1
/
5
2022年新卒
新卒
3
エントリー
on 2021/09/09 190 views

22卒 一般的な不動産営業とは違う次代の不動産開発ビジネスパートナー職

株式会社イコム

株式会社イコムのメンバー もっと見る

  • 2020年、新卒採用選任担当に再就任。久々の採用畑に戻ってきました。
    週一回、Wantedly「ストーリー」にて独自の視点で採用に関する記事を更新中です。

  • 四国の徳島産まれ徳島育ち。
    自分の中の『普通』というのは、経験したことでしか構成されないと考えている。
    見聞を広めることが自分の中の『普通』を拡げることに繋がると思い、
    節目ごとに、それまでとは違う環境に身を置くようにしてきた。

    ヒトと情報が集まる都会に魅力を感じ、就職を機に上京。
    都会に出てきてはじめて、生まれ育った故郷の良さというものに気付く。

    部署異動で四国の高知県で介護福祉業に従事する。
    今後の社会に必要なことで、やりがいも感じてはいたが
    閉鎖的な業界であることと、どこかその場凌ぎ的で
    根本的な解決には繋がらないことに憤りを感じ、転職を決意。

    人が生活するうえで欠かすことの...

  • 2015年に新卒でイコムに入社
    土地活用に関わる仕入営業を中心に行ってきた
    2018年からは営業から土地のデータビジネスを活用した新規ビジネスに挑戦中
    自身の経歴を活かして採用活動にも取り組んでいる
    趣味はサッカー、スポーツ観戦
    不動産に関わる宅建士、相続上級士の資格を取得済

  • 前職場で一緒に働いていた繋がりから声を掛けて貰い、営業として2011年8月に株式会社イコムに入社。マンスリー、コンテナ、新規事業の営業を経て、現在は貸地事業部を担当しております。広告営業、賃貸仲介営業など、特色の違う営業を経験しており、自分にしか出来ない営業を目指しております。

なにをやっているのか

  • 空き地の有効活用、収納用トランクルームが主力事業です。
  • 短期のトライアルで実施したプロジェクト物件「TTIME」

当社は大家業に徹する事で安定した収益を上げると同時に、不動産を様々な観点から創作して、便利な利用方法を世の中に提供する会社です。
他の不動産会社と比べ、貸地、収納用コンテナ・トランクルーム、コインパーク、月極駐車場等と事業内容が豊富であるなど、土地を所有する地主様に対し、幅広く提案できるのがイコムの強みです!

不動産会社の多くは基本、価値のある不動産を見極め、買ったり売ったりしながら差額を儲けたり、古い建物をリノベーションをし再生することで、いわゆる“不動産の収益化”をしているというのが大半です。
もちろんイコムも売買等と行わないワケではありませんが、社員に求める成果は〝土地活用〟に対する借入に特化しています。不動産を再生・収益化する会社は多くあっても、〝土地活用〟に特化している会社は少ないはず。他社との違いは借入から運営までのアプローチの違いにあります。

なぜやるのか

  • 不動産会社から不動産会社へ転職。前職では売買や仲介などを専門にキャリアを積み、イコムのプロダクトの考え方に魅了され転職を決めました。
  • さいたま新都心駅から徒歩1分のに立地に本社があります。いい環境で仕事ができるのもイコムの魅力。

〝ICOM The DNA〟とは、価値の再定義を意味します。
「こんな土地あってもしょうがない」 
不動産ではよく聞くフレーズです。ホントにそうでしょうか...?
価値の再定義こそ弊社イコムが地主さんのパートナーとして磨きをかけてきた歴史と信頼、実績の証です。コツコツ積み上げる地道さこそ、この〝ICOM The DNA〟という言葉に込められている我々のポリシーです。

イコムで行う事業にはイコムたらしめる理由があります。
貸地がその一つであり、我々の事業開始の全てにおける原点です。
貸地ビジネスがもたらしたシンプルで分かりやすい価値は2つ。
1つ目。オーナーの代わりにリスクを取ること。
2つ目。小さく稼ぐこと...です。
会社の創業当時では考えられない発想でしたが、あえて地主さんから物件を借上げ、私たち自身が貸し手になることでまずリスクを背負う(地主さんに家賃を支払い、貸す)。そのスタンスを変わらず27年貫いてきた歴史が我々のDNAとして現在まで継承され続かれています。

どうやっているのか

  • オープンなオフィスで個性豊かなメンバーと働きませんか?
  • まずはお友達から、「宜しくお願いします」

自己肯定感が高く、高い目標を設定できる人の集団がイコムの目指す組織の在り方だと思っています。
やりたいことをやって稼げる時代。それがコロナウイルスの出現により、大きく明暗分かれる時代になったと思っています。

これからのキャリアをどのようにして理想に近づけていけばいいのか?は、今後どのようなキャリアを目指したいのか?を描きはじめなければ、はじまりません。5年後、10年後の自分がどのような成長をし、自己実現を遂げているのか?をワクワクした気持ちで未来を描くのは、然程難しいことではありません。

こんなことやります

「売るのではなく、提案が私たちの仕事です。地主は私たちにとって顧客ではなく、ビジネス・パートナーであるそんな不動産の仕事があることを一人でも多くの方に届けたい!」

2020年_中途入社
【前職】不動産コンサルタント
【役職】マネージャー Oさん

おそらく不動産と聞くと「家や部屋を紹介してもらう場所」というイメージが強くあるかもしれませんが、不動産の事業内容は仲介、ディベロッパー、管理、コンサルティングと多岐にわたります。
イコムは「土地活用」をメインにした会社ですので、利用していない土地や、利用頻度の低い土地を借上げ、新しい用途を作り出し提供する会社です。
現在募集中であるセールスを一言で説明するなら「土地活用ビジネスパートナー」というのが、分かり易いのかもしれません。
営業で土地や建物を販売・買取するような業種ではなく、土地をお持ちの地主さんを訪問し「土地をお貸しください」と回り、提案差し上げるのが我々の主な仕事内容です。

2021年_中途入社
【前職】銀行員
Eさん

前職は銀行員です。融資を担当しておりましたので、事業者様以外にも土地などを所有する地主様と接点のある仕事をしてきました。土地をお持ちになっていてもなかなかご自身で活用まで手掛ける方は少ないのは前職の経験でも数多く見てきました。職務的にも貸し付けてなんぼですので、ご相談を頂けば建物を建てる計画などをお手伝いすることが多かったです。
中にはどうしても借金をしてまで....というケースも多く、銀行として取り扱いに困るケースがあります。そんな時、イコムのビジネスモデルを知りあれよあれよと気付いたら転職までしていました(笑)
リスクを負う融資を自分の営業成績のために獲得する仕事とは異なり、地主様の代わりに我々が業務を請負いお手伝いができる仕事に着くことができ、生き生きと働けるようになりました。

“土地活用”のその先へ...

使われなかった土地が使われる土地に変わり更に、収益化されていく。“土地活用”の仕事の魅力は、こんなことも一つあるのかもしれません。
しかし、本当の価値がどこにあるのか?を言うならば、それだけではありません。モノポリー(ボードゲーム)をご存じの方であればイメージし易いかもしれませんが、私たちのお仕事はただ単に土地を再利用することだけを目的にしたのではなく、街全体をリデザインしていくようにその時代のニーズに合わせた土地利用を描いていく仕事でもあるのだと思います。

コンサルタントでもあり、セールスでもあり、デザイナーでもあるこの仕事に関心をお持ちになって頂ける学生の方々とお話ししたいと思います。
気軽にお問合せ頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

会社の注目のストーリー

「図々しいやつにはならないで」
「エネルギーシフト」
「意識の事故に要注意」
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社イコム
  • 1994/09 に設立
  • 36人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 明治安田生命さいたま新都心ビル34階
  • 22卒 一般的な不動産営業とは違う次代の不動産開発ビジネスパートナー職
    株式会社イコム