1
/
5
セールス/セールスマネージャー
中途
1
エントリー
on 2021/12/01 61 views

eKYC|世界中のデジタルアイデンティティに携わるセールス担当募集!

株式会社TRUSTDOCK

株式会社TRUSTDOCKのメンバー もっと見る

  • 株式会社TRUSTDOCK セールスマネージャー

    大学卒業後、新卒で大手クレジットカード会社に入社し、営業・事業開発などを経験。小売向けクレジットカードの発行などの新規事業の立ち上げおよび事業管理を担当した。その後、建設系ベンチャー企業に転職し、Fintech事業の事業開発・アライアンスを担当。Fintech業界の拡大におけるKYCの重要性を感じ、社会のインフラとなるような分野でサービスを広める仕事をしたいと考え、2019年TRUSTDOCKにセールスマネージャーとして入社。

    <より詳細なプロフィールはこちら>
    1988年7月、京都にある岩清水八幡宮、男山麓の出身。
    新卒で入社した...

  • 大学卒業後、株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)にて人材派遣サービスの法人派遣営業、新規事業立ち上げ、BPOの営業・PM、営業企画などを経験。
    その後テンプスタッフ株式会社(現パーソルテンプスタッフ)に移籍し営業企画、新規事業立ち上げ、新規事業創出プログラム立ち上げ、業務提携、業務改善などの業務を経て
    現在、株式会社TRUSTDOCKのセールスマネージャーとして新たな市場創りに尽力しております。

    その他
    出身:東京
    趣味:バンド活動

  • 障害者雇用コンサルティング/人材サービスの株式会社 D&Iに入社し、法人へのコンサルティング営業の他エージェントとして従事する。新入社員の教育や業務改善、社内システム切り替えやメンバーマニュアルのフロー策定といった組織内の仕組みづくりも兼務。同時に自治体との地域連携協定も担当。

    2020年7月にTRUSTDOCKに入社後、スタートアップ〜大手企業まで幅広くクライアントに持ちながら、BtoBマーケティングを兼務。

  • 株式会社TRUSTDOCK 代表取締役CEO

    前身の株式会社ガイアックスでR&D「シェアリングエコノミー×ブロックチェーン」でのデジタルID研究の結果を基に、日本初のe-KYC/本人確認API「TRUSTDOCK」を事業展開、そして専業会社として独立。シェアリングエコノミー等のCtoC取引に、買取アプリ等の古物商、そして送金や融資、仮想通貨等のフィンテックの口座開設まで、あらゆる法律に準拠したKYC/本人確認をAPI連携のみで実現。様々な事業者を横断した、デジタル社会の個人認証基盤、日本版デジタルアイデンティティの確立を目指す。

こんなことやります

■e-KYC/本人確認APIサービスのセールス業務
「KYC」とは、聞き慣れない言葉ではありますが、銀行口座や仮想通貨口座を開設するとき等に必要となる“本人確認手続き”の総称で、「eKYC」とは、それらをオンラインで行う仕組みのことを指します。
例えば、シェアリングサービス、フリマアプリ、送金や融資、仮想通貨等のフィンテックの口座開設など、みなさんがこれまで免許証を写真で撮って郵送しなければならなかった「本人確認」が、2018年の法改正でオンラインで完結できるようになりました。
今後あらゆる手続きや取引がデジタル化する前提ならば、全世界では約1兆円規模の本人確認市場があると見込まれています。

本ポジションでは、本人確認が必要な業法、業界の企業に向けて、本人確認にまつわる10数種類のAPIをクライアントの本人確認要件に応じて、提案頂き、クライアントの課題解決に取り組んで頂きます。
現在、当社のサービスを利用頂いている業界は、金融・決済系、二次流通マーケット、人材、マッチングやCtoC、ECなど、本人確認が必要な業界・業種で多岐にわたります。またクライアント規模も、サービスリリース前後のスタートアップから大手事業者まであり、国内外問わず幅広く提供しています。

<営業プロセスと業務内容>
・事前準備:事業内容理解、法律理解、同業種の事例確認など
・クライアントへのヒアリング、提案、見積書作成、契約交渉
Lクライアントに対して必要なAPIの選定、提案内容の検討
・営業管理、顧客管理
・ウェビナー等の実施
・受注後の顧客フォロー:運用・協業ベンダーとの調整、運用開始日管理等

◾️応募資格
<必須>
・BtoB商材の営業経験
<歓迎>
・ソリューション営業の経験
・スタートアップまたはベンチャー企業での勤務経験

◾️この仕事で得られるもの
私たちが挑戦しているeKYCは国主導の変革にも後押しをされ、社会のオンライン化、DX化における需要が高まり続け、市場成長率は前年比270%と著しい領域です。今後あらゆる手続きや取引がデジタル化する前提ならば、全世界では約1兆円規模になると見込まれています。
当社は創業3年、まだまだ少人数で仕組みや体制を走りながら考えて構築するといったフェーズで、メンバーそれぞれが自身の領域に制限を設けず、考え行動することが必要な環境です。このような急成長期中の会社で、業務領域や責任範囲を拡げて活躍したい、チャレンジしたいといった方、新たなスキルを身に着けたいといったご志向の方にはやりがいが大きいです。
また、当社のサービス導入業界は金融・決済系、二次流通マーケット、人材、マッチングやCtoC、ECなど、本人確認が必要な業界・業種で多岐にわたります。今後も「本人確認」を必要とする様々な業界、業種の企業が見込まれ、業務を通じて新しい業界の開拓やビジネス感覚を磨くことができ、クライアントへのサービス提供を通じて、新規事業やサービス開発に携わることができます。

会社の注目のストーリー

【公開しました】Public Affairs(パブリック・アフェアーズ)担当・神谷英亮の転職インタビュー
【公開しました】Public Affairs(パブリック・アフェアーズ)担当・神谷英亮の仕事インタビュー
【公開しました】4名のエンジニアのディスカッション
エントリー状況は公開されません
30人が応援しています
会社情報
株式会社TRUSTDOCK
  • 2017/11 に設立
  • 35人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    海外進出している /
  • 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
  • eKYC|世界中のデジタルアイデンティティに携わるセールス担当募集!
    株式会社TRUSTDOCK