1
/
5
ベンチャーキャピタリスト
中途
2
エントリー
on 2021/12/01 796 views

次の基幹産業を創り出す。500億を運用する大学ファンドの投資担当

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社のメンバー もっと見る

  • ・2017年より東大IPCに参加。IT・サービス系ベンチャーへの投資、起業支援プログラムのプログラムを管掌。
    ・大和SMBCキャピタル(現、大和企業投資)にてIT・医療などハイテク分野へのベンチャー投資を経験後、昭和シェル石油に転職。タスクフォースリーダーとして決済プロジェクト、新電力プロジェクト、店舗のデジタルトランスフォーメーションなど、新サービス企画から市場導入まで主導。2017年1月より東大IPCにて再度ベンチャー投資業務を担当しつつ、1stRoundを創設。その後、AOIファンドを立ち上げた。
    ・京都大学院修了(技術経営学)、弁理士試験最終合格(2004年)

    典型的なB型。一...

  • 22歳で大学卒業後、グローバルに活躍して日本の社会に貢献することを目指し、ソニー株式会社に入社しセールス・マーケティングに従事。その後、ソニーのロシア販売会社へ赴任し、30名以上のロシア人部下をマネージしながら営業の最前線で商品の販売に奔走。売上を130%以上伸ばす。その後、INSEADへMBA留学。起業論・ファイナンスを中心に勉強。帰国後はGWG株式会社へVP of Salesとして参画。ベンチャー投資、新規事業開発、技術商社営業などを担当。その後、2019年より東京大学協創プラットフォーム開発株式会社にてベンチャーキャピタリスト。ディープテックベンチャーへ投資する

  • 1973年北海道生まれ。1994年(株)リクルート入社。2004年ソフトバンクBB(株)入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事を担当。2012年グリー(株)入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。2017年6月(株)AllDeal創業、代表取締役CEO就任。2018年11月、(株)All Personalに社名変更。パフォーマンステック事業 CANTERA責任者。700名の戦略人事パーソンの育成、200社のスタートアップHR支援実績。東大IPCでは投資支援先のHR担当として従事。

どうやっているのか

  • 東大出身者だけではなく、多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナルがスタートアップの支援のために東大IPCにジョインしています。
  • 東京大学産学協創推進本部では、東京大学に関連深いスタートアップ・ベンチャー企業が行う事業活動に最適な環境を提供する施設を複数提供しています。

『東大で起業する、東大を活用する』というスローガンは、起業家のみならず我々自身にもあてはまる言葉です。

我々は東京大学100%子会社として、東京大学の新たな価値創造に貢献し続けることが求められていますが、それ以前に政府が出資をする官民ファンドとして『投資を通じて日本経済の発展に寄与する』という大きな社会的役割を有しています。

この社会的役割を達成するため、東京大学を始めとするアカデミアやファンド出資者など全てのステークホルダーとの共同し、東大関連ベンチャーを中心とする国立大学関連ベンチャーを社会的成功に導くことが我々の仕事です。決して東大のためだけの会社ではなく、社員も東大卒業生以外のメンバーが大半です。

投資やM&Aの専門家だけにとどまらない、元CXOから元劇団の設立者までユニークなメンバーが参画している多様性を包含した組織です。

会社の注目のストーリー

【支援先紹介 vol.10】建機の遠隔操作と自動運転で建設現場のDXを推進
【支援先紹介 vol.9】松尾研究室、未踏クリエイターを中心としたAIエキスパート集団が挑む、自然言語処理&リテールテックでの社会実装
【支援先登壇イベント vol.2】1stRound採択ベンチャーの軌跡【後編】ハイライトレポート
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
  • 2016/12 に設立
  • 16人のメンバー
  • 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ261
  • 次の基幹産業を創り出す。500億を運用する大学ファンドの投資担当
    東京大学協創プラットフォーム開発株式会社