1
/
5
PM
中途
4
エントリー
on 2021/10/22 111 views

急成長ウェルネスサービスの1人目のPMとして、活躍しよう!

CARE

CAREのメンバー もっと見る

  • Designer👨🏻‍💻
    ・CARE Inc. CEO
    ・Timers Inc. Founder (ex-CEO)

  • エンジニア

  • 大工(高校在学中)→リクルート →コンサル→スタートアップ
    という胡散臭い経歴ですが、真面目に仕事をしております。

  • 【現在の担当業務】
    ・飲食店向け業務支援商品の立ち上げプロジェクトのリーダー
     ┗iOSアプリのプロダクト開発の企画、要件定義
     ┗商品展開ロードマップの作成
     ┗営業行動の設計(営業との協働)
     ※協働メンバーのマネジメント

    【過去担当業務】
    ・外部ベンダーとの業務立ち上げ
     ┗ハードウェアの発送業務の設計・立ち上げ
     ┗コールセンターの設計、立ち上げ
     ※ベンダマネジメント、メンバーマネジメント経験あり

    ・ウェブメディア(オウンどメディア)のwebディレクター
     ┗案件立案、要件定義〜概要設計を担当

なにをやっているのか

世界中で盛り上がる、ウェルネス領域の体験をデザインする会社です。

テクノロジーとデザインを活用して、新規事業を立ち上げ、急成長中。アプリやサービス、D2Cなど、様々な体験を提供していきます。

なぜやるのか

ウェルネスとは、「健康を身体の側面だけでなく、より広義に総合的に捉えた概念」のことです。そして、健康の定義が、"Health"からその"Wellness"に変化しています。

病気や症状が出てからではなく、日常からココロとカラダをケアし、健康に対して前向きなアクションを行うことへの意味を、世の中が感じ始めているということです。

本当に健康になるのか、痩せるのか、など直接的な効能だけが語られる世界から、まずは1歩踏み出し、少しでいいから理想に近づき、日々の意識と習慣が変わることに意味があり、その体験が求められています。

マインドフルネスや、スリープテック、ファスティングなど、様々な領域から新しい体験が生まれ、ここから更に大きな盛り上がりをみせると感じています。

CAREでは自分のココロやカラダをケアする、良質な体験をデザインしていきます。

どうやっているのか

デザインとテクノロジーを活用することで、より独自の体験を提供していきます。

デザイン
現在のウェルネス領域では、より1世代前のクリエイティブが多用され、薬事法を無視する業者の乱立、それによるフェイク広告問題など、様々な負を生み出しました。本来意味のある内容も、信頼性に足らず認知・活用されていない部分が多くあり、ココロとカラダに適切なケアを行いたい人が何を選んだらいいのかわからない状況になっています。CAREでは、現代にあったデザインで、ウェルネス領域の商品・サービスを提供し、本当に意味のあることをクリーンに提供していきます。

テクノロジー
仕組みの部分においても、スマホが普及した現代だからこそできる、新しい体験なども生まれるはずです。チャット活用やデバイスの普及、各種プラットフォームが提供するヘルスケア機能の充実など、その可能性はどんどん広がっていきます。7年間アプリビジネス経験を活かし、様々なテクノロジーを適切に活用して、従来型の企業にはできないアプローチで顧客体験を作っていきます。

こんなことやります

ステルスで急成長中のウェルネスサービス
オンラインのウェルネスサービスを提供しています。ステルスで運営している関係上、事業の詳細は面談通過された方にお伝えさせていただきます。

システム投資で、リッチなオンライン体験を実現
高価格サービスをオンラインで提供しているため、それを成立させるリッチな体験が求められています。今後よりシステム投資を大きくし、他社が追随できないような体験を提供していきます。

PM採用で、そのシステム投資を最大化
よりよい体験を提供するために、PMは重要な役割を果たします。社内エンジニアやビジネスメンバーをコミュニケーションをとりながら、理想とするUXを開発に落としていく役割を担っていただきます。短期的なKPI達成のみならず、中長期的なプロダクトビジョン実現に向けた体験開発など、1人目のPMとして幅広く開発関連業務をおまかせします。

エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
CARE
  • 2019/06 に設立
  • 2人のメンバー
  • 東京都渋谷区桜ヶ丘4-17 Portal apartment & art point 205
  • 急成長ウェルネスサービスの1人目のPMとして、活躍しよう!
    CARE