほどtoCのベンチャー企業でデータ分析を担当

    2019年は海外に1年間滞在し、放浪&iOSアプリやAI、ブロックチェーンの開発予定。

  • 1991年生まれ、オーストラリアで高校卒業後、韓国に帰国し、貿易仲介事業を起こす。東日本大震災をきっかけに日本の大学に進学し、IT企業の企画インターンを経て、大学在学中、大阪で起業し、越境関連IT事業を行う。複数のベンチャーキャピタルから資金調達を行い、2017年、東証一部上場企業に会社を売却。2019年からはAI・ブロックチェーン・RPAなど、先端のIT技術のコンサルティングを行っており、2020年において新たな技術を創造するためのNIMARU TECHNOLOGYを設立。コロナによってアフリカで足止めされたことをきっかけでOviceの開発を始めました。

  • 関西学院大学 国際学部卒
    中学高校まで、アメリカインディアナ州に住んでいました。

    《現在》
    ・『Cocoda team』という企業様向けプロダクトの事業責任者兼HR担当。
    ・oViceにてHRの責任者として副業中です。

    《過去》
    (株)ビズリーチ在籍、週末は(株)almaで週末ワーカーとして、人事制度設計、採用周りを担当しておりました。

    《未来》
    働くを通じて、『生きてて良かった』という感情を味わえる人を増やす。ことを目的に、頑張ってます。

    《言語》
    英語:話せます
    中国語:買い物ができます。

なにをやっているのか

  • oVice会社見学(ここにしかないコンテンツあり):https://ovice-recruiting-jp.ovice.in/
  • oViceサービス概要説明動画:https://www.youtube.com/watch?v=uZP16JKJWW4

▽写真左側:oVice会社見学(ここにしかない採用コンテンツを確認してみてください!)
https://ovice-recruiting-jp.ovice.in/

▽写真右側:oViceサービス概要説明動画
https://www.youtube.com/watch?v=uZP16JKJWW4

▽oVice会社紹介資料(SpeakerdDeck)
https://speakerdeck.com/ovice/ovice-company-info

👉『oViceとは』

「人々の生活から物理的制約をなくす」というミッションのもと、ウェブ上で自由に動いて自由に話しかけられるメタバース空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。

シリーズAで18億円の大型調達を達成し、下記受賞しています!
🏆 週刊東洋経済「すごいベンチャー100」選出
🏆 Forbes JAPAN「日本版非上場クラウド企業トップ20」
🏆 BOXIL SaaS AWARD2022「SaaS トレンド大賞 コミュニケーショントレンド2022」受賞

🍎oViceを体験してみたい方はこちら(お申し込み不要)🍎
①会社見学その1:採用コンテンツページ(いつでも:https://ovice-recruiting-jp.ovice.in/
②会社見学その2:oVice office(いつでも:https://tour.ovice.in/
③説明会:https://ovice.connpass.com/(1回/週)
④oVice Gaming night:oVice上で社内外問わずゲームやります(第1,3金曜日20:00頃:https://tour.ovice.in/

※oVice Gaming Nightとは
https://ovice.notion.site/oVice-Gaming-Night-fcf8eb3d47ef4502bc5e835f9ac803b2

なぜやるのか

  • なぜoViceが誕生したのか(note):https://note.com/shjung/n/ne8f373852c4d
  • oVice誕生秘話(YouTube):https://www.youtube.com/watch?v=q_UnIhqxG_0

▽右側写真:oVice誕生秘話動画
https://www.youtube.com/watch?v=q_UnIhqxG_0

👉『なぜoViceが誕生したのか』

「サービス誕生秘話 vol.01より抜粋」
oViceのアイディアが生まれたのは、2020年2月。前職で、アフリカのチュニジアに出張していた私(CEOジョン)は、新型コロナウイルスが急激に感染拡大した影響で、日本に帰ることができなくなりました。さらに、現地では外出禁止になってしまったんです。

~~~~

リアルなオフィスなら、座っているだけでさまざまな声が聞こえてきますよね。「このプロジェクトは上手くいきそう」、「あのチームの進捗が遅れているらしい」などの情報が、自然と耳に入ってきます。また、面白そうな会話があれば気軽に参加することもできます。

~~~~

しかし、多くのWeb会議ツールは、会議が終わった瞬間に相手との会話も途切れてしまいます。雑談のような会話は生まれづらい。Web会議ツールに常時ログインして働くことも試しましたが、特定の誰かに話したいだけの場面で全体に会話が聞かれてしまうなど、さまざまな課題を感じていました。

~~~~

そこで、テレワークのツールに「空間の概念」——アバターの距離によって声量が変わる機能など——を付け加えたらどうなるだろうと、社内向けのコミュニケーションツールを開発してみることにしました。

どうやっているのか

  • oViceのSMBカスタマーサクセス戦略:https://youtu.be/9fXNte7gzBE?t=1881
  • oViceのエンタープライズカスタマーサクセス戦略:https://youtu.be/XwSviPniuWE?t=1259

▽左側写真:oViceのSMBカスタマーサクセス戦略動画
https://youtu.be/9fXNte7gzBE?t=1881

▽右側写真:oViceのエンタープライズカスタマーサクセス戦略動画
https://youtu.be/XwSviPniuWE?t=1259

👉『お客様にどのようにoViceを提供しているのか』

oViceはPLGとSLGのハイブリッドモデルをとっており、脱THE MODEL型です。
お客様のトライアル開始時点(普通はセールスが担う時点)からカスタマーサクセスが開始します!
詳細は上記の動画にてご確認ください💁‍♀️

こんなことやります

◆ 業務ミッション
oViceの利用方法(主にテクニカル部分)について困っている顧客の課題をチャット業務・oVice上でのコミュニケーションをを通じて解決をしていきつつ、仕様に対しての質問を可視化していくことで、顧客が自ら問題を解決出来る仕組みを作っていく。

◆ 業務内容
フルリモートで勤務しながら、oViceを利用している方や利用方法を悩まれている方等への相談窓口を担当していただきつつ、お悩み/解決方法を型化していただきます。
・顧客へのリアルタイムでのトラブルシューティング
・メール・チャットでのテクニカルサポート対応
・デバック対応
・質問内容の型化・コンテンツ化
・社内へのテクニカルサポート対応の浸透

◆ 会社・ポジション・フェーズの魅力
◇会社
・『自由』、『自走』、『自律』の3つのカルチャー色が強く、”マネージャー”という存在がいないフルフラット組織なので、3つのキーワードにピンと来た方は、カルチャーフィットしてると思います!
・現在、『中国』、『韓国』への海外展開もしている多様性のある組織です。
・バーチャルオフィスを運営しているサービスなので、もちろんフルリモートで働くことが出来ます。

◇ポジション
・oViceのプロダクトを最大限用いて、顧客の課題提案を実施することができます。
・oViceと外部のプロダクトと連携をしつつ、よりoViceを使ってもらえるような外部連携の企画を実行する
 ex. PCを立ち上げした際に、oViceが自動で立ち上がる。
・様々な年代/職歴の方に対して、oVice+@のソリューションを通じて幅広い課題解決の提案ができます。
・顧客対応のコンテンツ化(工数削減)から/優先順位づけの仕組み作りの根幹を担えます(まだ仕組み化未着手状態です。)

◇フェーズ
・Saas事業のテクニカルサポート組織の立ち上げ経験を積むことが出来ます。(現在1名)
・毎月の新規契約社数が前月比150%以上。という国内スタートアップでは見たことないような数値を叩きだしています。

◆ 必須要件
・顧客へのテクニカルサポート(対面問わず)経験有
 ・顧客の質問に対し、メール文章・対面を通じた端的な回答が出来る方
 ・顧客の課題に対して、自らが責任を持って解決まで導ける方
・エンジニアバックグラウンド有
 ・oViceの仕様について詳しく説明出来る素養のある方

◆ 歓迎要件
・顧客からの質問をQAページの作成等を通じて見える化し更新/運営をしていた経験
・hubspot communityなどのSaas企業でのCSコミュニティの立ち上げ・運用経験
・英語

◆ 求める人物像
・"oVice"を好きな方(サービスの可能性を信じているような方)
・IT領域について詳しく、知的好奇心のある方。
・顧客の課題を自ら拾いに行けるような方
・課題解決の為に社内を巻き込むことを厭わない方。
・スタートアップ環境でも柔軟に変化に対応し、楽しむことが出来る方

◆ 働き方
・完全リモートワーク(フルリモート、完全在宅)勤務を導入
・勤務時間はフレキシブル&シフト制(事前にメンバー同士で相談し、お客さま対応ができるようにシフトを作成しています。)

◆利用するツール・デバイス
・oVice(社内外のコミュニケーション)
・Zendesk(カスタマーサポートの対応)
・HubSpot(リード・セールス管理)
・notion(社内ドキュメンテーション)
・Slack(社内コミュニケーション)
・Gsuite
・Mac
・iPhone

会社の注目のストーリー

「部署を超えた挑戦の機会がある」入社半年で新チーム設立を任された、カスタマーサクセスの成長記
「ワーケーション」が中心の生活ってどんな感じ?働き方についてoViceメンバーに聞いてみた
未経験から人事へ。HRの多様な側面から紐解く魅力とキャリア戦略
エントリー状況は公開されません
30人が応援しています
会社情報
oVice株式会社の会社情報
oVice株式会社
  • 2020/02 に設立
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 石川県七尾市本府中町エ113B
  • oVice株式会社の会社情報
    圧倒的成長!サービス継続率も98%台を誇る企業のテクニカルサポート募集!
    oVice株式会社