1
/
5
オープンポジション・全職種
中途
on 2021/11/30 7 views

急成長中の葬儀社と一緒にあなたも急成長しませんか?全職種を募集中!

ディパーチャーズ・ジャパン株式会社

ディパーチャーズ・ジャパン株式会社のメンバー もっと見る

  • 千葉県で義務教育期間を過ごし、義務教育の評価方法・学習内容・学習方法に疑問を覚えました。
    そこで、高校進学を機に、自分を『学力』ではなく、『人』として選んでもらえる環境に行きたいと島根県隠岐郡にある「島根県立隠岐島前高等学校」に進学を決意しました。

    隠岐島前は教育の最先端と呼ばれる地で、アクティブラーニングによる授業やICTを使った授業を体験し、その経験から教育の可能性を模索したいと感え高校2年時には、デンマークへの教育視察のためにクラウドファンディングを行いました。

    しかし、デンマークの教育制度は素晴らしかったものの、その教育制度を取り入れるには社会保障制度が整っている必要があると...

  • 高校卒業後北海道から上京。
    大学三年の時に株式会社Candleで毎月180時間のインターンをしていました。
    同じ時期にインターンをしていた岩﨑が独立することを知り、共同創業者として株式会社Extonic(現:株式会社終活ねっと)を設立。

    終活ねっとでは営業・顧客単価up・コールセンターの部門を立ち上げから担当していました。

    2018年10月にDMMグループにJOINし、2020年3月に退職。

    2020年5月よりディパーチャーズ・ジャパン株式会社(おくりびとのお葬式)に入社。
    マーケティング担当。

  • 1994年生まれ
    2017年立教大学経済学部卒業後、株式会社みずほ銀行に入行し法人営業をメインに活動
    2020年にディパーチャーズ・ジャパンに入社
    以降バックオフィス全般を担当管理

    とりあえずやってみるをモットーに、日々努力しています!速さが大事!

  • 教員、育児メーカー、大学職員を経て、ディパーチャーズ・ジャパンへ入社。
    どの職においても「相手を認める」「相手を想う」ことを大切に仕事をしてきました。

    転職活動中にディパーチャーズ・ジャパンを見つけ、葬儀業界に躊躇しつつも、他の会社にない新しい雰囲気や勢いを感じて応募。実際、推進力に溢れ皆がチャレンジできる環境がこの会社では整っています。

    好きな映画:The Greatest Showman
    好きな色 :紫
    モットー :仕事をまじめに楽しむ

なぜやるのか

  • 納棺の儀を行う納棺師であり、代表の木村光希。自身が下請けの納棺師として活動を始めた際の経験から納棺師が全てを担当する葬儀を行いたいと考えるようになり、「おくりびとのお葬式」を立ち上げた。
  • 納棺の儀の動きは美しく、日本ならではの流れや技術が散りばめられています。納棺の儀を行うことで、故人様の状態を生きた証を残しながら、生前に近い状態でお見送りすることができます。

私たちは『よりよいお別れでよりよい社会を』をミッションに掲げています。
このミッションには、代表の木村の強い思いがあります。

木村はもともと下請けの納棺師として、納棺の儀のみを担当していました。

しかし、日にいくつもの葬儀を回って、納棺の儀に携わるうち、もっと腰を据えて葬儀に取り組みたい、ひとりひとりともっと丁寧に向き合いたい、と思うようになり『納棺師』が全てを担当するおくりびとのお葬式を作るに至っています。

全てをご遺体処置のスペシャリストである「納棺師」が行えば、お客様一人一人と向き合い、 ご遺族と故人様が最後に向き合える かけがえのない時間や故人様らしい空間をつくることができる。
またそれによって、残された方の人生の質を高めることができるのでないかと考えています。

私たちは大切な人のお別れを通して、生きている私たちの人生をもよりよくしていきたいと思っています。

会社の注目のストーリー

【メガバンクからおくりびとへ】大手銀行からおくりびとへ転職した理由
何が魅力?19歳がおくりびとでインターンをする理由
誰もが成長できる環境が整う企業
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
ディパーチャーズ・ジャパン株式会社
  • 2015/10 に設立
  • 100人のメンバー
  • 東京都中央区入船3丁目7-7 ウィンド入船6F
  • 急成長中の葬儀社と一緒にあなたも急成長しませんか?全職種を募集中!
    ディパーチャーズ・ジャパン株式会社