1
/
5
Bizオープンポジション
中途
6
エントリー
on 2021/10/20 416 views

社会課題への挑戦!物流業界の未来を描き、泥臭く実行するBizメンバー募集!

ascend株式会社

ascend株式会社のメンバー もっと見る

  • 物流DXを目指すascend株式会社の代表をしております。世の中の負を解決する、社会課題にチャレンジしたい仲間をお待ちしています!

  • 物流DXを目指すascend株式会社にて、物流業界の価値最大化にフルコミットしています。物流BI SaaS「アセンド・ロジ」のプロダクトマネジメント及びCS責任者。

  • 物流DXを目指すascend株式会社にて、物流業界の価値最大化にフルコミットしています。コーポレート業務及びCS業務に従事しております。

  • ascend株式会社にて社会課題となる物流業界の変革・改善を目指しプロダクトの開発・チームの組成をしています。

なぜやるのか

◆課題認識:社会の不公正を引き受ける物流業界
近年「物流クライシス」という言葉が頻繁に叫ばれており、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

「物流クライシス」は今後、物流供給の圧倒的な不足という形でより顕著に表れてきます。具体的な数値でいえば、2030年には物流需要に対し約35%の供給不足に陥ると予測されています。私たちの生活の変化に伴い物流需要は加し続けている一方、過当競争や労働力人口減少により物流供給は減少傾向にあるのです。

物流供給が減少している背景には、物流業界が抱える構造的な問題があります。
物流の主な担い手であるトラック運送業は99.9%が中小事業者であると共に、コモディティサービスかつアセットビジネスであるという事業の特性があります。そのため取引先である荷主企業が優位に立ちやすい構造になっています。この構造ゆえに運送事業者間の価格競争は激化し、荷主からの要求も厳しいものになり、企業として経営基盤を強化し投資体力をつけることが困難な状況にあります。結果として、運送業界は他業界よりも2割長い時間働く一方で、賃金は2割低いという現状です。

社会にとって不可欠である一方、社会の不公正を負担している業界。

それが物流業界なのです。

◆ビジョン:日本経済の血管である“物流業界の価値最大化”を通じ、日本の産業競争力を再興する
私たちは物流業界を日本経済の血管であると位置づけています。
物流業界の課題を解決し未来を創ることは、重大な社会課題に挑戦することであり、日本の産業競争力を再興することに繋がると信じています。

私たちは物流業界の構造的な課題を見据え、10歩先の未来を描きます。
一方で、構造的な課題に繋がる現場の課題を特定し、1歩先を示すことで運送事業者とともに未来に向けた歩みを進めていきます。

※起業の経緯と業界への想いについて、代表日下のインタビュー記事が公開されています!ぜひご一読ください!
https://media.samurai-incubate.asia/n/n38756a7efe11

会社の注目のストーリー

自分たちの手で、10年後のスタンダードになるプロダクトを仕掛けにいく。元コンサルの物流業界への挑戦
新しい技術も古きよきものも愛するアセンド、昭和風の社員旅行へ。来年の抱負も公開!
心の栄養も一緒に補給できる。アセンド食堂でお待ちしています。
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
ascend株式会社
  • 2020/03 に設立
  • 14人のメンバー
  • 東京都新宿区市谷田町2-38-3 シティ市ヶ谷502
  • 社会課題への挑戦!物流業界の未来を描き、泥臭く実行するBizメンバー募集!
    ascend株式会社