1
/
5
フロントエンドエンジニア
中途
1
エントリー
on 2021/10/10 74 views

Gatsby/ユーザー拡大中!マーケティングにも興味のあるエンジニア募集!

株式会社Handii(paild)

株式会社Handii(paild)のメンバー もっと見る

  • 東京大学大学院 修士了
    物質科学 専攻
    2011年 JPモルガン証券投資銀行部 入社
    国内外のテック企業を中心にM&Aや
    資金調達のアドバイス業務に従事。
    2017年8月に株式会社Handiiを創業

  • 高校時代から数学に興味があり、大学・大学院では数学を専攻しグラフ理論で修士号を取得。大学院卒業後、銀行にクオンツとして就職し、確率微分方程式を用いたデリバティブのプライシングモデルの構築・プログラミングに従事。現在は、銀行を辞めHandiiのCTOを務めている。

  • 平均年齢を上げる側の人間になっていることに以前はショックを受けていましたが、最近は徐々に開き直ってきました。ベンチャー企業らしさが失われるとわかっていてもビジネス上、自分だけはどうしてもスーツを着たいという点が譲れない人間です。

  • JPモルガン証券監査部、グリー株式会社法務部コンプライアンスチーム、株式会社Gunosy内部監査室、広報室を経て2018年、FinTechスタートアップである株式会社Handiiへ。

    ==

    国内で初めてのタイプの法人向けウォレットサービスpaild(ペイルド)のセールス、マーケティング、CSを含めたビジネス部門の立ち上げを担当しています!
    https://www.wantedly.com/projects/368217#all-mutual-friends
    一緒に突破していくチームを作りたいと思っています。ぜひお気軽に「話をきく」ボタンまたはDM等で話しかけていただければ幸いです!
    ...

なにをやっているのか

  • TechCrunch Tokyo 2019ファイナリスト
  • 法人カードを何枚でも発行できるウォレットサービス「 paild(ペイルド)」を運用しています。

私たちHandiiは、法人カードを管理画面上からいつでも何枚でもワンクリックで発行できる、法人向けウォレットサービス「paild(ペイルド)」の開発・運営しております。

paildは、ありがたいことに多方面から高い評価と期待をいただきながら、法人カードを切り口として「法人決済領域」のゲームチェンジャーになるべく、日々邁進しています。

ここからさらにスピード感をあげて、企業のDXを推進すべく開発及び改善に力を入れていきます!

■paildサービスページ
https://www.paild.io/

なぜやるのか

現在のpaildが存在する理由は2つあります。
◆ 1.法人カード発行に伴うペインを解消すること
法人がクレジットカードを作るためには幾つかのハードルがあります。我々も創業時、法人カードを作ることができませんでした。
paildのもつ「枚数無制限でその場で発行できる」という特徴により、まずはこれらのペインを解消していきたいと考えています。

◆ 2.法人カードを切り口として経費精算領域をアップデートしていくこと
paildは、会社と従業員双方にとって手間となる「経費精算」を圧倒的に効率化できる可能性を秘めています。
経費の事前申請、仮払い、実費精算といった多くの面倒ごとを、paildのもつ「カードごとの利用限度額をその場で設定できる」という特徴によって解決していきます。

◇ paildのその先
私たちにとって、paildは入り口にすぎません。
遵法精神とドライブ感の融合で、法人カード領域を皮切りに新しい金融を切り拓いていきます!

どうやっているのか

paildリリースから1年半、創業者の想いに共感してくれた仲間たちと共にサービスを作ってきました。

制度や仕組みを一から考え、高いセキュリティと信頼性の要求やコンプライアンス意識にも応えながら、サービスに磨きをかけ続ける日々。
そんな状況を、様々なスキルやバックグラウンドを持つ素敵なメンバーと共に、日々試行錯誤しながら本気で取り組んでいます。
まだまだ小さなチームということもあり、制度面やチームの運用面も改善を続ける毎日です。

金融領域のど真ん中、自分の手でお金のユーザー体験をかえていく!という我々の事業の醍醐味に共感いただけるかたと一緒に働けることを非常に楽しみにしております!

こんなことやります

今、paildは勢いある利用者拡大フェーズにあります。
2020年8月の正式ローンチから1年、ついに先日利用社数1,000社突破を発表することができました!!
順調な利用者拡大とも言えますが、さらなるグロースを目指し、
もっともっとたくさんの企業様に認知いただき、利用していただきたい!と考えています。

弊社のLPはgatsby.js+contentfulでSSGにより生成され、Google Analyticsはもちろん、Google OptimizeなどのGoogleのマーケティングsuiteや、裏にはCRMも連携しているような構成となっています。
これらがうまく協調している中で、マーケターと一緒に様々な仮説をたて、それらを検証するためのアイデアを実装していくことが必要です。

本ポジションは、開発に軸足を起きつつ、弊社の魅力をマーケットに伝えていくための様々な施策を実施するメンバーを募集するものです。
マーケティングにも興味があるエンジニアの方、一緒に道を切り拓いてくれませんか?

■ 開発環境
<言語・FW・Lib>
TypeScript/React, Redux, redux-saga
Elm
Rust/actix-web, diesel
Scala/Play2, scalikejdbc
Python3
Go
<インフラ>
AWS/ALB, CloudWatch, CloudFormation, CloudFront, EC2, ECS, Fargagte, RDS, S3, SQS etc...
OS/Linux.Windows Server
IaC/Terraform, Ansible
Auth0
SendGrid
<ツール・SaaS>
GitHub, ZenHub, CircleCI, Slack, esa, Datadog, Sentry, Swagger

■ 必須要件
・Reactに関連する実務経験ないし、相当するスキル
・LPに関連する運用の実務経験ないし、相当するスキル

■ 歓迎要件
・Reactに関連する実務経験ないし、相当するスキル
・LPに関連する運用の実務経験ないし、相当するスキル

■このポジションの魅力
この手の取り組みはマーケターがCMSなどを使ってすすめ、そのうちメンテできなくなってしまう…という道を辿るケースも多いと思いますが、
弊社では最初からきちんと技術的なリソースを投資し、継続的な改善を目指すため、このポジションが必要です!
弊社ではアプリもReactで開発しており、paildのフロントエンド開発にもコミットしていただく想定ですので、ランディングからの一貫したユーザー体験設計に携わることができます。
また他ポジションへのチャレンジも歓迎です。やりたいことがやれるという面白さもあります。

会社の注目のストーリー

お客さまとサービスを繋ぐ|プロダクトマネージャー中山さんインタビュー
Elm・Rust・Scala。技術や領域を横断して活躍できるHandii開発チームの"尖り方"|エンジニア路川さんインタビュー
Handiiのマルチタスカー|セールス&マーケティング部 山村漠さんインタビュー
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社Handii(paild)
  • 2017/08 に設立
  • 20人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区日本橋兜町5番1号 兜町第一平和ビルB1F
  • Gatsby/ユーザー拡大中!マーケティングにも興味のあるエンジニア募集!
    株式会社Handii(paild)