1
/
5
サーバーレス開発エンジニア
中途
1
エントリー
on 2021/10/27 60 views

サーバーレス開発を担うクラウド特化のエンジニア募集|大規模インフラ環境

株式会社サーバーワークス

株式会社サーバーワークスのメンバー もっと見る

  • 木次 恭一
    エンジニア

  • 森 大樹

  • 水垣岳志
    エンジニア

  • 学生時代は1年間和歌山に休学して半田舎体験・半町おこしに従事する生活をしていました。

    直接地方に移住しようと迷った時期もありますが、色々あり、当時興味があったAWSの領域で最先端を走っていた株式会社サーバーワークス に2016年に入社しました(今も二地域居住やIターンへの興味は強いです)

    以来、入社2年目から東証一部企業のインフラ設計を一から任せてもらったり、ベンチャーの金融会社のクラウド環境改善の主担当に据えてもらったりしてIT未経験からメキメキ成長させてもらえる環境を与えてもらいました。インフラエンジニア業務の他、プロジェクトマネジメントにも従事してきました。

    4年目からコテコ...

なにをやっているのか

  • AWS(Amazon Web Services)に特化したインテグレーション事業とサービスの提供を行っている、クラウドインテグレーターです。
  • 2009年より、AWSに特化したインテグレーション事業を開始。2014年から継続して、AWSの最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」の認定を受けています。

―クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく―
という私たちのビジョンを実現すべく、以下3本を軸にクラウド事業に取り組んでいます。
- お客さまの要望に応じたクラウドの設計・導入支援
- AWSの運用を自動化するサービス(Cloud Automator)
- 24時間365日の体制で提供するAWSのマネージドサービス

サーバーワークスはAWSに特化したクラウドインテグレーターとして、
主にエンタープライズ分野でのAWS導入やオンプレミスからの移行支援を得意とし、多くの実績を誇っています。

その他にもサーバーレスアーキテクチャによるマイクロサービス開発支援や、クラウド型仮想デスクトップ(Amazon WorkSpaces)、ボイスコンピューティング(Alexaスキル、Amazon Connect)といった比較的新しい分野の実績も数多く持っており、日々新たなチャレンジをしています。

AWSを取り扱った事例が広くメディアを通じて知れ渡り、860社、9,400を超えるAWS導入プロジェクトを支援するほどの存在へと飛躍できたのです。(2020年12月末時点)
いまでは世界で12,000社あるAWSパートナーの中から上位126社(2020年6月時点)に送られる、最上位のランクの「プレミア コンサルティング パートナー」の1社として、選ばれています。

「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」といったビジョンの実現のために、リモートワークなどはもちろん、
まずは自分たちが「はたらきやすく」なるための取り組みを実施しています。
業務システムなどもSaaSを駆使して構築しており、
インターネットさえつながればどこでも仕事ができる環境を揃えています。

今、サーバーワークスは一緒にAWSにチャレンジしてみたい、営業、プリセールス、エンジニア、プログラマの各職種を募集しています。AWSを業務でもっと使ってみたい方、AWSに特化したエンジニアが集まる環境でスキルアップしたい方、大規模案件でユーザーと直接プロジェクト推進してみたい方、AWSを使った新しいビジネスにチャレンジしたい方、ぜひご連絡ください。

なぜやるのか

  • 代表取締役 大石 良 氏 1973年 新潟市生まれ 1996年 東北大学経済学部卒業 丸紅株式会社入社後、インターネット関連ビジネスの企画・営業に従事 2000年 当社設立、代表取締役に就任
  • 2020年より、全社リモートワークへ移行しています。社内・社外含め、ミーティングは可能な限りWeb会議を利用しています。

『クラウドで、世界を、もっと、はらたきやすく』

このビジョン実現に向けて、共に成長する仲間を募集しています。サーバーワークスがなぜAWSやクラウドに夢中になり、そして何を売ろうとしているのか。答えは「時間」です。

本当に、コンピュータを自前で持つと、信じられないほどの時間を「おもり」に使うことになってしまいます。所有してしまうと、捨てる際にも多大な時間や手間がかかります。クラウドが提供するおおきな価値の一つは、「時間」です。購入する、セットアップする、「おもり」する、捨てる・・・。全部、手間と時間が掛かります。私自身、サーバーの「おもり」に時間を費やすのは、人生のあり方として耐えられないという思いです。多くの人に「人生の時間を貴重に思って頂ければ」と感じるようになりました。時間を圧縮するツールとして、クラウドがあるのです。

どうやっているのか

  • バックオフィス部門のメンバーで、AWSの認定資格保持者は10名以上!エンジニアでなくても積極的に知識を習得し、見えないところから技術部門のメンバーを支えています。

AWSには様々な機能があり、それらを組み合わせて設計すると、クオリティの高い環境を構築することができます。
高度な技術や専門知識を持った私たちAWSのエキスパートが最適なプランをお客様に提案していきます。

私たちサーバーワークスは、大きく3つのサービス

- AWS導入支援
- AWS運用自動化サービス『Cloud Automator』の開発
- MSP(運用管理)

を提供しており、これら3つのサービスを、以下の4つのチームで実現しています。

【セールス】
メンバーの大半がAWSの認定資格を所有し、AWSに関する技術的な知識をもとに、それをどのようにお客さまの環境に適用させることがベストなのか、日々考えながら営業活動に従事しています。お客さまからも「サーバーワークスの営業は技術的に明るく安心して任せられる」との声をいただいています。

【技術チーム】
要件定義から実際の設計、環境構築といった業務を行います。ミッションはクラウドの価値を十二分にお客さまに体感いただくこと。AWS上に環境を作るだけで終わりではありません。業務を進める上での「自動化」にはかなりこだわっています。どのように構築やその後のテスト、運用を自動化できるか、技術的なサービスの提供と内部のオペレーション改善を日々短いサイクルで行っています。

【マネージドサービス】
サーバーワークスは、札幌にSky365という24時間365日のサポートを実現するための運用子会社を持っています。Sky365と連携し、お客様からの高度なお問い合わせに対応したり、サポート業務の効率化・省力化を図っていくことが業務です。

【サービス開発チーム】
AWSの運用を自動化する自社のWebサービス『Cloud Automator』を開発するチームです。Webアプリの実体はRails on RailアプリケーションをHerokuで運用しており、バックエンドの仕組みはわたしたちが得意なAWSで動かしております。開発はもちろんですが、お客様がどのようなことに困っていて、どんな機能を追加していくかべきかといった議論から参加していただけますので、大変やりがいがある仕事です。

それぞれの分野に強みを持つ個性豊かなメンバーと一緒に、最新のクラウド技術に触れて自分の技術も磨きつつ、
お客さまとの関係も作っていく。そんな「未来をつくる」ことができる職場環境です。

<社内の雰囲気>
◆公式チャンネルでエンジニアが情報発信
公式のYouTubeチャンネルを開設しました。このチャンネルでは、以下のことをお伝えしています。
・エンジニアによる最新アップデート情報解説
・AWSサービスの解説、紹介動画
・サーバーワークス関連ニュースのご紹介
・自社開発ツール「Cloud Automator」利用方法解説

https://www.youtube.com/watch?v=5ELt1fuPpLU

◆エンジニアブログを公開
最先端の技術・スキルを持ったエンジニアが書いたブログを公開しています。2009年2月に開設し、今日まで継続中。知識やタレントの共有を惜しみません。

サーバーワークス エンジニアブログ
https://www.serverworks.co.jp/blog/

◆はたらきかたの社内実験メディア「サバワク」
社内の仕組みや働く社員にフォーカスしたメディアを運営しています。最近では、テレワークで働くメンバーのデスク周り紹介や、育休を取得した男性社員の体験談などを掲載しています。

【私のデスクを公開】テレワーク率90%超の会社ではたらくメンバーのデスクまわり&おすすめアイテム紹介 part7 https://sabawaku.serverworks.co.jp/entry/remote-working-styles-matsui

育休を取得した男性社員の体験談
https://sabawaku.serverworks.co.jp/entry/experiences__of_childcare_leave

こんなことやります

【MISSION】
私達の仕事は、主にAWSなどのクラウドを使って、お客様の情報システムのインフラを構築・運用することです。その際、

・同じシステム環境(サーバや仮想デスクトップ環境)を複数作成する
・クラウドインフラの変更・運用を自動化する
・災害時に別のリージョンに素早く同じ環境を復元する

ということが要件として求められることが多くなってきています。

AWSをはじめとするクラウドサービスの多くでは、インフラ環境をAPI経由で操作する仕組みがあり、これを利用することで上記の要件をクリアすることができます。またこの仕組を使うことで、下記のように自分達の業務効率化にも役立てることが可能です。

・プログラムを使って素早くインフラ構築作業を行い、案件にかかる工数を削減する
・手作業によるヒューマンエラーを減らす
・構築したインフラ環境のテスト(正しい状態に設定されているか)をプログラムから行う
・OSやミドルウェアの設定などの状態をコード化することで構成管理・変更管理を容易にする
・すでに稼働している環境からシステムの構成情報を取得し、インフラ構成をドキュメント化する

いままで手順書を見ながら作業で行ってきたインフラ構築をコード化し効率化できるので、お客様・我々の業務双方にとってメリットが多いのです。
まさに「Infrastructure as Code」という考え方に基づいた業務内容だと言えます。

【仕事概要】
・AWSをつかったアプリケーションの実装、サーバーレス開発
・PaaS、SaaSを利用したメンテナンスコストの最適化

【必須スキル】
◎プログラム開発経験(Node.js/Python/Java等) 3年以上
◎AWSサービス/Azureサービス/GCPサービスのいずれかを利用した開発の経験(いずれか1つでも可)

※上記に該当しない場合でも、AWSを利用したサーバレス開発にチャレンジするために現在取り組んでいることがあれば応募書類に記載の上、ご応募ください。

【歓迎スキル】
・いずれかのAWS認定資格を保持している(1つでも可)
 Solutions Architect Associate/Solutions Architect Professional
 SysOps Administrator Associate/Developer Associate
 DevOps Engineer Professional
・RDBMS(MySQL、PostgreSQL、Oracle、SQL Serverなど)の利用経験
・LinuxやWindows Serverなどのサーバーの構築経験
・ネットワークの基本的な理解(TCP/IPについての知識や、DNS、HTTPなどのプロトコルに関する知識)
・お客様との折衝経験
・AWS、AzureなどのIaaS利用経験

【求める人物像】
・AWSだけではなく幅広い技術に興味を持てる人 (他のクラウド、サービス・ミドルウェア・開発言語 etc)
・それらを組み合わせて顧客に価値を提供しようとできる人
・理想を語るだけではなく、自ら行動する人
・イメージしたものをすぐに形にでき、それを他のメンバーと共有し、フィードバックをもらいながらゴールまで軌道修正していける人
・What/Howだけでなく、Whyを考えることができる人
・変化を楽しめる人
・新しい働き方に一緒にチャレンジしていける人

会社の注目のストーリー

100人超のオンライン朝会がフツーって、普通じゃない。
入社約半年の文系出身が、AWSアソシエイト3種類を取得できたので体験談共有します
【社長ブログ】働き方改革 < 関係性改革
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社サーバーワークス
  • 2000/02 に設立
  • 161人のメンバー
  • 海外進出している /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 新宿区揚場町1-21 飯田橋升本ビル2F
  • サーバーレス開発を担うクラウド特化のエンジニア募集|大規模インフラ環境
    株式会社サーバーワークス