1
/
5
Webデザイナー
中途
on 2021/09/22 360 views

toB SaaS のアウトプットとブラッシュアップに高速で挑むデザイナー

株式会社プレイド

株式会社プレイドのメンバー もっと見る

  • 2006年からFICC Inc.にてブランドサイトのWebデザイン/ディレクション業務に従事した後、2014年にアプリやサービスのUXデザインを専門に行うStandard Inc.を設立。現在はCXプラットフォームKARTEを提供するプレイドでUIデザインをしています。元ケーキ職人。

    世の中のサービスが良い顧客体験になるのを支える、裏方のようなプロダクトを一緒に作っていきませんか?

  • 海外の大学にてコミュニケーション・デザインを勉強。フリーランスのグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、2012年、Co-creation 事業を主軸とする株式会社CUUSOO SYSTEM 入社。デザイン業務以外にWeb開発やコミュニティマネジャーとして複数のプリジェクトの企画・運用に従事。2015年、STYLER Inc. 入社。オンラインでの購買を促進させるため、ユーザ・コミュニケーションを軸としたサービス開発のリードを経験。

    2017年、プレイド 入社。これまでカスタマーサクセスやプロダクト改善など幅広い業務に従事。

  • 株式会社プレイドでCXプラットフォームKARTEのUIデザインを担当しています。刺激的な仲間とワクワクするビジョンを目指して日々奮闘しています!
    "人"や"体験"にとことん向き合ってプロダクトを成長させてみたい方、ぜひ気軽にお声かけください!

    学生時代に人間中心設計とブランディングを研究しながら、多数の企業でUIデザイン・UXデザインを経験し、2015年新卒でレバレジーズ株式会社に入社。エンジニア特化型Q&Aサイトteratailのリードデザイナーとしてデザインリニューアルからサイトグロースまで多くを経験する傍ら専門職の人事業務なども担当。2019年1月から株式会社プレイドに入社。

なにをやっているのか

  • データを一人の人として捉えるプロダクトです
  • 「相手を知ること」について、様々な軸でのビジュアライズに取り組んでいます

PLAIDは、オンラインにおけるユーザーの行動や感情を強烈に見える化し、人に合わせた体験を設計できる toB SaaS プロダクト、『KARTE』を開発・運営しています。
https://karte.io

そのなかでも私たちデザイナーは、活動領域を「Product Experience Design」「Customer Experience Design」の大きく2つに分けながら、事業の全過程において必要なデザインを行っています。

「Product Experience Design」の領域でプロダクト開発に参加するデザイナーは、主にKARTE管理画面の情報設計及びビジュアルデザイン全般やフロントエンド実装を担っています。「人を知り、一人ひとりに合わせた体験を提供できるようにする」ためのプロダクトとして、理想の姿が何かを考え、デザインから体験を豊かにすることに取り組んでいます。

なぜやるのか

  • サービスに携わる人々に、顧客目線という共通言語を提供します
  • エンドユーザーが笑顔になる体験を増やしていきます

■データによって人の価値を最大化する
データはあらゆる人にとって価値となるもの。私たちは従来の淡白なデータの世界を、より人が扱いやすい直感的なものにリデザインし、コミュニケーションと直接的に繋げることで、”データ”と”人”の双方の価値を最大化することができると考えています。

「インターネットで人は見えない」というあたりまえを壊し、ユーザーが目の前にいるかのように感じられるようにする。かつ、多くのツールに見られる画一的なアウトプットではなく、発想力や柔軟性のある”本当のコミュニケーション”をインターネットにもたらしたいと考えています。

■エンドユーザーのためのtoBプロダクト
KARTEは企業向けのプロダクトです。
toBと聞くと、toCに比べて無機質な”業務システム”という印象があるかもしれませんが、私たち自身はそうは思っていません。

それはKARTEを、クライアント(企業)とエンドユーザー(顧客)のコミュニケーションをより良いものへ導くための土台として考えているからです。様々な業界の企業が顧客一人ひとりの体験について考え・設計し・提供できるプロダクトづくりを通じ、世の中により良い体験を増やし続けることを目指しています。

どうやっているのか

  • 役割に関係なくサービスの未来を日々議論しています
  • オープンなオフィス環境

■固定的よりも流動的
組織を柔軟に変化できる状態に保つことは、変化に強く学習可能な組織を作ることにつながります。固定的な「肩書き」は最小限にし、流動的な「役割」を活用しています。

■目的志向
多様なアプローチで実験し続けることは、高速で学習サイクルを回すために重要であると考えています。人は100%間違うものであると認識し、目的達成のための挑戦を推奨する環境があります。

■フォーカス
チームを固定化せず、2ヶ月前後の期間ごとに「フォーカス」と呼ばれる少人数のユニットでプロジェクトに取り組んでいます。ユニットにはエンジニアやビジネスメンバーも含まれ、役割に縛られず議論する場面が多々あります。

こんなことやります

■ Product Experience Design
プロダクトの新機能開発や既存機能改善のフォーカスに参加し、要件定義・情報設計・プロトタイピング・UIおよびインタラクションデザイン全般やフロントエンド実装に関わっていただきたいと考えています。

多機能かつ膨大なデータを扱うプロダクトのため、デザインにおいて多角的な思考と最適なビジュアルに落とし込む技術力が求められますが、優秀なエンジニアが多く所属しているため発想やクリエイティブの幅を制限されることはありません。toB SaaSのアウトプットとブラッシュアップに情熱を燃やせる方は大歓迎です。

## 必須要件 (以下のうち、いずれか一つ以上に強みをお持ちの方)
- WebサービスのUIデザインやインタラクション改善の実務経験
- WebサイトまたはWebアプリケーションのCSS設計を行った経験
- HTML/CSS/JavaScriptを用いたフロントエンド実装の実務経験

## 歓迎要件 (いずれか一つでも当てはまる方、歓迎します!)
- toB SaaS プロダクトのデザインもしくはフロントエンド実装の経験
- SketchやFigma、Adobe XDなどを用いたプロトタイピング経験
- Design Systemの構築経験
- ユーザーインタビューやユーザビリティテストの実務経験
- デザイナー・エンジニアとの協業経験

スタートアップにデザイナーとして参画された経験のある方や、管理画面のデザインに熱烈な想いがある方にはすぐにご活躍いただけるはずです。仲間が増えることを楽しみにしています。

会社の注目のストーリー

世界で通用するプロダクトを作るには“尖った発想”が不可欠——プレイドが「プロダクトアウト」を大事にする理由
GitHub活用はエンジニアだけじゃない。「仕事の見える化」の進め方。
ただ作って渡すだけじゃない。最高の体験づくりの一翼を担うKARTEオリジナルグッズの全体設計
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社プレイド
  • 2011/10 に設立
  • 200人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 10階
  • toB SaaS のアウトプットとブラッシュアップに高速で挑むデザイナー
    株式会社プレイド