1
/
5
SaaSバックエンドエンジニア
中途
3
エントリー
on 2021/08/10 169 views

言語の壁を壊す!話題の法人向け自動翻訳SaaSのバックエンド募集

株式会社みらい翻訳

株式会社みらい翻訳のメンバー もっと見る

  • 大学卒業後に入社したユーザ系SIerで業務系システムの開発・運用に従事。開発と兼任していたDB構築・運用のスキルをきっかけにネット広告の事業会社にインフラエンジニアとして転職。トラフィックの多い広告・デジタルマーケティング系サービスのインフラ構築・運用を経験した後、開発PM、マネージャーへとシフト。2020年9月からは株式会社みらい翻訳にてエンジニアリングマネージャーを務める。

  • 大学卒業後、金融系SIerに入社。4年の実務経験を経て、26歳の時に、友人たちとゲーム半分/SI半分の会社の立ち上げに参画。開発本部長、取締役として、10年勤務。その後、靴のECサイトの立ち上げ、生鮮食品ECサイトの開発部を経て株式会社ROIに入社。開発部部長として、ファンくる・ぐるリザ他の開発を統括。
    2020年7月より 株式会社みらい翻訳のエンジニアリングマネージャー。

    Jリーグ ヴィッセル神戸サポーター。
    週末はスタジアムでビール飲んでるか、テレビの前でビール飲んでるかどちらかです。

    ヒゲで帽子でメガネ。
    ネタTシャツ好き

  • 里山 典彦
    その他

  • 幼少期、周りの子どもたちが絵を描いているのにも関わらず数字を書いて遊んでおり、この時から数字に目覚める。大学、大学院では物理を学び、SEとして就職。しかし数字への愛を押さえられずデータサイエンティストに転職。

なにをやっているのか

  • Mirai Translator®︎の翻訳画面
  • お試し翻訳(https://miraitranslate.com/trial)

言語の壁を意識せず、誰もがいつでもどこでも誰とでも関わることができる、真に自由でグローバルな働き方を実現するために、Mirai Translator®︎を中心とした機械翻訳サービスを展開しています。

【主な事業内容】
■みらい翻訳サービス
自社開発した機械翻訳エンジン『Mirai Translator』を企業様向けに提供しています。高い翻訳精度と高いセキュリティを誇るBtoBサービスです。
・企業向けテキスト翻訳サービス
・ベンダー向け音声翻訳APIサービス
・翻訳エンジンチューニングサービス

自社で翻訳エンジンを内製しています。
CEOもエンジニア出身で、組織も8割エンジニアで構成されており、技術をコアにビジネスをグロースさせています。

■パートナーサービス 
言わばOEMのように、パートナー企業が提供するサービスの中の翻訳エンジンに、Mirai Translatorをご活用いただいております。
・多言語対応サポートサービス(はなして翻訳)
・多言語音声翻訳サービス(対面ホンヤク)
・文化観光業界特化型AI翻訳サービス(ひかりクラウド cototoba)
・AI翻訳プラットフォームサービス(COTOHA Translator)
・ビジネス文書のAI翻訳サービス(Zinrai Translation Service)

▼お試し翻訳でぜひ翻訳機能・精度を体験してみてください!
https://miraitranslate.com/trial

なぜやるのか

私たちみらい翻訳は2014年に設立した、AI自動翻訳サービスを手掛けるスタートアップ企業です。「言語の壁を超える」ことをミッションに、世界中の人々が、異なる言語を用いて自由にコミュニケーションが出来る世界を目指しています。

SaaS AI自動翻訳プロダクトであるMirai Translatorは、TOEIC960点以上のプロの翻訳者と同等の精度を発揮し「日本語をベースとした翻訳精度では世界最高水準」といわれております。翻訳精度が高いだけではなく、簡単に日常でストレスなく使えることを追求し、よりユーザーに使われるサービスにしていきたいと考えています。

▼事業の成長性について
日本人の4分の3は英語でのコミュニケーションがとれないと言われています。DXという言葉がフォーカスされているように、企業の業務効率化のニーズは高く、日本人が今後グローバルに活躍するためにもサービスの機能性とセキュリティ面での安全性のバランスをもった翻訳サービスが求められています。

NTTドコモからの出資を受けていることもあり、データの保管方法と機密情報の保持については最高レベルを誇っています。省庁やメガバンクなどクラウドサービスの利用に厳しい規定がある企業・組織でも利用実績を持ち、リモートワークの普及によりセキュリティに注目が高まる中、需要がさらに高まっています。今後は、Mirai Translatorを中心としたビジネス拡充を目指し、ランゲージプラットフォーム事業としてサービスを展開していきます。

▼機械翻訳による市場創造
現在、人手翻訳を機械翻訳で置き換えるという軸で市場浸透が進んでいますが(プロ翻訳者の仕事を機械が奪うという構造)、本来機械翻訳でしかできない領域がたくさんあります。世界中のコンテンツから調査をストレスなくできれば、あらゆる観点から知見を得ることができます。無意識に世界を狭めている現状から、言語ハンディキャップがなくなれば、世界が変わります。技術を使い、世界を変えるのが我々エンジニアのミッションです。

どうやっているのか

  • 創立記念の10月にはパーティを行っています(※現在はリモートでイベント実施)
  • 渋谷本社

【大切にしていること/コーポレートアイデンティティ】
◆テクノロジードリブン
技術をコアにビジネスをグロースさせており、エンジニアのみならず、セールス、バックオフィスまで職種関係なく技術を大切にしています。
職種割合は、エンジニア割合が多い環境です。年齢層は40代、30代が多くベンチャーでありながらも落ち着いている雰囲気があります。

◆自分ごと化する
「一人称で考える」「自らホワイトスペースを埋める」が口癖の文化です。皆ひとりひとりが当事者意識をもち、自分事化してプロジェクトを進めています。

◆フラットな組織
「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」が重視される会社です。その象徴として、役職関係なく、敬称略でニックネームで呼び合う文化があります。
社長はじめ、入社当日から新入社員もみんなお互いをニックネームで呼んでいます。

【働き方】
◆リモートワーク
職種にかかわらず、リモートワークが可能です。リモートワーク可能な日数にも制限はありません。現在リモートでの就業は97%(2021.10月)※地方メンバーも増えてきています
※入社初日の出社や、一部管理部門が出社している状況でエンジニア部門はフルリモート
※コロナウイルスが落ち着いたとしても、働き方はリモート中心で考えています(2021.10現在)

◆裁量労働制、フレックス制度
- エンジニア・デザイナーは裁量労働制
- セールス・管理はフレックス制適用(コアタイム10:30-15:30)
原則9:30-18:00とし午前中から仕事を始めるメンバーが多いです。
各部で朝会などを実施してから業務開始するなどコミュニケーションをとっています。

【コミュニケーションの取り方など】
・社内コミュニケーションは全社員Slackを利用
・SlackハドルミーティングやZoomを利用しチームでコミュニケーションをとっています
・ドキュメントはConfluenceやDocBaseを利用
・隔週で全社MTGを実施(チーム状況共有会)
・土日祝休み(年間休日132日)
・パパママ多く、産休育休取得実績あり

◆技術ブログ
https://qiita.com/organizations/miraitranslate
https://miraitranslate-tech.hatenablog.jp/

◆2021Developers Summitで、弊社エンジニアリングマネージャが登壇しました!
資料はこちら
https://speakerdeck.com/catnapper_mar/lets-start-full-cycle-development

こんなことやります

バックエンドエンジニアを募集します。

【主な業務内容】
・Mirai Translator™および関連アプリケーションの拡張性や可用性を高めるためのマイクロサービスのアーキテクチャに基づく設計及び構築
・開発成果物に対する品質・性能保証
・開発チームのDevOpsの推進・プロセス改善
・企画・運用・顧客サポート・セールスなど他チームとの連携
・開発事例・成果の社内外への発信

【求める必須スキルや経験】
・以下を用いた商用ソフトウェアの開発経験
  - Java またはScala
  - SpringBootやAkka-httpなどのWebフレームワーク
  - PostgreSQLなどのRDBやRedisなどのNoSQL
・クラウドとコンテナ技術を用いた開発経験(AWS EC2, Lambda, DynamoDB, Dockerなど)
・DevOps、SRE、アジャイル開発、マイクロサービスなどの基礎的な知識

【歓迎スキルや経験】
・フロントエンドの開発経験(JavaScript, PHP)
・スクラムマスターの経験
・セキュリティに関する知見(インジェクションやCSRFなどよく知られた攻撃の基本的な知識やCVEサイトの検索が可能)
・AWSのコスト計算と改善の知見
・技術や開発成果の発信経験(勉強会、ブログなど)

■開発環境や技術スタック
【インフラ】
AWS (EC2,ECS,S3,SQS,Lambda,Cognito,CloudFormation,Aurora,ElastiCache,DynamoDB, etc.)
【フロントエンド:Language/Framework】
React, Angular, TypeScript
【バックエンド:Language/Framework】
Java, Scala, Akka, PHP, Python
【テスト】
Junit, Pytest, Selenium
【監視、モニタリング、分析】
Mackerel, CloudWatch, Elastic Cloud
【バージョン管理、デプロイ】
GitHub, CircleCI, Jenkins, CodeDeploy
【開発環境】
Docker, VS Code, InteliJ
【コミュニケーション、ドキュメント】
Slack, Zoom, Office365, Jira, Confluence, Redmine, DocBase, Miro, Figma

【こんな方を求めています!】
・コーディングや開発技術が好きで、開発が楽しいと思える方
・心理的安全性について理解し、ポジティブに議論できる方
・自身の成長とメンバーの成長を一緒に喜ぶことができる方
・目的遂行のために、様々な可能性を検討し実行できる方
・新しい開発技術をキャッチアップできる方
・チームのメンバーを理解し、信頼することができる方

BizDevOpsの考えを大切にしています。個々のメンバーが、開発だけではなく運用も行い一気通貫して開発に携わることで、ユーザーにとってのサービス体験の品質を担保しています。

【やりがいや醍醐味】
・マイクロサービス開発チームを目指しており、開発チームにおいてモダンな開発スタイルを経験することができる
・自社サービスで少人数のため、技術的な提案をすることでサービスの成長に大きく寄与できる可能性がある
・機械翻訳というディープテック企業の成長期(フェーズは1→100へと広げていく段階)において、会社の成長と自身の成長を同時に体験できる
・将来的に開発リーダーを経て、マネージメント職(開発マネージャー)やシステムアーキテクトなど役職になることも可能

機械翻訳を始め言語処理の分野は今後の市場将来性が大きく、通訳者の不足を解消するもので、日々の生産性向上へ貢献します。いつの日か当たり前に言語の壁を超えている世界をつくりたい。

少しでも興味を持たれた方、ぜひ一度お話ししましょう!

会社の注目のストーリー

「誰もが使いやすいプロダクトを目指して」フロントエンドエンジニアのこだわりとは
今、みらい翻訳にJOINすべき3つの理由
10->100のフェーズ、だから面白い。日本トップレベルの翻訳技術を持つみらい翻訳で『一人目のリサーチャ』として働く魅力とは
エントリー状況は公開されません
30人が応援しています
会社情報
株式会社みらい翻訳
  • 2014/10 に設立
  • 50人のメンバー
  • 東京都渋谷区渋谷二丁目22番3号 渋谷東口ビル 2F
  • 言語の壁を壊す!話題の法人向け自動翻訳SaaSのバックエンド募集
    株式会社みらい翻訳