1
/
5
ソフトウェアエンジニア
中途
4
エントリー
on 2021/08/27 171 views

アフリカの未電化地を変えるソフトウェアエンジニア募集!

WASSHA Inc.

WASSHA Inc.のメンバー もっと見る

  • 途上国向け事業を担当するDigital Grid SolutionsのCEO

    外資系コンサルティングファームにて、新規事業構築、業務効率化プロジェクト等に従事、その後NPO法人ソケットを友人と共に設立し、日本企業の途上国進出を推進。ソケットの顧客であった東京大学阿部教授と共にDGSを創業し、 2013年6月より現職。

  • 途上国向け事業を担当するDigital Grid Solutionsのビジネスデベロップメント担当

    日系電機メーカーにて海外営業(アジア)、経営企画を担当、その後、外資系コンサルティングファームにて日系製造業の新規事業戦略、海外事業戦略プロジェクトに従事。2014年4月より現職。

なにをやっているのか

  • WASSHAランタンで夜も営業ができるようになった小売店(KIOSK)の様子
  • 新製品のFishing Light(夜間漁業の為の集魚灯)

▼ アフリカで、新しいビジネスを創る
社名であるWASSHAは、スワヒリ語で「光を灯す」という意味の「washa」が由来になっています。
2013年に未電化地域向け電力(Energy as a Service) 事業をスタートし、2020年2月末現在東アフリカを中心に200人超のメンバーとともに新規事業も展開しています。
”課題だらけの途上国で、途上国だからこそのビジネスチャンスを模索し、生み出した事業を現地メンバーとともに育て、ビジネスを通じて現地に還元し続ける”
それがWASSHAの目指すアフリカビジネスの形です。

▼主な事業内容
「Energy as a Service事業」
サブサハラアフリカ地域では6億人が未電化(=電気の届かない)地域で生活をしています。WASSHAは未電化地域のキオスク(小規模な小売店)のネットワークを構築し、独自開発したIoTデバイスを設置することで、低所得の方々でも、お金があるときにだけ利用できるLEDランタンのレンタルサービスを展開しています。
また、LEDランタンサービス提供を通じて、集魚灯(=夜間漁業に利用する灯り)のニーズを発掘し、家庭用のみでなくビジネスユーザー(=漁師)向けの新商品を開発、サービスを開始しました。

別途、新規事業のPoCを複数進めています。

▼広報
首相官邸 国際広報CM(英語、2分)で取り上げていただきました
https://www.youtube.com/watch?v=nRAPkRiC59s

2019年4月16日22時放送のテレビ東京系列「ガイアの夜明け」で当社の事業が紹介されました。
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20190416.html

日経ビジネス2019年3月4日号の特集「日本を超える革新力 逆説のアフリカ」に当社記事が掲載されました。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00048/

電力事業の詳細は、下記の紹介動画(英語、1分)を参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=U82Ncactrpw

▼最新News!!
関西電力様との業務提携を発表しました!
https://thebridge.jp/2019/08/wassha-kepco-partnership

TICAD「官民ビジネス対話セッション」冒頭の安倍首相スピーチでWASSHAをご紹介いただきました!
https://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page4_005235.html

なぜやるのか

  • 現地のニーズをヒアリング中のCOO米田
  • 未電化地域の様子。もちろん電線はありません。

▼WASSHAのVision
「銀行口座は持てないけれど、Fintechサービスが普及しキャッシュレスで買い物ができる。」
「整備された道路はないけれど、広い空にはドローンが飛んでいて物資の輸送ができる。」

既得権益や規制が少ないアフリカでは、先進国を追い越して、上記のような世界が一部地域で既に実現しています。
「新たな発展を遂げる魅力的な市場アフリカで、今までと全く違うやり方で社会課題を解決し、誰も見たことがない新しい社会を創る」。
WASSHAはそんなアフリカの未来を、ビジネスを通じて創造することを目指しています。

▼Visionに共感してくださる方へ
「国の創生期/発展期」という非常に面白いフェーズにあるアフリカで、ビジネスを通じた新しい発展の形を一緒に創造していきましょう。

どうやっているのか

  • WASSHAタンザニア事務所のメンバー!(左はCEO秋田、後ろで大きくバンザイしているのがCOO米田)
  • このランタンのように、アフリカに希望の光を灯していきます

▼組織体制
2020年現在、日本人21名(タンザニアなど各国駐在を含む)、タンザニアで約200名の現地メンバーと共に事業を実施しており、日本人メンバーは外資系コンサルティングファーム出身者、スタートアップ企業の役員経験者、総合商社出身者など、多様なバックグラウンドのメンバーが揃っています。
日本では、経営企画や新規事業開発、研究開発をメインで行っており、タンザニアでは、現在の柱である電力事業の企画/運営を行っています。
2020年にウガンダ、モザンビークで子会社を設立し、他国展開も加速させていきます。

▼運営資金
これまで東京大学エッジキャピタル、JICA(国際協力機構)、丸紅、ダイキン工業、ヤマハ発動機、日本政策投資銀行などから合計で約24億円の出資を受けています。

▼業務連携
2019年8月、関西電力様と業務提携をリリースしました。
https://thebridge.jp/2019/08/wassha-kepco-partnership
強力なバックアップを経て、キオスク10,000店舗体制に向けて事業拡大を加速しています。
企業との連携についても、今後はさらに進めてまいります。

こんなことやります

以下の職種でのエントリーをお待ちしております。
(どの職種がマッチするかわからないが、興味あるという方も是非エントリー下さい!)

▼募集職種
ソフトウェアエンジニア
アフリカでの電力事業における研究開発や事業開発・運営におけるシステム開発全般を担当していただきます

■スキル・経験
・Python/Rubyでの開発・運用経験(3年以上)
・AWS/Google Cloudnでのインフラ構築・運用経験(業務において1年以上、または個人での構築・運用経験がある場合はそれも考慮)
・Linux/Unixのサーバ運用経験(業務において1年以上、または個人での構築・運用経験がある場合はそれも考慮)
・可読性・拡張性・テストコードを考慮した設計・実装の経験
・Gitを利用したチームでの開発経験

■その他
・ビジョン、ミッションに共感してくれる方
・開発業務だけに閉じることなく、事業や顧客に興味を持って積極的に他部門との連携をとることができる方
・現地で起こっている問題に対して「開発者として」自らができることを考えて取り組んでいくことができる方

■募集要項
・勤務地: 東京(現開発拠点は東京です)

会社の注目のストーリー

人生のターニングポイントに!WASSHAでのリモートインターン【インターン体験記】
現地メンバーにインタビュー!タンザニアってどんな国? ~経済編~
Amazon、米国MBA、海外法人経営の先にWASSHAを選んだ理由とは【社員Profile12】
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
WASSHA Inc.
  • 2013/11 に設立
  • 223人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ305
  • アフリカの未電化地を変えるソフトウェアエンジニア募集!
    WASSHA Inc.