1
/
5
コンテンツプロバイダ
中途
3
エントリー
on 2021/09/02 149 views

教育現場での最適な利活用を実現!コンテンツプロバイダの募集!

株式会社コードタクト

株式会社コードタクトのメンバー もっと見る

  • 先生が黒板に書いたものをノートに写し、それを覚えてテストに臨む。今まで当たり前だった学習スタイルを止めて、自分で興味あるものを見つけ、みんなで議論して理解を深めていく。そんな主体的な学びの場を創りたいという思いでコードタクトを2015年1月に起業しました。

    <経歴>
    未踏スーパークリエータ / 教育心理学者 / 指揮者
    東京大学大学院総合文化研究科、洗足学園大学指揮研究所を卒業、現在、早稲田大学教育学研究科博士後期課程に在学中。オーケストラ指揮者としても活動している。
    予備校講師、教育系ベンチャーのCTO、総務省PMOを経て、コードタクトを起業。教育委員会のアドバイザーなども務める。

  • 京都大学経済学部経営学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。一般社団法人スタートアップ・リーダーシップ・プログラム・ジャパン代表理事、株式会社コードタクト取締役最高財務責任者などを兼任。これまでに文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクト プロジェクトオフィサー、株式会社Socket取締役、株式会社オモロワークス取締役などを歴任し、自身が経営するベンチャーを3度Exitした経験を持つ。創業期ベンチャーにおける戦略、財務、組織構築を強みとする。

  • 文部科学省、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、デロイトトーマツコンサルティングにて十年以上一貫してグローバル事業開発に従事してきました。
    30か国近くで、現地財閥や新興企業とネットワークを作りながら、ハンズオンのサービスを提供し続けてきております。
    その後、政府系ファンドのINCJ、小松製作所、三井住友フィナンシャルグループの共同出資で立ち上がった株式会社ランドデータバンクにて事業開発を担当、立ち上げにおけるトップライン拡大のための施策について、事業開発の立場から主導しました。

なぜやるのか

  • 代表取締役の後藤です。教育者としての経験を活かし、日々現場の先生の声を取り入れながら開発を行っています。
  • 子供達はPCやタブレットを使って互いに学び合う協働学習が可能に

学びそのものを時代にあった在り方にアップデートさせることで、学習者の主体性を育み、才能を活かし、自由に生きる世界を創るためにこの事業を行なっています。

代表の後藤が受動的な一斉授業や学びの在り方について課題を感じ、学びのあり方の課題に取り組もうと考え教育の領域に進出することを決めました。
そこで生まれたサービスが当社サービススクールタクトです。

学校の教員は様々な校務に追われており、学習者である生徒と向き合う時間を確保できていません。一方、生徒には学習意欲低下の課題があります。このような課題に対しスクールタクトは、教員の生産性を向上させることで生徒と向かう時間を創出し、生徒の主体的な学習を実現していきます。

会社の注目のストーリー

社内ラジオ「すくすくラジオ」配信中!リモートワークでも積極的な社内コミュニケーションの取り組みについて紹介!
互いを認め合い受け入れる雰囲気。SS部推しになるポイントを紹介します!
教室で肩を並べて授業を受ける意味とは。教育に向き合う研究者として働く。
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社コードタクト
  • 2015/01 に設立
  • 30人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
  • 〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-4 大場ビルA館2階
  • 教育現場での最適な利活用を実現!コンテンツプロバイダの募集!
    株式会社コードタクト