1
/
5
フルスタックエンジニア
中途
3
エントリー
on 2021/12/06 50 views

Web・ネイティブアプリエンジニア/CTO候補

リコノミカル

リコノミカルのメンバー もっと見る

  • 2017年10月リコノミカル株式会社の代表取締役社長に就任。AIを活用した画像解析、音声解析等のソリューション開発事業を立上げ拡大する。ARとAIを活用したビジネスソリューション、RPAシステムの企画・開発など、最先端テクノロジーを駆使したソリューション開発にも長ける。

  • 2020年11月からリコノミカルに参画。ITコンサル・不動産アセットマネージャーの経験を活かし、不動産DX事業部門において、不動産領域の管理システム、スマートシェアオフィスシステム、不動産事業者向けRPAサービスなどを提供。

なにをやっているのか

  • 代表の前田

J-REIT・不動産ファンド業界という不動産投資経営の専門家に向けたサービス・システム開発などを多く行っており、RPAやビッグデータ分析、最近では3DCG・XR技術の活用やAI顔認証やIot製品を活用した無人コワーキングスペース運営など、より不動産自体に着目したサービスも提供しています。

なぜやるのか

不動産関連業界は今までの遅れを取り戻すように、最新テクノロジーを活用したDXや事業モデルの再構築が急激に進んでいます。
不動産DX事業部では、不動産関連業界をテクノロジーの力で一歩先に進めることをミッションに掲げ、不動産専門家のプレイヤーたちが真に価値のある仕事を行い、不動産事業に潜む非効率を解消し、最新技術をニーズに合った形で適用することで業界を進化させることが我々のミッションです。

どうやっているのか

オープンなコミュニケーション
判断のスピードが求められる現代では、階層型組織では情報を伝える経路が長く遅くなりがちでまたさらに、与えられた役割に縛られるので個性が活かしづらい組織になります。
そこで、当社はフラットな組織形態をとり、意思決定権が組織内で分散されるようにしています。そのために、基本的にだれもがすべての情報にアクセスできる体制をとっています。

時間や場所に縛られない
業務の遂行ができることが第一で、従業員の様々な働き方に対応できるよう、設立当初より全員が基本テレワークを推進し、勤務時間についても社員の個別ニーズに応じて柔軟な対応をしています。

メンバーの多様性
年齢、性別、国籍、家族構成など、当社メンバーには様々なバックグランドがいます。多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性が高まると確信しています。

こんなことやります

CTO候補として、自社サービスの開発や受託開発などに関して、
・WEBアプリケーションの開発
・ネイティブアプリケーションの開発
・クラウドプラットフォーム(AWS、GCP、Azureなど)を用いたインフラ構築・運用
・若手エンジニアのマネジメント、指示・教育
を、正社員としてお任せできる方を探しています。

※案件で使用している主な開発言語、フレームワーク等
・WEBアプリケーション
Ruby on Rails
PHP Laravel
Node.js
・フロントエンド
Vue.js
React
TypeScript
・ネイティブアプリケーション
Kotlin
Swift
React Native
Android
iOS
・インフラ系
AWS、Azure、GCP構築
MySql
Firebase(FireStore)
Linux、shell script
・その他
Git, Github
Backlog
Slack

エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
リコノミカル
  • 2017/05 に設立
  • 20人のメンバー
  • 東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループJOB HUB SQUARE 12F
  • Web・ネイティブアプリエンジニア/CTO候補
    リコノミカル