1
/
5
テックリード
中途
on 2021/09/28 215 views

自社プロダクトを通じて最高の顧客体験を届けたいテックリード募集!

株式会社iCARE

株式会社iCAREのメンバー もっと見る

  • 2021年3月より株式会社iCAREに参画。同年5月より現職。
    20年以上に渡るシステム開発の経験と黎明期からweb業界に浸っていた体験をベースに、良いプロダクトを作ろうと日々奔走しています。

  • 2020年7月よりVPoE。
    https://www.icare.jpn.com/news/20200713/
    早稲田大学卒業後、高齢者介護の仕事をするも、その後開発者に転身。
    Perlプログラミングから始まり、PHP、Java、JavaScript、Linux、AWS管理等幅広い業務経験があります。
    現在はRubyOnRailsを中心にフロントエンドからバックエンドまで幅広くシステム業務の対応をしています。

  • 大阪大学で情報科学を学んだ後、教員となりました。現在はエンジニアとして社会に貢献したいと考えWeb開発を学習しています。教師の業務を改善したいと思い「席替えメーカー」を個人開発し、現場で働く多くの教師の元へ実際にサービスを届けメディアにも掲載していただきました。

    ■略歴
    ・コンピュータの学習を学ぶことで人間の学習に活かせることがあるのではないかと考え、大阪大学で情報科学を専攻する。
    ・自分の生きる姿勢を通して心に一生残り続けるような良い影響を人に与えたいと考え、教師になる。
    ・心から尊敬できる現場の教師の方たちは絶対にこんなに苦しむべきではないと強く感じ、外の世界から教育に携わる人の力...

  • Sunte Ha
    Web エンジニア

なにをやっているのか

  • Carelyを開発しているDevチーム。カンパニーケアをテクノロジーの力で効率的に!
  • 事業拡大に伴い、2021年3月1日に恵比寿の新オフィスに移転しました!ワンフロアで綺麗なオフィスです。

【Purpose 私たちが実現したい世界】
「働くひとの健康を世界中に創る」

健康を創ることはカンタンではありません。
iCAREは、2つのケアを組み合わせることでこのビジョンを実現します。

1つめは、働く組織が従業員の健康を創るカンパニーケア。
2つめは、働くひとが自ら健康を創るセルフケア。

働くひとがセルフケアを行動に起こすためには、その前にカンパニーケアの整備が必要です。
これら2つのケアによってはじめて健康を創ることが出来るのです。

【Mission パーパス実現への道筋】
「カンパニーケアの常識を変える」
カンパニーケアについて、多くの企業が誤解しています。たとえば、

1. 健康管理(従業員の健康に配慮する法定業務)は複雑。
2. 健康に関することは専門家(医師や保健師)に任せっぱなし。
3. 企業が健康を守ったところで働くひとの健康は改善しない。

このような間違った常識を、本来あるべき常識に変えるために
iCAREは健康管理システムCarelyを世に広めています。

https://www.carely.jp/

なぜやるのか

  • 英語力を上げるため、有志での部活動も発足しました。福利厚生として会社が英語学習に関わる費用の負担もしています
  • 隔週行われるCxO Open Hourでは、メンバーからの素朴な疑問や経営課題への疑問など、幅広い質問に対しCxO陣が真剣に回答をしています

【ブランド・ポジショニング・ステートメント】

健康管理システムCarely(ケアリィ)は、人事・労務を中心に従業員・経営者・医療機関の間で発生するアナログで可視化されづらい健康管理業務を簡素化し、大幅な工数削減を実現する使いやすくカジュアルなシステムとして評価されてきました。

これは多数の専門家の知見を活かし、顧客企業のもとへ足を運びヒアリングした実務の課題を毎週のようにシステムに反映しつつ、手厚い成功支援や各種ソリューションを提供することで実現しています。

今後は蓄積された健康データに基づいた予防措置により、働き方が多様に変わる日本の労働市場において「誠実さ×シンプルさ×安らぎ×明日への活力」というイメージを大切にしながら「働く人・組織・社会」が健康になる好循環を創造していきます。

どうやっているのか

  • オフィスでストレッチ!!オリジナルで制作した「アイケア体操」をやっています
  • iCAREランニングクラブ。不定期に有志で集まって走っています

★Credo・Valueを大切にしています
iCAREメンバーには、全員が大切にしているチームとしての行動規範があります。

■ Credo
楽しまなければプロじゃない
・自分にフタをしていないか?
・仲間に愛はあるか?
・家族に誇れるか?

■ Value
満足したらプロじゃない!
・スピードは上がらないか?
・クオリティは上がらないか?
・視座は上がらないか?

社内の雰囲気やメンバーについては、是非Twitterやnoteといった各種SNSで「iCARE」と検索してみてください。「#株式会社iCARE」というタグからも見つけられます!

iCARE Official note
https://note.icare-carely.co.jp/

こんなことやります

Carelyは多様で複雑な顧客要求に応えることで、事業を急成長させてきました。
今後、それをさらに品質向上及び拡張するためには、高い技術力に加え組織力が必要です。
テックリードはその課題に対して、主に技術面からチームをリードする役目を担います。
技術面において幅広い権限と責務を持ちつつ、要求の高い課題に取り組みリードしていただきます。

【具体的には】
開発チーム内の
・技術面での情報収集や意思決定
・レビュー等によるプログラムコードの品質維持、向上
・開発者体験の向上
・技術的負債の解消の計画、実施
・メンバーの技術サポート
・開発フロー、リリースフローの整備
・新機能の仕様作成
など

【開発フロー】
・Gitflowに沿った開発
・CIを使ったテスト、デプロイの自動化
・1〜2週間を1スプリントにしたスクラム開発
・Kibelaを使ってチーム内で情報共有しながら開発
・フロントエンドの技術顧問がいるので、技術的な問題も安心して相談できる環境

【使用技術】
サーバーサイド : Ruby on Rails
フロントエンド : Vue.js, TypeScript
データ通信形式 : GraphQL
データベース : PostgreSQL, Redis
インフラ : AWS( EC2, RDS, ElastiCache, S3, CloudFront, EKS, Lambda, Athenaなど ), Kubernetes, Terraform, Ansible
品質管理 : RSpec, Capybara, Brakeman, Rubocop, ESLint, StyleLint, BrowserStack
コミュニケーション、グループウェア : Slack, Kibela, G Suite
デザイン、プロト : Adobe XD(AtomicDesign化), Storybook
モニタリング : Datadog
エラー監視 : Sentry
その他:CircleCI, Github Actions

【所属チームとカルチャー】
開発部

・個人個人の力量を大切にするよりも、メンバーがお互いに助け合い、チームとして生産性を最大化することを心がけています。
・ペアプロ・モブプロ、勉強会、メンター制度等を通してメンバー同士が協力しあってスキルアップを図っています。
・フィーチャーチームを組むことで、フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアが協力しあって開発を進めます。
・コミュニケーションを大切にし、楽しく開発することを大切にしています。

【この仕事のやりがい】
・プロダクト、組織ともに急激に成長している過程での開発なので、開発者としてもリーダーとしても能力を存分に発揮することができます。
・働くひとの健康をつくる、メンタル不調の人を世の中から減らす、という社会的意義の大きいサービスを作ることができます。
・事業への強い共感を持ち、熱い思いを持って開発に取り組む仲間と、一体感を持って開発することができます。

【得られる経験とスキル】
・多様なスキルレベルのメンバーがおり、ともに技術やマネジメントスキルの向上をすることができます。
・レビュー、ペアプロ、勉強会等を通してメンバーのマネジメント、教育のスキルを磨く事ができます。
・ユーザーヒアリングやUI/UXのブラッシュアップを通してプロダクトをグロースさせる経験

【入社後のキャリアパス】
最初は通常の開発に取り組んでいただき、少しずつテックリードとしての役割を担っていただきます。その後はマネージャーとしてより大きな責務をお任せします。

【必須スキル】
・とにかく人が好きで事業を大きくさせたい方
・Ruby on Railsでの開発経験、もしくはVue.jsかReactでの開発経験

【歓迎スキル】
・チームビルディング、メンバー1on1などを通してメンバーのキャリア支援

【求める人物像】
・弊社のビジョンやCREDOに共感して頂ける方
・自走の意識があり、課題を探すところから自分で解決までやり切ることが好きな方

【参考情報】
・会社の情報について
https://speakerdeck.com/yotayamada/2021nian-icarefalsegui-ji-toxian-zhuang-korekaranituite
・開発/デザインチーム(メンバーブログやニュースなど詳細はこちら)
https://dev.icare.jpn.com/dev/
・iCARE Official note
https://note.icare-carely.co.jp/

まずは皆様とカジュアルにお会いさせて下さい!エントリーをお待ちしております!

会社の注目のストーリー

Carelyシステム × 専門家ユーザーで価値を最大化する
よりお客様の心に響く提案を。営業からカスタマーサクセスに転身するまでの軌跡
メガベンチャーからスタートアップへ。私の「理想のキャリア」のために、大企業を卒業することを決めた理由
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社iCARE
  • 2011/06 に設立
  • 116人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都渋谷区恵比寿1丁目23-23 恵比寿スクエア 5階
  • あなたが興味を持っていることを、株式会社iCAREの担当者に伝えます

    どれぐらい興味があるか教えてください。

    エントリーが完了しました
    エントリーが完了しました

    自社プロダクトを通じて最高の顧客体験を届けたいテックリード募集!
    株式会社iCARE