1
/
5
マーケティング
中途
2
エントリー
on 2021/11/15 50 views

成長中のFintechサービスでマーケ組織の立ち上げをやってみませんか?

株式会社Handii(paild)

株式会社Handii(paild)のメンバー もっと見る

  • 東京大学大学院 修士了
    物質科学 専攻
    2011年 JPモルガン証券投資銀行部 入社
    国内外のテック企業を中心にM&Aや
    資金調達のアドバイス業務に従事。
    2017年8月に株式会社Handiiを創業

  • 慶應義塾大学大学院 修士了
    数学 専攻
    2012年 三菱東京UFJ銀行 クオンツとして入社
    在職中はライブラリ開発に従事。
    2017年10月より現職。

  • 平均年齢を上げる側の人間になっていることに以前はショックを受けていましたが、最近は徐々に開き直ってきました。ベンチャー企業らしさが失われるとわかっていてもビジネス上、自分だけはどうしてもスーツを着たいという点が譲れない人間です。

  • JPモルガン証券監査部、グリー株式会社法務部コンプライアンスチーム、株式会社Gunosy内部監査室、広報室を経て2018年、FinTechスタートアップである株式会社Handiiへ。

    ==

    国内で初めてのタイプの法人向けウォレットサービスpaild(ペイルド)のセールス、マーケティング、CSを含めたビジネス部門の立ち上げを担当しています!
    https://www.wantedly.com/projects/368217#all-mutual-friends
    一緒に突破していくチームを作りたいと思っています。ぜひお気軽に「話をきく」ボタンまたはDM等で話しかけていただければ幸いです!
    ...

なにをやっているのか

  • TechCrunch Tokyo 2019ファイナリスト
  • 法人カードを何枚でも発行できるウォレットサービス「 paild(ペイルド)」を運用しています。

私たちHandiiは、法人カードを管理画面上からいつでも何枚でもワンクリックで発行できる、法人向けウォレットサービス「paild(ペイルド)」の開発・運営しております。

paildは、ありがたいことに多方面から高い評価と期待をいただきながら、法人カードを切り口として「法人決済領域」のゲームチェンジャーになるべく、日々邁進しています。

ここからさらにスピード感をあげて、企業のDXを推進すべく開発及び改善に力を入れていきます!

■paildサービスページ
https://www.paild.io/

なぜやるのか

現在のpaildが存在する理由は2つあります。
◆ 1.法人カード発行に伴うペインを解消すること
法人がクレジットカードを作るためには幾つかのハードルがあります。我々も創業時、法人カードを作ることができませんでした。
paildのもつ「枚数無制限でその場で発行できる」という特徴により、まずはこれらのペインを解消していきたいと考えています。

◆ 2.法人カードを切り口として経費精算領域をアップデートしていくこと
paildは、会社と従業員双方にとって手間となる「経費精算」を圧倒的に効率化できる可能性を秘めています。
経費の事前申請、仮払い、実費精算といった多くの面倒ごとを、paildのもつ「カードごとの利用限度額をその場で設定できる」という特徴によって解決していきます。

◇ paildのその先
私たちにとって、paildは入り口にすぎません。
遵法精神とドライブ感の融合で、法人カード領域を皮切りに新しい金融を切り拓いていきます!

どうやっているのか

paildリリースから1年半、創業者の想いに共感してくれた仲間たちと共にサービスを作ってきました。

制度や仕組みを一から考え、高いセキュリティと信頼性の要求やコンプライアンス意識にも応えながら、サービスに磨きをかけ続ける日々。
そんな状況を、様々なスキルやバックグラウンドを持つ素敵なメンバーと共に、日々試行錯誤しながら本気で取り組んでいます。
まだまだ小さなチームということもあり、制度面やチームの運用面も改善を続ける毎日です。

金融領域のど真ん中、自分の手でお金のユーザー体験をかえていく!という我々の事業の醍醐味に共感いただけるかたと一緒に働けることを非常に楽しみにしております!

こんなことやります

【2020年8月に正式リリースした法人ウォレットサービス「paild」】

現在、『paild』は強い顧客ニーズを背景に、利用社数が直近で1,000社を突破していますが、
専任マーケターが不在で非常に苦心している状況です!
足元で売上は急拡大しているものの、今後さらに事業を拡大するためには、セールス及びマーケティング戦略の立案とその実行が不可避な状況です。

【なぜHandiiでマーケターか?】
①経営者との距離が近く、意思決定が早い!タイムリーなマーケティング戦略を遂行できる!
マーケティング強化により、事業拡大スピードを加速させていきたいと考えており、中長期事業戦略の中核を担うプロジェクトに位置付けています。
成熟した企業では味わえない、刺激的かつチャレンジングな環境のもと、自由闊達に力を発揮していただけます。

②BtoB+BtoC決済は年間1200兆円!国内ビッグマーケットで戦うやりがい
コロナの影響も受け、消費者向けのキャッシュレス化がトレンドになっている中、BtoB決済のカード決済比率は0.2%しか進んでいません。
しかし、国内のBtoBの決済は年間900兆円、BtoC決済とCtoC決済あわせて年間300兆円とも言われる巨大マーケットに私たちはいます。
消費者側のキャッシュレス化が進んでいる中、法人側のキャッシュレスが進まないわけがない。BtoBのEC市場規模の推移だけを見ても、事業成長の可能性は一目瞭然です。
カード決済総額に与信金額が追いつかない世界が到来しつつある今、私たちは時代を先読みし、自社サービスの『paild』を通して、新しい金融の在り方を切り開き、この巨大マーケットでのシェアを拡大に挑戦していきます。
noteもありますので、お時間ありましたら是非読んでみてください。
https://note.com/handii

③多様なバックグラウンドをもつ個性あふれる誠実な仲間と切磋琢磨できる環境
メンバーがHandiiに辿り着くまでに多様な経験をしており、三者三様でとても興味深いです。豊富な経験を持ったメンバーの思わぬ一言でプロダクトの方向性が定まることも。
また、プロダクトの「paild」に対して全員が本気です。職種に関係なく全員がプロダクトを真剣に考えているため議論が炎上することも…方向性や戦略に対して全員で向き合っています。
メンバーが困っていたり悩んでいると、どこからともなくお助けマンが現れてなんとかしようと一緒に奮闘してくれる利他の精神を持つメンバーも多い。1人に抱え込ませるようなことはしないカルチャーです。
paildはまだ成長中のプロダクト。こうすればうまくいくという正解はありません。時に逆境もある中、顧客にpaildを活用して価値を感じていただけるよう、粘り強く取り組むタフネスを持つチームです。

■具体的な業務内容については下記を想定しています。
・Webマーケティング
・LP改善
・MAツールを使ったナーチャリング施策の企画・運用
・クリエイティブ進行管理
・コンテンツマーケティング
・広告運用ディレクション
・メルマガ施策
・イベント企画
などなど!とにかくマーケティングオープンポジションとして幅広く関わりたい方に向いています!

■必須経験
・事業会社やクライアントの課題に対し、何らかのマーケティング施策でPDCAを回した経験
・Webで利用する広告についての理解及び相応の経験

■あると尚良い経験
・デジタルマーケティングの基礎知識・運用の実務経験
・スタートアップ企業での勤務経験
・経理周りの知識

今まで培われてきたご自身の強みを活かして、事業成長にダイレクトに貢献してみませんか?

会社の注目のストーリー

お客さまとサービスを繋ぐ|プロダクトマネージャー中山さんインタビュー
Elm・Rust・Scala。技術や領域を横断して活躍できるHandii開発チームの"尖り方"|エンジニア路川さんインタビュー
Handiiのマルチタスカー|セールス&マーケティング部 山村漠さんインタビュー
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社Handii(paild)
  • 2017/08 に設立
  • 20人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区日本橋兜町5-1-1-2 兜町第一平和ビルB1F
  • 成長中のFintechサービスでマーケ組織の立ち上げをやってみませんか?
    株式会社Handii(paild)