1
/
5
バックエンドエンジニア
中途
on 2021/12/06 75 views

バックエンドエンジニア|生徒の学習効率を向上させるレコメンドエンジンを開発

atama plus株式会社

atama plus株式会社のメンバー もっと見る

  • 情報検索と情報推薦を主軸に技術者として経験を積んできました。
    情報検索と情報推薦はサービスの主要な機能として位置づけられる事が多く、高いサービスレベルが求められる上に、データに基づく高度なランキング最適化を同時に叶えなければなりませんでした。
    求められるシステム性能要件に耐えうるためのコンピュータサイエンスと、結果を最適化するためのデータサイエンス、サービスドメインに合わせたビジネス課題設定とをバランスさせながら業務を進めるのに十分なスキルが身についていると考えています。

    また、人事制度、組織構造がある程度整っている大規模企業での経験ではありますが、4年ほどマネジメント業務を中心に活動...

  • 開発チームの垣根を越えて英語、日本語ともにコミュニケーションがとれるwebエンジニア。多様な技術や開発環境に適応でき、主にオブジェクト指向のコード設計・実装やアジャイル型のweb開発をフルスタックで経験。アジャイルな開発手法にも明るい。
    言語学や自然言語への興味を活かせるサービス/プロダクトの開発に携わってきたが、最近は『教育』にフォーカスを移しつつある。

  • atama plusという教育スタートアップでエンジニアをしています
    プロダクトを通して、世の中がチョット良くなる。そんな未来を見てみたくて働いています。

  • 小学生のころからプログラミングを始め、そのまま職業もプログラマになるという首尾一貫したキャリアを歩んできました。
    常に楽しく仕事をすることをモットーに生きています!

こんなことやります

atama plusが開発するタブレット教材アプリ「atama+」は、AIで一人ひとりの得意、苦手、伸び、つまずき、忘却度などの情報を収集・分析し、一人ひとりに合った「自分専用カリキュラム」を提供します。
個々の生徒が最短距離で学びを進められるよう、「自分専用カリキュラム」の中で最適な講義や演習問題をレコメンドするレコメンドエンジンを開発するチームに所属いただきます。

■具体的な業務内容
ユーザー数増加に対するスケーラビリティや機能拡張性などの非機能要件を考慮しながら、レコメンドエンジンの設計と開発を担当。以下の業務内容も含め、現状の課題把握から解決策の実装、評価まで一貫して携わっていただきます。

<業務内容例>
・スケーラブルなアーキテクチャの設計と開発、および、移行計画の策定と実装
・パフォーマンスのボトルネックの特定と高速化施策の実装
・機能の拡張性やメンテナビリティ、テスタビリティ向上を目的としたソフトウェアのリファクタリング
・新規機能の設計・開発

上記の開発は、インフラ管理を専門とするSREチームや、生徒の学習体験設計のエキスパートである「学習体験プランナー」と連携しながら進めていただきます。

■開発環境・技術スタック
・Language/Framework: Python/Django TypeScript/Angular/Ionic/Cordova/Vue.js
・Infrastructure: Heroku/AWS/Docker/Terraform
・DB: PostgreSQL
・Tools: GitHub/Circle CI/Sl/Slack/Trello/Jira

■魅力・やりがい
◎生徒の学力向上に繋がるコアとなるコンポーネントの開発に携われます。
担当するレコメンドエンジンは、生徒の学習効率の向上に大きく影響を及ぼす、プロダクトの中でもコアのコンポーネントです。レコメンドエンジンの開発に携わることで、プロダクトを利用している多くの生徒の学力向上にダイレクトに貢献できます。

また、エンジニアのキャリアとしても、日々増加するリクエストに対して、パフォーマンスを落とすことなく高度なAIロジックの改善サイクルを高速に回し続けるという貴重な経験を得られます。

◎企画や仕様策定段階から携われます。
プロダクトを作る上で大切にしているのは、ユーザーである生徒が「熱狂しているか?」ということ。
決まった仕様をただ開発するのではなく、生徒が本当に困っていること、求めていることは何かを徹底的に考え、チームメンバーとともに仕様段階から議論し、ミッションの実現に向けて同じ方向を向いてプロダクトを開発しています。

◎職種を超えたアジャイルチームで開発を進められます。
スクラムベースのアジャイル開発をしています。1スプリントは1週間で回っており、開発メンバーのみではなく、UXデザイナーやQAメンバーも含んだチームで機能のリリースまでを完結。プランニング、リファインメント、デイリースタンドアップMTGなどで顔を合わせ、方針の共有・決定をしているほか、ビジネスサイドのメンバーにもプロダクトファーストの考え方が浸透しており、議論を重ねながら全員で「良いプロダクトを作る」ことを最優先にしています。

◎ユーザーからの気付きを得ながら開発できます。
エンジニアもプロダクトを使用している塾などを訪問し、現場観察やインタビュー等で得られた気付き・学びをもとにプロダクトを開発・改善しています。そのため、常にユーザーからの気づきやフィードバックを開発に反映できる環境です。

■応募条件
<必須要件>
・技術ドリブンにならず、常に「ユーザーへの価値提供」という目的を見失わない姿勢
・パフォーマンスとスケーラビリティを考慮した設計開発能力
・大規模ユーザー向けシステムのバックエンド開発経験(3年程度以上)
・プロジェクトや開発チームをリードした経験

atama plusプロダクトのユーザ数増加に対するスケーラビリティや、機能拡張に対する拡張容易性、処理のパフォーマンス向上など、非機能的な観点を強く意識したエンジニアリングができる方を想定しています。

<歓迎要件>
・GCPやAWS等のクラウドサービスを利用したシステムの開発経験
・インフラの設計・運用経験

<当社について理解を深めていただけるよう、下記もぜひご覧ください!>
★3分でわかる、atama plus
https://speakerdeck.com/atamaplus/about-atama-plus
★社員インタビュー
https://recruiting.atama.plus/career/interview/job_engineering_kawahara/

会社の注目のストーリー

どこかのルールを、コピペしない。 何のためにという本質から考える。
ベネッセ、代ゼミ出身者が、atama plusで教育を変えようと思った理由を話す会
atama plusらしい組織拡大。 Large-Scale Scrumへの挑戦。
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
atama plus株式会社
  • 2017/04 に設立
  • 170人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
  • バックエンドエンジニア|生徒の学習効率を向上させるレコメンドエンジンを開発
    atama plus株式会社