1
/
5
カスタマーサクセス
中途
12
エントリー
on 2021/10/27 596 views

自由な働き方で全国の公教育を支えたいカスタマーサクセス募集

ジョイズ株式会社

ジョイズ株式会社のメンバー もっと見る

  • 大学卒業後、英会話スクール講師、医学書出版社の版権ビジネスを経験。2019年ジョイズ入社。コンテンツチームで教材制作をしています。高校でアメリカ、大学でスコットランドに各1年留学経験あり。英語を学んで世界が広がる楽しさを伝えていきたいです。

  • NECグループの通信ソフトウェア会社に入社。
    法務を1年経験後、人事に異動。
    メインは若手層研修で、企画に加えて講師も担当。

    都内で八百屋を経営するスタートアップに転職。
    経営戦略室人事として、採用〜制度設計〜すべて担当。ひとり人事。
    …のかたわら、店頭販売業務にも従事。
    床に座りトウモロコシの袋詰めをしながら採用面接等、貴重な経験を積む。

    医療系アプリを開発するスタートアップに転職。
    人事メインで経理にも少し挑戦する…予定が、経理も結構経験。
    最終的には人事業務のみになり、前職に続きひとり人事。

    2018年11月、ジョイズ株式会社に人事として入社。

  • Christopher Scott
    総合教材マネージャー

  • 2013年東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻修士課程修了。
    同年、株式会社ゴーガに入社し、位置情報やGoogle Mapを用いたウェブサービスの開発に従事。
    2015年9月 株式会社ゼロスタート(現ZETA株式会社)入社。機械学習を用いたレコメンデーションシステムの開発に従事。
    2016年9月ジョイズ株式会社にジョインし、「TerraTalk」のAPIや内部向け・法人向け管理画面の開発、関連事業の統括を担当。2020年4月にCTO就任。

なにをやっているのか

英語学習サービス「TerraTalk」の開発・運営を行っています。2021年3月1日時点で、累計ID数が25万人を突破。その多くが全国の小中学校で、現在進行系で、生徒たちの学習スタイルを変革しています。

自社開発の発音解析エンジンや、教材制作ツールを軸に、現場で使いやすい多種多様な教材を制作。学校現場での指導の主軸となる検定教科書への対応も行い、先生さえその気なら、明日からすぐに活用できるサービスになっています。

外国語は、文法や語彙などの基礎知識だけではなく、自らの身体を使って音から定着させることで使えるようになっていきます。TerraTalkでは、全国のさまざまな現場で英語を話す・発話する機会を増やすことで、すべての学習者の可能性を広げています。

なぜやるのか

  • TerraTalkを活用する学級①
  • TerraTalkを活用する学級②

今後数十年に渡って人口が減り、資源もない日本において、文化的・経済的に世界と繋がっていくことは、個々人が自由や幸せを手にする上でも、日本の社会が健康的に発展していく上でも、重要なピースになっていきます。

少しずつですが、教育は変わってきています。今では、小学校3年生から英語活動が始まり、2021年からは、中学校での英語の内容も大幅に高度化。また環境面の変化として、生徒が一人一台デジタルデバイスを持ち歩く「GIGAスクール構想」が本格的に始まり、指導や生活の様々な面においてITの力を借りることができるようになりました。

ジョイズでは、こうした変化の大きい時代に対して、変化を乗りこなすための触媒になることを目指しています。いかにスムーズに、化学変化を起こしていくか。それには、IT技術を使いやすい製品に落とし込むデザインの力も、新しい技術を開発する力も、現場に入り込むコンテンツをつくるためのビジネス力も必要です。

ひとつひとつが大変ですが、変わっていく現場や、生徒の英語力を目指して、私達は日々仕事をしています。

どうやっているのか

ジョイズ株式会社では、最高の才能を集めるため、世界中から採用を行っています。社内では英語と日本語が半々で使われる環境で、多くの社員は両方を理解します。

2020年の新型コロナウイルス流行移行、基本的にリモート勤務体制に移行しました。社内のコミュニケーションではSlackの公開チャネルを多く活用しつつ、Google Drive、Quip、Monday、Front、HubSpotなどのツールを最大活用して、少人数で最大のインパクトを出すことに拘っています。

ユニークな業務推進の仕組みとして「Weekly Company Commitment」というものがあります。週1回行われる優先順位見直しの会議の中で、特に緊急度が高いものは、WCCと認定され、社内のリソースがこの課題解決に最適化されます。特徴は、WCCに必要と判断されれば、リーダーやマネジメント層も積極的にメンバーとして関わることです。

製品開発においては「仮想オンラインスクール」という仕組みがあります。これは、社内のメンバーが担当の垣根を越えて、先生または生徒として、現実のユースケースに沿って製品を使い英語を学ぶ体験をすることで、製品の課題や改善点を抽出する活動です。前例のない、最先端の製品開発を行うためには、教務・教材、デザイン、エンジニアリング、ビジネスが、全体最適で取り組むことが必要だと、ジョイズは考えています。

こんなことやります

当社として初めて、フルタイムのカスタマーサクセスを募集いたします。

カスタマーサクセス職では、TerraTalkのユーザーである塾や学校等の教育機関の教員と、それらを統括する教務本部や自治体の教育委員会の担当者に対して、利用促進や能動的な課題解決を行っていきます。

業務は主に、コミュニケーション・分析・提案の3つから成ります。

メールや電話、SNSなど、必要に応じた方法を用いてコミュニケーションを取り、多忙なお客様と良い距離感を保ちながら、生徒や教員のTerraTalk利用傾向や、ユーザー事例を集約したり、運用上の課題をひとつひとつ解決することで、TerraTalkによる英語学習の変革を成功に導くのが仕事内容です。教育現場は関係者も多く、コミュニケーションには忍耐が必要なこともありますが、それだけに運用がうまくいき、生徒の学力が伸びていった時の喜びはひとしおです。

また、お客様とのコミュニケーションの窓口として、TerraTalkの製品づくりに携わっていただくこともできます。ジョイズでは、ヒアリングやサポートを通した定性的な要望・課題の抽出と、利用傾向等のデータを用いた定量的な立証を通して、より現場と生徒に寄り添った製品づくりを行っています。お客様の課題やクレームを受け取り対処することが主務のカスタマーサポートと、今回募集するカスタマーサクセスとの、一番の違いかもしれません。

当社のメンバーは、日本語もしくは英語を母語とし、両方とも一定程度の読み書きが可能です。カスタマーサクセス職では英語力は必須ではありませんが、英語を仕事で使いたい方の期待にもお応えします。業務スタイルの面では、リモートワークを中心としています。個々人の裁量や仕事の量・バリエーションが大きいスタートアップですが、代表を含め、小さな子どもを育てながら働いている社員が多く、仕事と生活の両立には理解が深い職場でもあります。

本ポジションでは、一定の対人業務を伴う社会人経験は必要ですが、カスタマーサクセス職の経験は必須ではありません(もちろん経験があれば優遇いたします)。仕事内容を見て、自分に合いそうだと感じた方はぜひ気軽にお問い合わせください。

会社の注目のストーリー

A Look into Content Creation at Joyz
日本のデザイン文化に惹かれてジョイズにジョインしたデザイナーの話
AI×教育×ITに惹かれてジョイズにジョインした、QAエンジニアの話
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
ジョイズ株式会社
  • 2014/10 に設立
  • 15人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区三田2-14-5 フロイントゥ三田ビル810
  • 自由な働き方で全国の公教育を支えたいカスタマーサクセス募集
    ジョイズ株式会社