1
/
5
マークアップエンジニア
中途
2
エントリー
on 2021/11/04 147 views

マークアップエンジニア/現場系SaaSを展開する急成長福岡発スタートアップ

株式会社クアンド

株式会社クアンドのメンバー もっと見る

  • 1986年生まれ、福岡県北九州市出身。大学では宇宙物理、大学院では応用生理学(SIXPADの基礎を研究)を専攻し、宇宙と人体の神秘を研究。卒業後は消費財メーカーP&Gにておむつや洗剤の生産管理・商品企画に従事。その後、博報堂コンサルティングに転職し、ブランディング・マーケティング領域でのコンサルティング経験を積み、2017年4年、小学校時代の同級生であるCTO中野と株式会社クアンドをUターンで設立。現在は株式会社クアンドの代表取締役CEO、九州工業大学客員准教授、株式会社瀬登(家業の建設業)の取締役を務め「地方産業・旧態産業のアップデート」を目指す。

  • 1987年生まれ。福岡県北九州市出身。大学では法律、政策科学を専攻。
    卒業後は、ワークスアプリケーションズにてエンタープライズ向けえSalesやユーザーの顧客満足度向上を目的としたCSに従事。その後福岡へUターン転職し、ビズリーチへ転職。福岡をはじめとする九州の地場の企業様に向けた採用支援を行い、地方産業やレガシー産業の実態に直面する。その後、フリーランスを経て、2019年12月よりクアンドにジョイン。SynQRemoteの立ち上げから、セールス、CS組織の立ち上げに従事している。

  •  北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科を修了。情報工学を専攻し、深層学習を用いた音声強調手法を研究した。

     2017年の夏からは、株式会社クアンドにて、インターンとして参画し、アプリケーションの開発に従事。業務ではRailsやReact, flutterなどを利用しての開発を行った。

    その後、大学院修了のタイミングで、クアンドに正社員として参画し、今に至る。

  • 北九州高専を卒業後、富士通株式会社に就職。
    ソフトウェア開発・SEを希望するが、光通信デバイスの品質保証部に配属。
    3年半ほど海外顧客を中心に、不具合解析や顧客サポート業務に経験。
    働いていく中で、自分の思い描いていた姿とのギャップを強く感じ始め、転職することを決意。
    地元志向も強く、スタートアップ企業への興味もあり、北九州市のU・Iターン支援求人を見ていた中でクアンドを知る。
    会社のミッションに共感し、自分のなりたい姿に近づくことができると思い、クアンドへ入社。
    入社後、鋼板加工工場の作業簡略化・フルオートメーション化を、カメラとAIを用いて実現するプロジェクトにエンジニア兼プロジェク...

なにをやっているのか

  • 自社開発プロダクト「SynQ」シリーズ
  • 遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote」

株式会社クアンドは、「地域産業・レガシー産業のアップデート」を掲げ、製造業・建設業などの現場向け遠隔支援ツール「SynQ Remote(シンクリモート)」を提供する2017年設立のスタートアップです。

SynQ Remote(シンクリモート)は現場と現場をスマホひとつで繋ぎ、言葉では「伝わらない」を「伝わる」にするビデオ通話ツールです。リアルタイム映像を双方で見ながら、指示やサポートが受けられます。映像をポインタで指したり、騒音状況に合わせてチャット機能を選べたりと、現場に特化した機能を搭載。利用することで、人件費や移動時間を削減でき、国を超えた利用や、働き方改革促進、人材不足解消につなげられます。

将来的には、物理的に分散した多様な労働力を中央に集め、適切な時に、適切な場所に労働力を提供していくための現場版コールセンターやヘルプデスク、さらには現場力の輸出を可能とするプラットフォームの構築というビジョンを描いています。我々は、時間・空間・言語の壁を越えて、現場の知を繋いでいきます。

なぜやるのか

  • CEOの下岡は大学院を修了後、P&Gや博報堂コンサルティングで経験を積み、2017年4月、株式会社クアンドを立ち上げました。
  • 北九州を起業の地に選んだ理由は、地元である北九州が「UPDATE THE INDUSTRY」というミッションを実現する「起点」となる地と感じたから。

【日本の現場に眠る「知」を繋ぎ、世界の「価値」へと転換する】
地域産業やレガシー産業はIT技術により大きな変革を起こせる大きな可能性を秘めています。
日本のみならず、世界中の地方産業・レガシー産業が似たような状況であり、私たちが培ってきた事業変革やIT技術の知見によりそれら産業をアップデートしていくことを目指しています。

特に、日本の現場仕事では、慢性的な技術者不足が大きな課題となっています。
これは人口減少・少子高齢化と現場へのネガティブなイメージから、若い人が業界に入ってこなくなってきていることが主な原因です。作業者を取りまとめて現場を管理する人や、技術を持つ人は高齢化し、若い人が育つこともない現状が続いているからです。

我々はそのような課題を解決し、
世界に通用する「日本の現場力」をIT技術の力を使って、世界に提供できる価値に転換していきたいと考えております。

下記のNoteにも私たちの「なぜ」が詰まっているので見ていただけると嬉しいです。
https://note.com/shimonujp/n/nee84fbc6a51a?fbclid=IwAR0E58CNbak3Sy9dCBj3MXEILnFADVZZifqQksdH9wSpSmkrzWBZ5xP8HBk

どうやっているのか

20代〜30代のメンバーが中心となって事業を推進しております。
現場主義を貫いており、現場に足を運んで顧客の声を聴きながらプロダクト開発を行っています。

【QUANDO VALUES】
◆バリュー・ファースト / 問題の本質に迫り、顧客や社会への価値を創造する
◆バックキャスティング思考 / あるべき姿から逆算して必要なものや行動を考える
◆とにかく前進 / 不格好でも、がむしゃらに前進していく
◆自由と成果 / ルールを最低限にし、スピーディーかつ創造的な仕事をして高い成果を出す
◆当事者意識 / 自ら何が必要かを考え、アクションを起こし、周りを動かしていく
◆強みの発揮 / 強み(領域)を作る、発揮する。強みを持っている人を巻きこむ

【福岡・沖縄・東京の3拠点パッケージ】
九州・沖縄・東京の3拠点にオフィスを構え、好きな時に、好きなオフィスで働ける3拠点ワーク制度を設けています。会社都合で決まった出張以外でも、オフィス間の移動にかかる交通費や宿泊費は会社が負担します(※役職や採用条件によって適応されるケースとされないケースがあります)

こんなことやります

【ポジションの概要】
既存UI・UXの改善業務をまずはお願いしたいと考えています。
プロダクトデザイナーや業務のメンバーとともに改善案を考えたうえで、
マークアップやスタイルの調整を行っていただきます。
また、ゆくゆくはUIデザインにも携わりたい方も歓迎いたします。
すべてをお一人にお任せするわけではなく、既存メンバーの
アシスタント業務をまずは行っていただきながらできるところからお任せする予定です。

【開発サービスについて】
建設業や現場仕事があるフィールドワーカーは深刻な人手不足に悩まされ、しかも現場の情報共有ツールは未だにメール、電話、FAXが主流です。
現場から連絡を受け、たった数分で終了する確認のために数十分の移動をするといった非効率なことも日常的にあります。

「SynQ Remote」では単なるビデオ通話だけでなく、ポインタや描画でわかりやすく指示したり、現場の様子を遠隔撮影してレポート作成を行ったりする機能があります。
「SynQ Maintenance」はあらゆる設備の情報をWEBシステム上で一元集約し、関係者間で効率的に情報共有できるサービスです

建設現場の働き方改革だけでなく、無用な対面や密集、移動が減らせるため新型コロナウイルス感染防止対策にも期待されています。

【必須要件】
・CSS/HTMLなどの基本的な知識や活用方法を知っている人
・エンジニアリングに興味がある人
・産業をアップデートしていくというクアンドMISSIONへの共感
・Figma、Xd、Photoshop、Illustratorなど、基本的なデザインツールを操作できる人。

【歓迎要件】
・Webサイトやプロダクトのデザイン実務経験者
・マークアップエンジニアとしての経験
・UIUXデザインの実務経験者

会社の注目のストーリー

SIerからの転職。得意であろうとなかろうと、課題解決に向けて前進あるのみ
Uターン入社後すぐにプロジェクトを担い、幅広い業務を担える人材へ成長。
最年少で最古参のテックリードエンジニアが語る!クアンドで働く理由

ポートフォリオ

エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社クアンドの会社情報
株式会社クアンド
  • 2017/04 に設立
  • 15人のメンバー
  • 福岡市中央区大名2-4-22 3階 OnRAMP内
  • 株式会社クアンドの会社情報
    マークアップエンジニア/現場系SaaSを展開する急成長福岡発スタートアップ
    株式会社クアンド