1
/
5
バックエンドエンジニア
中途
on 2021/10/28 98 views

ZOZOMAT/GLASSの計測データにまつわるバックエンドエンジニア募集

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)のメンバー もっと見る

  • 児島 弘明
    Development Director

  • エンジニアです

  • Takayuki Takagi
    計測プラットフォーム開発本部

なにをやっているのか

■「ZOZOTOWN」日本最大級のファッション通販サイト
ZOZOTOWN:https://zozo.jp/
中国版ZOZOTOWN:https://www.zozo.cn/
ZOZOTOWN PayPayモール店:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/zozo/top/

■「WEAR」日本最大級のファッションコーディネートアプリ
WEAR:https://wear.jp/

■「MS事業」ZOZOSUITで得た体型データを活用し、あなたサイズのアイテムを販売
マルチサイズ:https://zozo.jp/multisize/
ZOZOMAT:https://zozo.jp/zozomat/
ZOZOGLASS:https://zozo.jp/zozoglass/

■「ZOZOUSED」ブランド古着のファッションゾーン
ZOZOUSED:https://zozo.jp/zozoused/

■「Fulfillment by ZOZO」ZOZOTOWN出店企業の自社ECのフルフィルメント支援サービス
Fulfillment by ZOZO:https://fbz.zozo.com/

なぜやるのか

当社は、「インターネットで服は売れない」と言われていた時代に、「ネットで服を買う」という新しい価値を生み出しました。

ファッションを買うだけの場所でも、売るだけの場所でもない、ファッションを楽しむすべての人に寄り添う唯一無二の存在となり、誰もが笑顔であり続ける未来をつくっていきたいという想いがあります。

企業理念「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」の実現に向けて、日々トライ&エラーを繰り返しながら前進し、ファッションとテクノロジーの力をかけ合わせた「ソウゾウのナナメウエ」をいくやり方で時代の先端を走り続けていきます。

どうやっているのか

2018年に創業20周年を迎え、新たに「楽しく働く(Enjoy Work)」という行動指針を掲げました。

大切な人生の大半の時間を、私たちは働くことに使います。
せっかく自分の時間を費やすのであれば、その時間は楽しい方がいいはず。
時に辛い仕事があったり、楽しめない状況があったとしても、
私たちは、全てひっくるめて楽しく働ける会社でありたいと思っています。

そのために大切なのは、一人ひとりが「どうしたら楽しく働けるか」を考え、実践すること。
そうすることで全員が楽しく働く、そんな企業を目指していきます。
そして、私たちが楽しく働くことで生み出されるモノが、応援し支えてくださるすべての皆様の幸せにつながると信じています。

■「楽しく働く(Enjoy Work)」ための仕組み

1.働きやすい環境
・フルフレックス:コアタイムなし
・テレワーク:家やカフェ、コワーキングスペースなどからも業務可能
・選べるPC:Mac / Windows

2.豊富な成長支援制度
・社内勉強会(Ruby/Docker/AWSなど 多ジャンル)
・社内情報共有会(iOS/Android/フロントエンド/インフラ)
・社外勉強会
・書籍購入補助
・国内外のカンファレンス参加費全額負担 / スポンサー支援(WWDC,Google I/Oなど)
・Slack上の技術情報用オープンチャンネル
・Qiitaやテックブログ、登壇での情報発信の支援
・技術顧問制度 Ruby / Scala(DDD) / iOSなど 

3.評価制度
・評価:成果(事業への貢献)と行動(VALUEの体現)
・評価タイミング:1年に2回
・評価基準:個別に目標を設定し、達成度合いを評価

こんなことやります

【チームについて】
計測プラットフォームバックエンドチームは、ZOZOGLASS/ZOZOMAT/ZOZOSUITによって採集される計測データにまつわるバックエンド開発を担うチームです。

アプリやブラウザに対するクライアントAPIや、ZOZOTOWN内部のマイクロサービスのAPIにおいて、徹底的に低レイテンシにこだわりを持つことと、高可用性を保つことを目指しています。

また、サイズ推奨アルゴリズムを開発する海外のチームとは、英語のコミュニケーションが必須となり、業務の中で英語を活かす場面もあります。

【現状の課題と実現したいこと】
ZOZOGLASS/ZOZOMAT/ZOZOSUITから日々集まる計測データは、3Dを含む大容量データになります。
そのため、大きなデータを如何に小さく高速に扱うかを最大の課題としています。
実際に、JsonからMessagepack、そしてgRPCへとその採用技術は継続的に見直しています。
また、システムのしなやかな拡張性の維持も課題としています。
ZOZOGLASS/ZOZOMATでは、ReadとWriteを独立してスケールさせるCQRSアーキテクチャを試験的に導入していますが、今後もアーキテクチャの選定について継続的に評価していきたいと考えています。
さらに、サイズ推奨の機械学習モジュールをリアルタイムなウェブからの呼び出しの中で、如何に高速に計算させるかについても課題があります。
コードレベルからプロファイルや負荷テストをし、そのパフォーマンスの最大化を海外チームと協業をして、進めています。

【具体的な業務例】
ZOZOGLASS/ZOZOMAT/ZOZOSUITによって採集される計測データにまつわるバックエンド開発を担当していただきます。
・ZOZOGLASSの計測APIの構築/開発/運用
・ZOZOTOWNから呼び出されるマイクロサービスのAPIの構築/開発/運用
・機械学習によるサイズ推奨モジュールの構築/開発/運用

【利用技術】
・開発言語
Scala / Python

・開発手法・思想
DDD / TDD / OOP / CQRS

・ライブラリ
Akka HTTP / slick / AWS SDK for Java 2.0 / circe / ScalaPB / ScalaCache / Ficus / Kamon / Logback / ScalaTest / ScalaMock / Gatling / Flask / Boto3 / Gnicorn / pandas / TensorFlow

・AWS
Lambda / DynamoDB / RDS(Aurora) / Elasticache(Redis) / S3 / Secrets Manager

・コンテナ技術
Docker / Kubernetes

・CI/CD・監視
Datadog / CloudWatch / PagerDuty / CircleCI

【必須条件】
・Webアプリケーションの開発経験(言語不問)
・RDBMS/NoSQLの利用経験
・Linuxの基本的な操作
・Slackやメールを通した文字によるコミュニケーションが可能な英語力

【歓迎条件】
・Scalaを利用した開発経験
・ドメイン駆動設計(DDD)を前提とした開発経験
・cats/Scalazのような関数型ライブラリを利用した開発経験
・gRPCを利用した開発経験
・JVM環境の運用及びチューニングの経験
・機械学習基盤の開発経験
・AWSの利用経験
・高可用性が求められるシステムの設計・開発経験
・並列分散処理に関する基礎知識
・RDBとNoSQLが混在したシステムの設計/開発チューニング経験
・会話でのコミュニケーションが可能な英語力

【雇用形態】
正社員

【勤務地】
ご自宅、もしくは弊社オフィスでの勤務になります。

【勤務時間】
フルフレックス制

会社の注目のストーリー

【インタビュー】ありきたりなものは、つくらない。ZOZOで「自分にしかできないデザイン」を生み出すために
【TECH BLOG】Elasticsearch Learning to Rankプラグインの使い方とポイント
【TECH BLOG】OSS「Coppe」の公開 〜 BigQuery基盤のデータ監視ツールによるデータ品質担保
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)
  • 1998/05 に設立
  • 1331人のメンバー
  • 海外進出している /
  • 千葉県千葉市稲毛区緑町1-15-16
  • ZOZOMAT/GLASSの計測データにまつわるバックエンドエンジニア募集
    株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)