1
/
5
経理・バックオフィス
中途
4
エントリー
on 2021/11/09 196 views

IPOでキャリアアップしたい経理メンバーWANTED!!

アトモフ株式会社

アトモフ株式会社のメンバー もっと見る

  • 1980年、東京生まれ。
    青山学院大学、南カリフォルニア大学(USC)修士でロボット工学専攻。
    NHN Japan、任天堂でフロントエンドエンジニアを経て、2014年8月にアトモフ創業へ。

    ロサンゼルスに留学して以来、ヤシの木とビーチの景色に魅了され、旅行が大好きになりました。もっと多くの人が旅をできるようになれたら嬉しいなと思っています。SFに出てくるような未来に住んでみたいし、少しでも未来を近づけたい!

  • 大阪に生まれ、高校卒業後にサンディエゴ、ニューヨークに留学。そこで、グラフィックデザインを学びました。
    帰国後、東京に移り、斉藤・沼尻デザインにてデザイナーとしてたくさんの広告の仕事に関わりました。
    アトモフのデザイナーになってからは、自社のプロダクトを作ることができ、本当に良いと思うものを広められるのがとても幸せです。
    普段は、2男児の母としても奮闘しています。

  • Atmoph Co-founder, Software Lead

    1979年生まれ。大学卒業後は Yahoo! Japan、mixi でソフトウェアエンジニアとしてウェブサービスの開発をしてきました。その後ゲームコンソールのシステム開発を経て、現在はアトモフ株式会社で Atmoph Window の開発に全力投球しています。京都は豊かな自然がありつつ、コンパクトな都会でもあるのでとても住みやすいです。

なぜやるのか

  • オフィスは京都にありますが、今は基本リモートワークで海外からも
  • 世界中の風景を撮影し、丁寧に編集し、最高の製品とサービスで届ける努力をしています。

「日々を、冒険にする。」
創業のきっかけは、15年前。CEOの姜(かん)はアメリカ留学時代、慣れない環境にストレスを抱えていました。窓からはすぐ隣のビルしか見えない、アパートの閉塞感が一層ストレスを大きくしている気がしました。パソコンのデスクトップを南国のビーチの写真にしたり、TVに風景DVDを流してみたりしたけれど、どれも何か違う。

「もし、窓からの風景を変えることができたら。」
行ったことがない国、その風景が生まれた文化や歴史、そこに住む人に思いを馳せたり、その景色を見ながら話がはずんだり、ひとりの人間の世界をちょっとずつ広げられる。

そうして、一人一人の毎日をまるで冒険のようにワクワクするものにしたい。これがアトモフの願いです。

ユーザーからは、「新型コロナウィルスの影響で海外旅行できない不満が解消できた」「家にいる時間が長くなったが気分に合わせて風景が変えられて癒された」などの声も届いており、人々の心の支えにもなれる製品、サービス、コミュニケーションを届けていきます。

Atmoph Window 2に込められた想い:

「いらない、もうある、まだそこ」--アトモフ姜氏が「スマート窓」で覆した3つの言葉
https://japan.cnet.com/article/35167498/

未来の窓でSFを実現——風景のNetflixを目指すアトモフ
https://fabcross.jp/interview/20190425_atmoph.html

元任天堂の2人が発明したどこでも窓「Atmoph Window」--日常をSFの世界に変える
https://japan.cnet.com/article/35137145/

“どこでも窓” から、未来をひらく
https://nature-and-science.jp/atmoph/#page-1

会社の注目のストーリー

Adventure Blog - 切り取られて景色は完成する(CEO:姜)
Adventure Blog – 初めてのアドベンチャー(デザイナー担当:旭岡)
Adventure Blog - アップロードのための、ちょっと変わった風景撮影方法(ハードウェア:久保田)
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
アトモフ株式会社
  • 2014/08 に設立
  • 20人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 京都市中京区柳八幡町75-6 LS京都ビル3F
  • IPOでキャリアアップしたい経理メンバーWANTED!!
    アトモフ株式会社