1
/
5
新規事業開発
中途
2
エントリー
on 2021/11/12 210 views

新規事業立ち上げ|資金調達累計55億円のNEXTユニコーンEdTech!

ライフイズテック株式会社

ライフイズテック株式会社のメンバー もっと見る

  • ライフイズテック株式会社 取締役副社長 COO
    1983年生まれ。早稲田大学理工学部卒。株式会社ワイキューブで、「エンターテイメント×採用」の商品開発を行い、企業の採用戦略の新しい形を創る。株式会社SCRAPで『リアル脱出ゲーム』のディレクターを経て、ライフイズテック株式会社を水野とともに設立。一般財団法人生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー。Life is Tech !のサービス、ブランディング、メンター育成の最高執行責任者。エンターテイメントの場作りを武器に革新的な教育デザインに挑戦している。

  • ライフイズテック株式会社 取締役 最高教育戦略責任者(CESO)

    1983年、福岡県出身。東京大学教育学部卒業後、リンクアンドモチベーションで勤務した後、東京大学教育学研究科にて博士課程まで在籍。教育政策・学習科学が専門。
    学習科学の世界的権威、故三宅なほみ教授にも師事し、全国の学校・教委での協調的・創造的な学びづくりを支援。
    2010年にライフイズテックを創業。累計4万2千人が参加し、中高生向けIT教育サービスでは世界2位まで成長。ディズニーとコラボした「テクノロジア魔法学校」や学校向け「ライフイズテックレッスン」などオンライン教材も提供。
    NewsPicksでは教育領域のプロピッカ...

  • https://note.com/warc/n/n5f4100bf1b68

なにをやっているのか

  • Life is Tech ! のキャンプやスクールはのべ5万2千人が参加し、国内最大規模となっています

私たちは創業11期目の、プログラミング教育を中心にサービスを展開するEdTechのベンチャー企業です。
「中高生ひとり一人の可能性を 一人でも多く 最大限伸ばす」をミッションに掲げ、まずは2025年ビジョンとして「イノベーション人材を120万人(中高生の20%)育てる」ことを目指しています。

2011年、参加者たった3人のキャンプから始まったライフイズテック。
以来、ブレることのないミッションとLX(Learning Experience)という強みを核に、オンライン教材、そして学校向け教材へと、次々に事業領域を拡大・成長してきました。
現在は、4つの事業を展開しています。

◇中高生向けIT・プログラミング学習プログラム&コミュニティ
 『Life is Tech ! Camp』『Life is Tech ! School』
◇地域格差解消&自走学習 オンライン教材プラットフォーム×ディズニーIP
 『テクノロジア魔法学校』/アメリカ版『Code illusion』
  https://www.technologia-schoolofmagic.jp/
◇学校指導要領改訂対応 学校向けプログラミング学習教材プラットフォーム
 『ライフイズテック レッスン』
  https://lifeistech-lesson.jp/
◇企業向けDX人材育成プログラム
 『DX Readiness研修』

<NEWS>
★国内外の投資家より25億円のシリーズD資金調達を実施!累計調達額は55億円に。
https://life-is-tech.com/news/news/20211026_seriesd

★Forbes Japan 『僕らが新しい上場「ソーシャルIPO」を目指す理由』
https://forbesjapan.com/articles/detail/22458

★PR TIMES 
『奈良県とライフイズテック、「情報Ⅰ」への対応に向けて、EdTech教材ライフイズテックレッスンをベースにした奈良県版情報教育モデル構築に関する連携協定を締結』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000019771.html

★EdTechZine<EdTechビジョナリーインタビュー>
「誰かのために創る」ことで中高生の可能性を伸ばす――ライフイズテックの水野雄介氏と讃井康智氏が考えるプログラミング教育
https://edtechzine.jp/article/detail/4958

なぜやるのか

ライフイズテックはこの10年間、IT・プログラミング教育のリーディングカンパニーとしてのべ52,000人の中高生にプログラムを届けてきました。

日々私たちが向き合っている中高生が大人になった時、
その可能性を最大限に活かして活躍できる社会を日本の素晴らしい企業の皆様と共に作っていきたい。

そんな思いを持って現場に目を向けると、加速するテクノロジー進化の中で”DX”という大きな課題に日本の社会が直面していることが見えてきました。

【コロナ禍で求められるレガシー企業文化からの脱却】
コロナ禍における環境変化によって、DXの本質が「すばやく変革し続ける能力」を企業が身に付けること。その中で『システムのみならず、企業文化を変革する』ことの必要性が明らかになりました。

企業として生き残るために、DXに対応する力が求められる時代に突入しています。

【DX人材育成を行うパートナー企業の不足】
10年以上にわたり、ITイノベーション人材を育て見えてきた可能性。
自ら起業したりスタートアップのCTOとして活躍する卒業生たち。
彼らに共通することは、課題に対しデジタル・オリエンテッドに自らの意思をもって取組むスキルとマインドがあること。

企業DXは、ビジネスサイドとITサイドの「分断」を解消し「共創」を実現することがスタートラインであると考えています。組織がDXで陥る「分断」を突破するために、特に「人材育成」にフォーカスし、デジタルアレルギーのある人材も含め組織全体に「DXレディネス」を根付かせること。

すなわち、DX成功の鍵は「人材」にあると考えました。

「DX人材育成」を主としたサービスが少ない中で数多くのITイノベーション人材を輩出してきたライフイズテックが培ってきた経験、実績、ノウハウを集大成にしたサービスを作り上げました。

これからの中高生が活躍する社会をつくるために、企業で働く全ての人を「DX-Ready」な人材へと導き社会への出口を変えていきます。

どうやっているのか

  • 講義だけでなく実践も伴った研修プログラム

企業様向けに、全社員のDX化を目指す「DXレディネス研修」を提供しています。

「DXレディネス研修」は、組織変革の要となるDXマインドやベーススキルを、ハンズオントレーニングを通じて育成するプログラムです。問題発見および課題設定の思考フレームから、デジタル活用による課題解決の実行までをサポート付きで短期間に学ぶことができるのが特長です。
「理論」だけでなく、実際に手を動かし、自らの「体験」としてDXマインドやDXベーススキルを身につけることで、より実践的な人材育成研修を実施しています。
デジタルに対しアレルギー意識のある人でも、デジタルを取り入れることに積極的になれるプログラムで組織全体にDXマインドを根付かせます。

まだまだ事業は立ち上がったばかり。新規事業として、現在副代表の小森を中心に、3名で事業を推進しています。
お客様それぞれの課題をヒアリングし、研修の提案だけでなく、時には新しいプログラムやコンテンツの企画・開発など企業や組織が抱える課題に対してゼロから取り組みます。

こんなことやります

DXを成功させるには、『どの状態を目指すか(DXの目的の整理)』『DX人材の育成』がKeyとなると考えており、そこに従来の事業で培ってきたLX(Learning Experience : 学習の体験設計)を掛け合わせた実践型のHand-on研修を提供していきます。

DXを取り入れる狙いは企業によって様々です。
よく課題として挙げられるものとしては、
・そもそも自社にあったDXの取り入れ方が分からない
・エンジニアなど限られた人材にしか対応できるものがない
といったものがあり、それぞれの企業課題に応じた研修プランの提案、内容の充実化など、これから展開していく上で磨き込んでいくことも沢山あります。

立ち上がったばかりの新規事業ですが、すでに化学メーカーや生命保険会社などで取り組みをスタートさせており、日本企業の働き方および事業推進にパラダイムシフトを起こすべく、ダイナミックに仕掛けていきます。

▼お任せしたいこと
新規事業の事業開発として経営課題や事業課題からヒアリングし、お客様に合わせてDX研修をどう最大限活用できるかを提案いただきます。DX市場は今後3兆円ほどまで伸びると予想されており、日本企業の働き方および事業推進にパラダイムシフトを起こすべく、チャレンジングな環境です。

【具体的には】
・大手日系企業を中心に課題のヒアリング・新規提案
・クライアントの課題に寄り添いながら、研修内容のプランニング
・セールスファネルの管理、KPI達成のための改善活動

■導入事例紹介動画
https://youtu.be/2Y4Ywxt77Zo

▼当社の魅力
・大手企業から累計25億円の資金調達が完了しています
・マーケットは拡大中で、コロナ禍も後押しに社会的ニーズは高まっています
・別事業であるプログラミング教育は、国内最大級・シェアNo1と安定した基盤があります(*)
・第二創業フェーズのため、裁量をもって働いていただくことができます
*日本マーケティングリサーチ機構調べ(2020年12月期 実績調査・2021年1月期ブランドイメージ調査)

▼必須スキル
・法人向けソリューション・無形商材の提案営業のご経験
・コンセルティング営業、クライアントワークのご経験

▼こんな方と一緒に働きたい!
・ライフイズテックのミッションに共感いただける方
・教育に対して思いをお持ちで、100年に1度の教育変革に一緒にチャレンジしていただける方
・不確実な状況の中でも、マーケットや未来を変えるために、事業に取り組んでいただける方

会社の注目のストーリー

【メディア掲載】日本経済新聞電子版|エドテック、公教育と伴走 成長期待で投資マネー流入の記事でライフイズテックの取り組みをご紹介いただきました!
【イベント開催!】シリーズD調達でTechカンパニーへ!CEOと技術部門役員が語るライフイズテックのこれから
教育が変わる2020年。「あなたの経験」が教育を変える!今こそ教育業界へ飛び込むべきタイミングな理由
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
ライフイズテック株式会社
  • 2010/07 に設立
  • 67人のメンバー
  • 海外進出している /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区南麻布2−12−3 南麻布ビル 1F
  • 新規事業立ち上げ|資金調達累計55億円のNEXTユニコーンEdTech!
    ライフイズテック株式会社