1
/
5
コーポレートマネージャー
中途
4
エントリー
on 2021/09/24 260 views

社会課題に挑む映像制作会社を、内側から支えるマネージメント職を募集!!

株式会社イグジットフィルム

株式会社イグジットフィルムのメンバー もっと見る

  • シネマ表現を軸に独自の表現で社会課題や課題当事者をハイライトした映像を制作する会社で、見習いプロデューサー兼広報としてはたらいています。

    英大学院で国際開発学修士取得。主に社会開発やエンパワメントのための、映像を媒介としたファシリテーション技法について学んでいました。

    ジャパニーズラップ・薬膳カレー・純喫茶・キャロットケーキが大好きです。

  • 映像制作、そして映像を中心とした様々なクリエイティブ・コンテンツのディレクションを行っています。
    映画の現場をキャリアのスタートにしたことから、映画的な演出や作家性を大切にし、更にドキュメンタリーの現場で培った技術により、映像制作の全ての行程をワンストップで行うことが出来ます。
    近年は映像制作の追求と共に、映像やWEB、音楽、グラフィック、写真など様々なクリエイティブコンテンツの持つ価値を企業や社会の課題解決に上手く組み込めないか、という挑戦をしています。
    クライアントや課題保持者と、クリエイティブセクターの双方が、自分事として協働できるディレクションを行うよう心掛けています。
    代表作と...

  • 現在、東京都内のインターンシップにて、日本の社会問題を題材に映像制作を行っている。

    2013年神奈川大学に入学後、地元横浜からあまり出たことがなかった自身の見聞を広めようと、一年間休学し世界一周23ヶ国をバックパッカーとして渡り歩く。

    その時、中東エリアにて多くのシリア難民に遭遇し、自分の世界情勢の無知さを目の前の難民問題から気づかされる。

    2017年再び休学し、官民協働の留学支援プロジェクトトビタテ留学Japanの6期生としてドイツにて一年間、現地の難民支援活動をインターンシップを通し学んだ。

    ドイツでのインターンシップ中、難民の起業家や難民支援団体の紹介動画を制作している過程...

  • A Japan based filmmaker.
    Graduated Columbia College Chicago, film directing major.
    Working as a director / editor in EXIT FILM inc. in Tokyo.

なにをやっているのか

  • ドラマの制作風景
  • 制作の舞台裏

イグジットフィルムでは、シネマ(映画)表現にフォーカスした映像制作を手掛けています。

シネマ風の絵作りや構成に基盤を持つ、ストーリーライティングとフィルムメイキングのプロフェッショナルが、企画から撮影、編集までの全工程をワンストップで行なっています。

ドキュメントムービーやプロモーションビデオ、映画など、多様なジャンルの映像コンテンツ制作を通じて、クライアントの課題解決や、社会課題の解決、そして自分たちの作家性の追求を目指しています。

社会課題を取り扱ったプロジェクトを大企業や行政、グローバルなチームと共に行うことが多く、少人数でこなすミニマルな作品から、沢山のスタッフ/技師と協業するようなプロジェクトまで様々です。

一方でインデペンデントの自主制作を常に平行して行っており、映像だけでなく、WEBや音楽やスチールなど様々なクリエイティブセクターの仲間達とともに協業し、国内外で多くのアワードも獲得しております。

またWEBや音楽やスチールなど様々なクリエイティブセクター、そしてテーマや課題を持った当事者の方々を繋ぐ、マルチステークホルダー・プロジェクトのファシリテートを行い、多様な価値観を持った世界観・ブランディングの構築を企画・ディレクションしております。

なぜやるのか

  • 障害者スポーツ×コンテンポラリーダンスをテーマとした作品"Wheelchair Dance"
  • 世界的に活躍する10代のダンサー二人をメインキャストに制作した「いじめ」をテーマにしたショートフィルム "Bullying and Behavior"

弊社の理想とする世界は、オリジナルの物語(ストーリー)が様々な作家によって作られ、その想い、価値観が混在する世界です。

多様化が進む世の中で、様々な人たちに寄り添える様々な作品が存在する世界。
そしてその作品の感動や絶望や喜びや気づきが、人々に行動変容を促していく。
その作品たちの中にEXIT FILMの作品も存在し、選ばれていきたいと思っております。

クライアントワーク、ショートフィルム、Web広告用のムービーなど、映像のジャンルは問いません。課題に対するソリューションとエンターテインメントを両立させた映像制作を通じて、「行動変容・社会変容の起点となる価値観の提示」を行なっていきます。

さらに私たちは、様々な立場の人と連携して制作する、コ・クリエーション型の制作アプローチを取ることが多く、境界を越えた新たな挑戦をしていくことで、クリエイティブの社会的価値を高めていきたいと考えています。

どうやっているのか

  • イグジットフィルムのオフィス
  • 工場でのPV撮影のメイキング

様々な立場の方々と協働することになります。

企画時にはクライアントの方々、制作時にはそこに実際の課題を抱える当事者の方々が加わり、撮影時には様々な技師さんたちやキャストさんたち、編集時にはミュージシャンやグラッフィッカー、アニメーターの方々、作品が出来上がるとWEBデザイナーの方々やメディア、ライターの方々と。

弊社自体はとても小さな規模の会社ですが、その周りには私たちを支えてくれる情熱的な仲間たちが沢山おります。

時には映像制作を越え、ライブイベントを作ったり、ハッカソンを開催したり、学生たちと授業を作ったり。大きな世界観を、クリエイティブ/アートに関わる人たち、地域やマイノリティーなどの課題当事者の方々、国や行政、大企業の方々、様々な人々と皆んなで作っています。

こんなことやります

映像制作は夢のある職業ですが、多忙な仕事でもあります。
特に制作スタッフは作品完成までの膨大なタスクを前に、ついつい仕事をし過ぎてしまう傾向があります。
コーポレートマネージャーに期待するのは、そんな頑張っている制作スタッフたちのタスク配分や仕事量を把握し、管理するお仕事です。
制作スタッフたちには1日のだいたいのノルマが設定されています。
それを超過しないように、誰かに仕事が偏り過ぎないように、そしてなにより全員が楽しく働けるように、各制作スタッフたちをマネージメントしていただきます。

具体的なお仕事は主に以下です。
◯各制作スタッフのタスク/進捗の把握。
◯制作スタッフの能力/キャパシティに応じたタスク分配のサポート。(各プロジェクトへの制作スタッフのアサインはプロデューサーが行います)
◯各制作スタッフの能力や個性を引き出すようなメンタルケアを含んだマネージメント。
◯採用/経理/事務などバックオフィスのサポート。

お仕事は週3回から、時短勤務もOKです。
初めてのバックオフィス採用なので、仕事量や具体的な業務内容については随時相談できればと思います。
子育て中の方や副業としてのご応募も歓迎いたします。
もちろんフルタイムでバリバリ働きたいという方もご応募ください。(その場合はマネージメントの他にバックオフィス業務も担当していただきます)
その他、不明点などについては面談の際に遠慮無く聞いてください。

会社の注目のストーリー

将来の映像クリエイターを支援する、ポートフォリオ制作ラボ『EXIT FILM ACADEMY』を始めます!
パラリンピックに向けて開催中の超ダイバーシティ芸術祭 True Colors Festivalの公式ドキュメンタリーシリーズ。最終回を公開しました!
“Dance is freedom=ダンスとは、自由そのものだ” ー障害を持った国際的なブレイクダンスクルーのパフォーマンスに焦点をあてた作品を公開 #2
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社イグジットフィルム
  • 2014/08 に設立
  • 7人のメンバー
  • 東京都千代田区神田多町2-9-12 至徳堂ビル 2F
  • 社会課題に挑む映像制作会社を、内側から支えるマネージメント職を募集!!
    株式会社イグジットフィルム