1
/
5
アプリディレクター
中途
on 2021/12/01 34 views

複数のプロダクト開発に取り組み、自身も成長していきたいディレクターを募集!

フラー株式会社

フラー株式会社のメンバー もっと見る

  • ベンチャー企業の創立から大手企業を経て現在のフラー株式会社に至ります。

    ----------------株式会社REVENTIVE----------------
    同志社大学経済学部に在学中にスマートフォンアプリのベンチャー企業を設立しました。
    2016年に事業を売却するまで株式会社ミクシィや株式会社ディー・エヌ・エーを株主とし、クローズドSNSと呼ばれる分野のアプリをひたむきに開発運営しておりました。

    【サマリー】
    ・京都にて株式会社REVENTIVE設立
    ・サンフランシスコにオフィス移転
    ・日本に戻りインキュベーションプログラムに参加
    ・株式会社ミクシィ含む数社から資金調達
    ・株...

  • (株)ジモティーにて、サーバーサイドエンジニア/アプリエンジニアを兼任後、マネージャーロール立ち上げのためエンジニアマネージャーになり、その後ディレクターロール立ち上げのためディレクターを経験。
    現在はエンジニアとして組織のボトムアップをミッションにしてます。

  • フラーのアプリディレクター兼マネージャーです。パブリックな業界に長く身を置いていたこともあり、ローカルや社会貢献に通じる分野に興味があります。

  • 筑波大学理工学群社会工学類の4年次を休学し、2018年4月よりフラー株式会社に入社。

    アプリ分析プラットフォーム「App Ape」のマーケティングに従事。オフラインからオンラインまで、toB SaaSのマーケティング全般を経験。

    2020年4月より共創事業本部に異動となり、ディレクターとしてクライアントと共にアプリやWebサービスの開発及びグロースに取り組んでいます。

なぜやるのか

私たちのユメは「世界一、ヒトを惹きつける会社を創る」こと。
フラーでは、会社は究極のプロダクトだと考えています。

フラーで一緒に仕事をしてみたいと思ってくれるヒト。
フラー製品やサービスを使いたいと思ってくれるヒト。
フラーの可能性に期待をして応援していただけるヒト。

そんなヒトたちがどんどん増えることが、私たちのユメです。

フラー(FULLER)という社名の由来は、フラーレン(Fullerene)という炭素原子のみで構成される分子構造から来ています。このフラーレンには、安定していながらも化学反応に富むという、面白い性質があります。そんな『安定』と『柔軟』という相反する性質を併せ持った会社にしたくて、フラーと名付けました。
現在、メンバー数は約100人になりましたが、多種多様のおもしろいチームです。それぞれが化学反応を起こしているからこそ、自分たちにしか創れない、世界に一つのものを生み出せると思っています。今後も、そんなチーム創りを行っていきます。

*フラー株式会社 「経営理念」
https://www.fuller-inc.com/corporate/philosophy

*フラー株式会社 「社名・ロゴの由来」
https://www.fuller-inc.com/corporate/company-name

会社の注目のストーリー

チームで情熱を共有しモノ創りする楽しさ- フラーへ実際に入社してみて:デザイナー(2021年8月入社)
「わかりやすさ」を日々追求━━2021年11月MVPインタビュー
よりよいモノを、より楽しく創るために〜フラーCTO・VPoP・VPoEが語るこれからの開発体制〜
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
フラー株式会社
  • 2011/11 に設立
  • 105人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区2 KOIL
  • 複数のプロダクト開発に取り組み、自身も成長していきたいディレクターを募集!
    フラー株式会社