1
/
5
テクニカルアーティスト
中途
on 2021/08/27 90 views

ビジネス向けメタバース構築プラットフォームのテクニカルアーティストを募集!

REALITY株式会社

REALITY株式会社のメンバー もっと見る

  • グリー最初の5人として2005年に入社以来、モバイルSNS、ソーシャルゲーム、海外事業、ネイティブゲーム事業など一貫して新規事業の立ち上げを担当。
    今回VTuber事業の立ち上げも直轄フルコミットで立ち上げます!

なにをやっているのか

  • バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」(BtoC事業)
  • バーチャルライブ/イベント制作プラットフォーム「REALITY XR clooud」(BtoB事業)

5G時代・VR/AR時代を見据え、誰もがアバターを持ち「なりたい自分で生きていく」ことのできる世界の実現を目指しています。以下2つ事業をおこなっています。

■REALITY(BtoC事業)
- バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の開発・運営を通じた個人向け事業

■REALITY XR cloud(BtoB事業)
- 自社Vtuberのプロデュースやバーチャルライブ、バーチャルイベント制作を提供する法人向け事業

なぜやるのか

Vtuber、バーチャルインフルエンサー、デジタルヒューマン・・・
呼び名は様々ですが、アバターという姿で社会参加し始めている彼らは、これから何十億人もが体験することになるアバター社会のさきがけなのです。
アバターで生きる人類が増えていくと現代のSNSに代わる存在として、SAO、サマーウォーズ、Ready Play Oneといった作品で描かれてきたようなプラットフォームが必ず生まれるでしょう。

そして昨今、世界的なアーティストが次々とオンライン上でのコンサートを行うようになり、物理的に会えなくてもデジタル空間を介して人と繋がり体験を共有する事が急速に浸透しはじめました。

物理的な制約を超え、電子の世界に「なりたい自分」を持ち、つながり、ふれあう。
そうした時代が現実のものとなりつつあります。

こんなことやります

ビジネス向けメタバース構築プラットフォームの開発に伴いテクニカルアーティストを募集します。
アーティストがアセット制作に使用する各種DCCツールのアウトプットをグラフィックスエンジニアが設計したワークフローに載せるためにツールエンジニアと連携してアーティストの作業効率の向上を図っていただきます。
また、アートディレクターの目指す表現をグラフィックスエンジニアと連携して、アーティストとDCCツールの特性を最大限に活かすワークフローを構築しサポートしていただきます。

使用言語:C#、Java、Python、PyMEL(MEL)
ツール:Unity、VisualStudio、その他2D,3DのDCCツール

◆求めるスキル/経験
・Unityのテクニカル表現に精通していて制作実績があること
・コンソールゲーム開発経験 3年以上
・テクニカルアーティスト業務経験 2年以上
・Mayaを使用した業務経験
・ワークフロー構築経験
・マテリアル、Shaderに関する基礎知識
・3Dモデル、モーション、リグに関する基礎知識

◆望ましいスキル/経験
・3Dアーティストとしてのスペシャリスト経験
・マテリアル、Shaderに関する業務レベルの知識
・3Dモデル、モーション、リグに関する業務レベルの知識
・ZBrush、Substance、Houdiniの使用経験
・Python、MEL、C#などの使用経験

会社の注目のストーリー

REALITYアパレルグッズ第1弾:アーティストとのコラボTシャツを数量限定で販売開始
REALITYは「メタバース」へーバーチャル空間で自由に遊べる「ワールド」機能の開発秘話
REALITYはライブ配信アプリからメタバースへ〜これまでの3年とこれからの未来〜弊社代表DJ RIOのブログより
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
REALITY株式会社
  • 2018/07 に設立
  • 70人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
  • ビジネス向けメタバース構築プラットフォームのテクニカルアーティストを募集!
    REALITY株式会社