1
/
5
グラフィックデザイナー
中途
5
エントリー
on 2021/11/24 189 views

公教育の学習体験をデザインの力で変えてみませんか?デザイナー募集中!

株式会社COMPASS

株式会社COMPASSのメンバー もっと見る

  • 社全体のVI(ビジュアル・アイデンティティー)設計と、弊社製品Qubena及びQubena ManagerのUX/UI全般のデザイン&ディレクションを担当しています。

    学生時代よりフリーのグラフィックデザイナーとして活動。
    その後、UIデザイナーとしてAmeba(サイバーエージェント)のポータルサイト・アプリの運営・改善に携わりました。Ameba10周年記念特設サイトなども担当。スマートフォン向けゲームのUI/グラフィックデザインを経て今に至ります。

  • 1987年2月、岡山県岡山市生まれ。高校卒業後に就職先の上司に誘われ、ベンチャー企業へ創業メンバーとして参加。その後、友人と起業し取締役に就任、広告メディア事業を行う。2013年より海外市場に目を向け、取締役を辞任し、単身渡印。日系総合商社のインド法人で現地採用として働く。2015年に英語圏を対象にオンライン日本語学習事業「Wasabi」で起業、1年後に事業売却という形でexit。2017年より現職である株式会社COMPASSに参画。

なぜやるのか

  • 『第15回日本e-Learning大賞 経済産業大臣賞』を受賞しました
  • 快適なUIUXで、低学年のお子様も驚異の集中力を見せます

■事業をはじめたきっかけ
2045年、AIをはじめとするテクノロジーの発達により、人工知能が人工知能を生み出す”シンギュラリティ”(技術的特異点)が訪れ、第4次産業革命が起こると言われています。

将来人間の働き方は大幅に変わることが予想されますが、その影響を一番受けるのは、私たち大人ではなく、子どもたちです。

COMPASSのファウンダーは、AI開発の最先端があるシリコンバレーで”シンギュラリティ”という概念に出会い、これから世界で起きること、「未来を生きぬく力」を子どもたちに教えるため、学習塾COMPASSを東京で開業しました。

しかし、現実に待ち受けていたのは、子どもたちは勉強や部活に追われ「未来を生き抜く力」を教える時間がないという事実。
効率的な学習を追求し子どもたちの時間をつくるため、人工知能教材Qubenaの開発を始め、2021年4月に「Qubena 小中5教科版」をリリースしました。

現在は、より多くの子供たちにQubenaを届けるべく、公立の小中学校を中心に導入を進めています。

■解決したい問題
時間に追われる現在の子どもたちの学習を効率化し、将来必要となる「未来を生き抜く力」を育てたい。
そのために、従来より学校で教わってきた「基礎教育」の効率化を目指し、子どもたちの未来について学ぶ時間を創出します。また、創出された時間を使うことも含め、未来を生き抜く力を育てることができるような学びの環境を創り出していきます。

会社の注目のストーリー

AI型教材Qubena (キュビナ) の小中学校向け5教科対応版の提供を開始〜今年度全国の小中学校1,200校、約30万人の利用を予定〜
AI型教材「Qubena(キュビナ)」愛知県名古屋市の全小中学校(372校、児童生徒約16万人)で正式採用
「未来の教室」 通信 Vol.06に福島県双葉郡大熊町でのQubenaの活用について掲載されました

ポートフォリオ

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社COMPASS
  • 2012/12 に設立
  • 54人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 〒112-0002 東京都文京区小石川2丁目3−23 春日尚学ビル3階
  • 公教育の学習体験をデザインの力で変えてみませんか?デザイナー募集中!
    株式会社COMPASS