1
/
5
電子回路設計エンジニア
中途
on 2021/11/12 83 views

回路設計からアートワーク設計もお任せ!IoTデバイス開発エンジニアを募集!

株式会社ASTINA

株式会社ASTINAのメンバー もっと見る

  • 株式会社ASTINA CEO and Founder/代表取締役社長
    日本製鉄株式会社にて生産設備の改良設計業務に従事後、ロボットスタートアップのハードウェア部門の開発リーダーとしてハード設計業務ならびにマネジメント業務に従事。
    2017年にロボット/IoTデバイス特化型開発企業・ASTINAを創業。年間約20種類の開発案件に携わる。

  • 株式会社ASTINA Co-Founder/共同創業者
    工業高校にて金属切削の基礎から電気回路、PLCやロボット制御などの産業用装置を中心に勉強し、千葉工業大学工学部未来ロボティクス学科に入学。
    修士課程修了までの6年間サークルで人型ロボットを製作するなど手を動かしつつロボット制御理論を中心に勉強。
    その後3年間、産業用装置を製作する企業にてロボット装置制御・電気回路を担当。
    画像処理を用いたロボット制御が主な業務。
    その後、2社のベンチャーでロボット開発・IoT機器製作・AI開発を担当。
    現在はASTINAを共同創業し、AI・ロボット開発に従事している。

  • 帰国子女(香港 5-12歳)
    新卒=DNP(株)海外事業部。
    サンマリノ(繊維商社)生産管理・営業。
    DMM.make AKIBA 運営・広報。
    DMM本社人事部 広報 + DMM.make3Dプリント事業部 営業。(兼務)
    株式会社ASTINA BizDev.

    DMM.make AKIBAにてテックマネージャー・企画・広報・来賓対応。
    六本木本社では人事部広報を担当。
    3Dプリント事業部では 新規営業送客・新規商材開発を経験。

    2018年12月〜株式会社ASTINA Biz Dev.

    <個人事業>
    紙巻きオルゴールpapertunes(楽器メーカー・製造卸)経営。

  • キャリアのスタートはアパレル、店舗運営や海外への買い付けを行う。
    その後一念発起してIT業界へ転職し営業をトータル10年ほど。前々職ではゼロイチで事業所立ち上げ、営業、人事、他様々な事を経験。
    前職ではRPOのアカウントマネージャ、紆余曲折を経て今年ASTINAにジョイン。

なにをやっているのか

【ASTINAについて】
株式会社ASTINAは、「​AI x ロボティクス」を軸にロボット/IoTデバイスの開発を手掛ける、2017年創業のベンチャー企業です。

【事業領域】
IoT事業AI事業共に、自動化・業務効率化に特化した開発を行っています。
■IoT/DXソリューション事業
 ∟自社製品開発
  (FA/産業/プラント向け自社IoT製品企画・開発・販売)
 ∟受託開発
  (FA/産業/プラント向けIoTデバイス量産開発)
■AI/ロボティクスソリューション事業
 ∟自動化ソリューション”OKIKAE”開発
 ∟AIプロダクト開発

弊社では、これまで多くの省人化装置、計測装置などを受託業務として開発・量産して参りました。クライアントも多岐に渡り、大手メーカー様から中小企業工場様まで幅広く対応しております。
AIなどの新しい技術と既存の技術を組み合わせることで、従来実現が難しかった自動化装置を実現できる時代となってきました。ASTINAでは最新技術に加えて圧倒的なスピードや論理的な考え方に基づいてプロジェクトを推進することで、多くの課題を解決してきました。

なぜやるのか

  • ソフト系、ハード系のものづくりに関わる 様々な分野のエンジニアが一団となって活動しています。
  • 人の手でしか出来ないけれども、付加価値が低い単純作業」を自動化することで、日本の企業が抱える人手不足を解消したいと考えています。人には、人にしか出来ない仕事を”という考えを軸に、作業効率化・自動化の分野でのリーディングカンパニーを目指します。

【ビジョン・ミッション・バリューについて】
■ビジョン
当社は「日本の産業を次のステージへ」をビジョンとして掲げています。

■ミッション
IoT/ロボ技術で「産業分野の人材不足を技術力で解決」する事を使命とする。

■バリュー
付加価値の低い仕事を自動化・省人化することで現場の方々が付加価値の高い仕事に集中できる環境を創ります。
その為に顧客への価値提供として「顧客課題起点」「独自技術の追求」「技術の社会実装」を掲げています。

私達は、既存のSIerや自動化装置メーカーがやらない難しい技術や領域に挑戦しており、「人の手でしか出来ないけれども、付加価値が低い単純作業」を自動化・省人化することで現場の方々が付加価値の高い仕事に集中できる環境を創ります。
そして日本の企業が抱える人手不足を解消したいと考えています。
その為に顧客への価値提供として「顧客課題起点」「独自技術の追求」「技術の社会実装」を掲げています。

従来の企業では出来なかった分野の自動化に注力し、ビジョンを達成する為、高い技術力と、執念にも近い諦めない力を武器に、実証実験倒れの製品ではなく、社会実装される本物のプロダクトを生み出していきたいと考えています。
そして「人には人にしか出来ない仕事を」という考えを軸に、3年で作業効率化・自動化の分野でのリーディングカンパニーになる事を目指しています。

どうやっているのか

  • 1階は製作・製造フロア、2階は執務フロアと用途に併せレイアウトしており、社内で様々な分野のプロフェッショナルが連携を取りやすくなっていることが開発力を上げるポイントのひとつです。
  • メカ/ソフト/エレキエンジニアが強力なチームワークで開発を進めています。しっかりとしたワークスペースの確保やフレックスタイム制など、ものづくりに専念できる環境を整えています。

【開発体制について】
基本的には、メカ、エレキ、ソフトの各分野のエンジニアが1つのチームを構成し、プロジェクトを進めていきます。
スムーズに開発を進める為、1階は製造フロア、2階は執務フロア、3階は打合せスペースと、オフィスを用途に併せて設計しており、社内で様々な分野のプロフェッショナルが連携を取り易くなっている事が開発力を上げるポイントの一つとなっています。
■エンジニア構成
・AIエンジニア     :2名
・エレキエンジニア   :3名
・メカ二カルエンジニア :6名
・ソフトウェアエンジニア:5名

【働く社員を支える環境づくり】
ビジョン・ミッションを達成する為には社員の協力が不可欠です。少しでも働きやすい環境を提供したいと思っています。
※ここ1-2年で取り入れた制度や実施した取組の一例を紹介します!
1.祝日の休日化
 過去:出勤日⇒現在:公休日
2.夏季休暇
 過去:明確な決まり無し⇒現在:7-9月の間で3日間取得可能(制度化には至っていないが制度化したい)
3.36協定の上限残業時間の変更
 過去:60h/月⇒現在:45h/月
4.育児休暇
 男性社員取得予定:1名(2022年4月開始予定:弊社初です!)
5.看護休暇
 男性社員取得:1名_100%取得(2021年度-2022年度の2年間)
6.慶弔休暇
 結婚休暇取得:2名(祝い金支給)
 出産休暇取得:1名(祝い金支給)
 死亡休暇取得:3名(弔慰金支給)
7.セミナー参加費用負担
8.書籍購入費用負担
9.資格取得費用負担
10.社員紹介制度(本人・紹介者双方に一時金を支給)
11.ウォーターサーバ設置
12.社内イベント
 不定期にバーベキューなどの社員イベントを行っています。コロナで中々出来ていませんが、昨年は豊洲の海横のBBQ上でA5ランクの 黒毛和牛を美味しく味わいました!

【得られるもの・経験】
◇高難易度案件で経験を積める◇
お問い合わせ頂く案件は他社でお断りされたものも少なくありません。そこに我々がチャレンジする価値があります。技術的課題だけでなく、コストや納期面のハードルに挑戦することで視野が広がり、スキルアップに繋がります。又、任される裁量も広く、技術的好奇心の強いエンジニアには良い環境です。

◇一気通貫のものづくり経験◇
要件定義、開発、設計、試作、評価、量産と幅広い工程を担当することができます。
実際に部品の加工も社内で行うことも多く、幅広いスキルが身につきます。

◇高品質な製品設計スキル◇
市場に流通する製品を開発するため、設計段階から品質に対して向き合う必要があり、ゼロから試作を繰り返し量産立ち上げの過程で市場流通レベルまで引き上げることで、様々な工程を意識した高品質な製品を設計するスキルが身につきます。

◇OJT+OFFJTで経験と知識を身につけられる◇
当社では技術勉強会や資格取得制度もあり、日々エンジニア同士での研鑽活動が行われています。
経験を裏付ける工学的知識を身につけることもできます。
プロジェクトがスムーズに進むのであれば、エンジニア判断で新しい技術や取り組みを試す事が可能な環境です。

こんなことやります

《自社製品開発》
主に製造業・プラント向けの見える化・自動化/省人化に貢献するIoTデバイスの基板回路設計、アートワーク設計、レビュー、部材調達、実装手配、評価、試作及び量産時のライン立ち上げ対応までをお願いします。
自分の製品が企画→開発→設計→試作→評価→量産→出荷までのものづくりに関わる全プロセスを経験することが可能です。まだまだ発展途上のものづくりベンチャーだからこそ体験できる環境で、会社と共にご自身のスキルアップを目指して見ませんか?

《受託案件業務について》
弊社の手掛ける案件は全てエンドユーザ様から100%直請けで、全て自社内で開発を行っております。
クライアント先に常駐しての設計業務はございません。

案件内容や規模はプロジェクト毎に異なりますが、見積りから納品までの全工程を一貫して行う事が基本で、主に基板回路設計、アートワーク設計、レビュー、部材調達、実装手配、評価、試作及び量産時のライン立ち上げのご対応をお願いします。
また、対応可能であれば動作確認及び可能であれば評価用治具の簡単なマイコンの組み込み(各種マイコン、bluetooth・WiFi制御、各モジュール通信など)ソフト開発をお任せ致します。

ハードウェア開発のみやソフトウェア開発のみの会社様が多い中、弊社では各分野を横断して自社内でチームを組む為、回路設計者やソフト開発者との距離が近くモノづくりの隅々まで感じる事が可能です。
※ご志向や得意な事をメインに業務を行っていただく予定です。

【プロジェクト例】
案件:自社開発
内容:AIを用いたプラント向けIoT監視デバイス/システム開発
樹脂筐体の設計

案件:自社開発
内容:AIを用いた外観検査カメラの開発
樹脂及び金属(板金)部品の設計
案件:受託案件
内容:産業向けエネルギー監視IoTデバイス開発及び量産
※案件共通:Wi-Fi、Bluetooth、LoRa技術等を用いた通信デバイスの回路設計・基板設計、評価作業

◇開発環境例◇
・OS Windows
・開発ソフトウェア:Altium Designer/KiCadなど

【応募条件】
■必須条件
・回路設計実務経験(3年以上)
・Altium designerを始めとする、回路設計用CADの利用経験
・基板の部品実装経験もしくは製造会社への製造発注経験がある
・チームでの開発経験のある方
・当社のミッション・行動指針に共感できる方
・東京勤務が可能な方

【尚可条件】
・量産ラインの立ち上げ経験
・動作確認用の治具の設計・製作経験
・簡単な動作確認用のソフトウェアが組める

【弊社で活かせる経験・スキル】
・BLEやWi-Fi、LoRaを搭載した回路設計の経験
・カメラモジュールを搭載した回路設計の経験
・マイコンを使用した基板設計の経験
・動作確認用治具の設計・製作経験
・簡単な動作確認用のソフトウェアが組める

【歓迎する能力・適正】
・マイコンのプログラムを書ける
・マイコンのライブラリの中身がわかる
・レジスタ設定やチップのデータシートが読み取れる
・I2CやSPIを使用できる
・マイコンでカメラ(画像・映像系)を使ったことがある
・マイコンでモータ等の駆動系を使ったことがある
・PID制御などの制御が分かる

■歓迎する能力・適正
・マイコンのプログラムを書ける
・マイコンのライブラリの中身がわかる
・レジスタ設定やチップのデータシートが読み取れる
・I2CやSPIを使用できる
・マイコンでカメラ(画像・映像系)を使ったことがある
・マイコンでモータ等の駆動系を使ったことがある
・PID制御などの制御が分かる
※経験無くとも応募可能です!難しく考えないでください!

【募集背景】
自社IoT製品の新規開発およびIoT分野の受託事業拡大に伴うエンジニアチームの一員を募集しております。
メンバーの技術レベル・技術に対する興味関心が高い環境で、一人一人の関わることのできる業務範囲が広く、やりがいのあるポジションになります。

また、通信機器や装置開発の経験豊富なエンジニアリングマネージャの直下で深く業務に携わることになります。
社内で様々な分野のプロフェッショナルが連携を取り易くなっている事が開発力を上げるポイントの一つです。

少しでも興味を持っていただけた方はぜひ一度オンラインでお話ししましょう!
まずはお気軽にご応募いただけると嬉しいです。

会社の注目のストーリー

【サービス紹介】工場のケーブル・コネクタ挿入を自動化するロボットを作りました!
【サービス紹介】助成金を活用したシステム開発のパッケージをリリース
ASTINAではこんな製品を開発しています。その一部をご紹介!
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社ASTINAの会社情報
株式会社ASTINA
  • 2017/03 に設立
  • 16人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都墨田区緑3-17-8 高島ビル
  • 株式会社ASTINAの会社情報
    回路設計からアートワーク設計もお任せ!IoTデバイス開発エンジニアを募集!
    株式会社ASTINA