1
/
5
ディレクター
中途
7
エントリー
on 2021/10/18 148 views

映像を使ったイノベーションに興味のある方探してます!

ClipLine株式会社

ClipLine株式会社のメンバー もっと見る

  • コンテンツ&コミュニケーション部で映像ディレクターをしています。

    早稲田大学文学部演劇映像コース演劇系卒業。早稲田大学大学院文学研究科演劇映像学専修西洋演劇ゼミ修了。
    大学、大学院時代は演劇の学術的な理解を深めるとともに、演出家・演出助手として数々の作品作りの現場に臨む。座学と実学の融合を目指す。
    NHK Eテレ『大科学実験』『ノージーのひらめき工房』にて制作進行を担当。
    ClipLine株式会社にて、吉野家、ケンタッキーをはじめとしたクライアントの採用映像、理念映像、教育映像を多数ディレクションする。

  • 大学では脳神経音楽を専攻。
    大学在学中からダブルスクールでAI,PS,AEを習得。
    2019年1月からClipLine株式会社に入社。
    コンテンツコミュニケーション部を経てPR部に所属。
    インタビュー映像の制作やnoteの運営を担当。
    映像制作については関連づけているリンクよりご覧ください!

  • 映像制作を基礎からしっかり学びたいと思い、高校卒業後にカリフォルニアに留学しました。授業では脚本の構成からロケーション探し、スタジオ撮影、そしてポストプロダクションまで一通りの映像制作を短編映画を製作しながら学びました。
     まず一番初めに感じたことは、とにかく好奇心を忘れず挑戦をやめないことが映画製作において最も重要だということです。実際、映画制作では様々な問題が起こりました。そこで諦めず、解決法や他の方法を模索することを決してやめませんでした。
     そして最も重要なことが作品を好きになること、手伝ってくれているスタッフが作品を好きになってくれるように努めることです。現場の雰囲気やスタッフ...

  • 金地 雅明
    その他

なにをやっているのか

  • 動画を活用したクラウドOJTシステム
  • 多店舗展開の課題を解決

サービス産業の生産性を双方向動画で改善するOJT変革システム「ClipLine(クリップライン)」を提供しています。ClipLineは、店舗運営やサービス提供に必要な「知識」「技術」「情報」などを数秒~数分の短尺動画(Clip)として蓄積し、タブレットやスマートフォンを使って本部と現場で双方向にやりとりすることのできるサービスマネジメントプラットフォームです。

OJTを1対1ではなく、1対多人数へ拡張し、24時間いつでもどこでも新人がひとりでトレーニングできる環境を構築できるほか、遠隔での店舗マネジメント、本部から現場へのスピーディーで確実な伝達、現場の優れたナレッジの横展開など、多店舗展開をするサービス産業の生産性向上につながるような仕組みづくりに取り組んでいます。

多店舗展開をするサービス産業は多岐にわたりますが、ClipLineは外食・小売企業の導入から始まり、現在では介護福祉・薬局・美容など幅広いサービス分野で活用されるようになりました。

私たちは、システムの提供にとどまらず、コンサルティング、映像制作、カスタマーサクセスといった総合支援体制で、お客様と伴走しながらサービス産業のさまざまな課題を解決することを目指しています。

[ClipLine┃サービスサイト] https://clipline.com/service/
[ClipLine┃コーポレートサイト] https://corp.clipline.com/

★ClipLineの導入企業例(順不同・敬称略)
・株式会社吉野家
・クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社
・株式会社オオゼキ
・株式会社三井住友銀行
・大東建託リーシング株式会社
・SOMPOケア株式会社
・株式会社白洋舍
・第一貨物株式会社
・株式会社IDOM
・株式会社髙島屋

なぜやるのか

日本ではサービス業で働く人が国内GDPの約7割を占めていますが、少子高齢化で慢性的な人材不足にあり、今後はますます厳しい状況になると考えられます。

このような時代にあって、サービスの価値や品質を向上させながら生産性も上げるという一見相反することの実現がすべてのサービス産業の課題となっています。私たちはそこに、デジタルの力を生かすことができると考えています。

サービス産業の生産性を向上させる方法として、AIやロボットなど人以外への投資もありますが、サービス業には特に「人」でないとできないことがあります。そこで私たちはこの「人」を育てる仕組みをデジタルの力で改善しようと、日々、開発を進めています。

人材不足時代だからこそ、人材教育をデジタル化することで効率化を図り、人の価値を最大化していきたいというのがClipLineの思いです。

ClipLineのミッション
「できる」をふやす

私たちの存在意義
私たちは世界中で、人の手によるサービスや、人の顔が見えるサービスの現場で、「できる」をふやすプラットフォームを提供します。

私たちが目指す姿
「知っている」から「できる」へ。「できる」をサービスの品質基準にしましょう。「できる」が増えれば、はたらく人、企業とその先のお客様の幸せを最大化できるはずです。

どうやっているのか

プロダクト開発、コンサルティング、映像制作など、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。
70名程度のチームで、3つのバリューを共有しています。

大事にしていること(3つのバリュー)
・ユーザーファーストを貫こう
・考え抜いて、やり抜こう
・チームワークで解決しよう

こんなことやります

【業務内容】
主に、短尺の教育動画作成を行います。サービス業を中心に、これまでの、対面での教育(OJT)や、「紙資料を読んでおいて」とだけ言い渡すだけの教育といった、非効率な状態を脱却すべく、動画を使った教育カリキュラムを作成します。
具体的には、クライアントの課題に対して、どういったコンテンツ(ClipLineではClipと呼ぶ)を作成すれば良いのかを伴走しながら立案したり、Clip制作の段取りを整えたり、どのようなClipのアウトプットが適しているのかを考えたり(演出をつける)、撮影進行や動画編集を実施していきます。
また、自社でClip制作を行うだけではなく、ClipLineユーザーであるお客様自身がClipを制作できるようにレクチャーを行います。そして、お客様の中でClipがつくれる人を増やしていくといったミッションを掲げています。撮影レクチャーや、編集レクチャーを実施する上で、お客様の環境やツールに合わせたレクチャーを実施するため、幅広い知識を身に付けることが可能です。
そのほかにも、複数社でご利用いただけるClipLine標準コンテンツ(過去に、食品衛生管理や、日本で働く外国人の方の支援コンテンツなど)の作成や、PR映像の作成なども実績があります。
上記のように、コンテンツ制作を中心とした業務となりますが、それ以外にも、どういったお客様がどういったClipをたくさん見ているかを調べるためのモニタリング活動や、そこから得た知見をもとにレポートを作成し、ユーザー同士が好事例を共有しあえるような仕組みづくりも実施しております。
業務内容は多岐に渡りますが、それぞれの得意分野が伸ばせられるようにチームを編成し、業務にあたりますのでご安心ください。
 
【ポジションの魅力・セールスポイント】
人手不足が加速する昨今、最も苛烈な環境変化で成長を求められるサービス業の課題解決と成長の実現を支援するのが私たちの役割です。
社内には映像制作、プロダクト開発、経営コンサルタントなどの専門チームがあり、それらの異なるバックボーンのプロフェッショナル達とこれまで世の中になかったサービスを生み出していく楽しさを分かち合うことができます。
大掛かりな撮影機材や編集機材を用いた映像制作ではありませんが、誰もが手にできるiPhoneやiPadで撮影し、その動画をPremiereを用いて編集していきます。その際、現場でカメラアングルを決めたり、編集でカット編集をしたりと、自身で手を動かす機会や指示を出す機会を得られるチャンスが多く、スキルアップにつながります。
また、POV撮影のための最新機材や、5G通信技術を用いた次世代の映像制作スタイルを目指すため、果敢に新しいテクノロジーにトライできます。

【このような方、大歓迎です】
映像を使ったイノベーションに興味のある方、「映像×○○」を実践してみたい方、映像制作の民主化に興味のある方を募集します!
・ClipLineのミッション、バリューに強く共感し、社内外において体現できる方
・社内外のステークホルダーを巻き込み、プロジェクトを推進していける方
・映像を用いて、「働く現場」の課題解決に取り組んでみたい方
・企画、撮影、編集、映像制作におけるカスタマーサクセスに興味のある方
・これまでの撮影手法に捕われず、「品質、低価格、制作リードタイムの短さ」に挑戦したい方

会社の注目のストーリー

「どこでもドアを作りたい!?」業界を変える新たなチャレンジ
アポ取りだけじゃない。お客様との関係構築で事業貢献するインサイドセールスの実態
COO 金海憲男インタビュー:「常に期待以上の顧客価値を創出したい」、Energizeを身につけ、さらなる高みへ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
ClipLine株式会社
  • 2013/07 に設立
  • 68人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル7階 20号室
  • 映像を使ったイノベーションに興味のある方探してます!
    ClipLine株式会社