1
/
5
フリースクール共同経営+講師
中途
2
エントリー
on 2021/10/24 147 views

テクノロジーで創る、偏りある教育を一緒に創りたい人WANTED!!

株式会社DE-SCHOOL

株式会社DE-SCHOOLのメンバー もっと見る

  • DE-SCHOOL 代表

    2016年 4月~2017年9月
    トビタテ奨学金を得て、下記の国の教育視察
    フィリピン、シンガポール、シリコンバレー、オランダ、フィンランド

なにをやっているのか

  • DE−SCHOOLのアイコン。盾を表象したDEを扉にも見立て、その奥には学びのネットワークが広がっていることを表象しています。
  • 木を基調とした温かみある室内環境です。

DE−SCHOOLは、テクノロジーを中心とした小4 - 中3までを対象としたフリースクール(オルタナティブスクール)です。

学校に行っていないお子様や、伝統的な一斉授業型の学びが合わないお子様に向けて、テクノロジーを中心に据えた新しい学びの形態を提供しています。

生徒様は、軽度の特性(ASD, ADHD等)を持っているお子様もおられ、特定の関心ある事柄に関しては、驚くほどの知識を持っている子がたくさんいます。

私達は、彼らの個性の凸凹をいい意味での”偏り”と考え、その素晴らしい個性を活かせる学びを創っています。

なぜやるのか

  • 映像編集、手芸、マイクラ、Unity, ロボット, 電子工作など多種多様なものをサポートします。
  • 理科の実験や、基礎学習のサポートも適宜行っています。

私達が実現したいことは、”テクノロジーを活かして、探究型の学びを中心に、個性に溢れたお子様の可能性を広げること”です。

私達は、ただ学校教育に合わないという理由だけで、学習の機会を得られていない子どもたちがいるこの状況に違和感を持っています。むしろ、彼らはそれぞれのこだわりから、最適な環境があれば彼らの可能性を広げることはいくらでも可能なお子様たちです。

私達は、彼らの可能性を活かすべく新しい学びの機会を提供し、創っています。

DE−SCHOOLは少数精鋭のチームです。
それぞれがそれぞれの分野の”好き”が溢れている人が集まっており、ものづくりや、ゲーム作成、プログラミングが好きでたまらないスタッフ、世界を飛び回っているスタッフ等、勉めて強いる”勉強”でなく、ワクワクした”学び”が好きな人が集まり、DE−SCHOOLの学びを創っています。

どうやっているのか

DE-SCHOOLの大きな特徴は、3つあります。
-------------------------------------------
① テクノロジーで、学ぶ。テクノロジーを、学ぶ。
② 人とモノと学びに出会う
③ 世界が、生活に
です。
-------------------------------------------
それぞれ、詳細に具体的状況を、説明致します。

① テクノロジーで、学ぶ。テクノロジーを、学ぶ
-----------------------------------------------------------
この特徴を実現するために、DE-SCHOOL教室内に、電子工作のデバイス、VRデバイス、EV3(レゴのロボット)、3Dプリンター、映像編集、マインクラフト、モデリングなど多種多様なデバイスやソフトウェア溢れる設計となっており、生徒はそれらを自由に使い、講師のサポートを受けながら学ぶことができる空間設計となっております。
また、テクノロジーで学ぶ、という点では、生徒たちはプレゼンテーション用ソフトやドキュメントソフトを使いこなし、学んだことをアウトプットすることで学んでいたりします。

こういった話をすると、なぜ、フリースクール/オルタナティブスクールというだけでなく、テクノロジーを重視しているのか?とご質問頂くことがあります。
ご説明致しますと、私達がテクノロジーを用いる理由は、主に、3つあります。

1つ目は、私達がテクノロジーを好きだから:
何よりも関わっている人の好きが溢れている、ということは教育において何よりも重要であると私達は考えています。

その”好き”という講師の感情が表現されることにより、生徒たちがなんらか影響を受けて、「何かすごい楽しそうだし、ちょっとやってみるかー」となるような、好きの感情の伝播を意図しています。

2つ目は、AIドリブンな社会において、テクノロジーに慣れ親しむことは誰にとっても極めて重要だから:
これからAIをベースにした世界観において、今も既にですが、テクノロジーに慣れ親しむことは重要であると考えているからです。

そのため、よりテクノロジーが日常に入りこみ、それらを身近に感じられるような設計をしています。

3つ目は、テクノロジーが自己効力感、自己肯定感を育む優良な手段となると考えているから:
スクラッチ(ビジュアルでプログラミングできるツール)でキャラクターの動きを自分でつけて、それを動かす。それを組み合わせることで、ゲームや、アニメーションなどを様々な自己表現をし、自分で作り上げて、”できた!”体験を経る。自分が考え、3Dデザインした物を、3Dプリンターに取り込み、自分が創造したものをこの現実世界に創りだす体験を経る。

そんな体験が、彼ら/彼女らの「なにか自分にもできるかもしれない!」という感覚を少しずつ養うものになると私達は考えています。

②人とモノと学びに出会う
-----------------------------------------------------------
この特徴を実現するために、DE-SCHOOLでは、多様な個性のある、好きが溢れるスタッフと、多様なお子様の学びの機会になるようなデバイスを配置しています。

なぜなら、講師から溢れる”好き”の雰囲気が他のお子様への学びのきっかけを創り出すことができると考えているからです。
また、VRデバイスや、ロボット、電子工作の機器など、多様なデバイスによって、学びのきっかけとなり、お子様の学びを広げる一つの機会となります。

また、多様なゲスト講師の方をお呼びし、子どもたちの学びの種を作るきっかけとしています。

③世界が、生活に
-----------------------------------------------------------
この特徴を実現するために、世界に親和性のある講師陣、また、世界をより感じられる空間づくりを意図しています。

DE-SCHOOLには、世界の様々な事情に関して共有することが可能な講師がいます。また、多様な団体様との協力により、お子様が世界の事情において、より親和性をもって感じられる空間づくりを行っています。
※応募にあたって、海外経験は必須の要件ではありません。

こんなことやります

偏りを活かせる教育(学び舎)を一緒に創っていくことができる方を募集しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎業務内容
・生徒様の学びのサポート全般
1) 映像編集・画像編集、手芸(特に女性の場合、アクセサリー作り等)のサポート ※こちら猛烈募集
2) テクノロジーに関する様々なサポート(マインクラフト、Unity、スクラッチ、3Dモデリング/プリンティング、電子工作、パワポ、スプレッドシート、ドキュメントの作成ほか)
3) 英語、算数・数学、理科、社会などの偶発的学びの促進と探究のサポート

他、既存教室の運営や新規の教室開設に向けて、学びの設計や実施、経理や経営など、全体的な運営業務なども含む。

※当然ながら、上記、すべてを網羅している必要はありません。
※特に現在、テクノロジー関連に素養のある方、映像編集・画像編集、ものづくりや手芸(特に女性の場合、アクセサリー作りなど)、英語等をサポートできる方を募集しています!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【求める人材像】
- 教育に熱意がある。常に子どもたちへのより良い環境・アプローチ等を考え続ける意志がある
- 子どもたちと関わり合うことが好き。子どもたちと自然にフランクにコミュニケーションを取ることができる
- 学ぶことが好き

◎歓迎条件
・オルタナティブな教育に興味・関心がある(伝統的な一斉授業の方式でない教育の形)
・メイカー魂をもっている
・ものづくり、アクセサリーづくり好き
・不登校経験者
・海外経験あり
・ゲーム好き マイクラ好き

【勤務地 / Location】
東西線 早稲田駅 徒歩6分/牛込柳町 徒歩 8分 東京都新宿区喜久井町20 ニシカワビル1階 DE-SCHOOL

【勤務時間 / Work Hours 】
- 週2-3日
- 週4日-5日
※有期雇用から正社員移行あり

稼働時間: 9:30〜18:30
※日によって時間の変動・残業可能性あり。お昼 12:30-13:30
※現在コロナ対応により16時にそれぞれ帰宅し、その後オンラインにて振り返りなどあり

【対象者】
社会人、フリーランス他
※1名のみ募集

全体の運営についても、ぜひ一緒に新しい学びの場を創り上げる意思のある、バイタリティに溢れた方、ご連絡お待ちしております。
※万が一、募集が停止している場合は、ウェブサイトよりお問い合わせ頂けますと幸いです。

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社DE-SCHOOL
  • 2018/06 に設立
  • 5人のメンバー
  • 東京都新宿区喜久井町20番地10 ニシカワビル1F
  • テクノロジーで創る、偏りある教育を一緒に創りたい人WANTED!!
    株式会社DE-SCHOOL