1
/
5
CTO/VPoE
副業
on 2021/08/01 30 views

現場向けSaaSの開発チームをリードするCTO/VPoE候補募集!

株式会社クアンド

株式会社クアンドのメンバー もっと見る

  • 北九州市出身。九州大学/京都大学大学院卒業後、P&Gにて消費財工場の生産管理・工場ライン立ち上げ・商品企画に従事。その後、博報堂コンサルティングに転職し、ブランディング・マーケティング領域でのコンサルティング業に従事。2017年に地元福岡にUターンし、株式会社クアンドを創業。製造業・建設業などの現場向け情報共有プラットフォーム「SynQ(シンク)」を開発。家業の建設設備会社の取締役も兼任する。

  • 1988年生、熊本出身。株式会社肥後銀行にて法個人に対する融資業務に従事。その後、九州・瀬戸内地域で投資ファンドの運営やコンサルティングを行う株式会社ドーガンに転職し、約35億円のファンド組成及び運用を行うファンドマネージャーや経営企画/営業企画等を担う社長室長の経験を積み、2019年8月以降は、以下の事業/業務を行う。株式会社Draw代表取締役(企業経営機能補完事業、事業承継支援事業、投資ファンド組成運営支援事業)、株式会社クアンド取締役CFO(現場向けプロダクトSynQの企画販売、DX支援事業)、株式会社Regnio取締役(DX支援事業)、株式会社RATEL財務マネージャー(espo...

  • 1982年生まれ、沖縄県出身。
    製造業向けの実績多数の開発会社に新卒入社、生産管理システム開発を担当。その後、中堅SIerにて、シンクライアント構築やERPパッケージのカスタマイズなど、エンタープライズ向けの開発経験を積む。沖縄にUターンしてからは、クラウドを活用したシステム開発を多数経験。
    2021年4月よりクアンドにジョイン。エンジニアとしての原点、製造業向けのプロダクト開発を通して、「地方産業・旧態産業のアップデート」へチャレンジ中。

  • 1987年生まれ。福岡県北九州市出身。大学では法律、政策科学を専攻。
    卒業後は、ワークスアプリケーションズにてエンタープライズ向けえSalesやユーザーの顧客満足度向上を目的としたCSに従事。その後福岡へUターン転職し、ビズリーチへ転職。福岡をはじめとする九州の地場の企業様に向けた採用支援を行い、地方産業やレガシー産業の実態に直面する。その後、フリーランスを経て、2019年12月よりクアンドにジョイン。SynQRemoteの立ち上げから、セールス、CS組織の立ち上げに従事している。

なにをやっているのか

  • 自社開発プロダクト「SynQ」シリーズ
  • 遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote」

【非効率でアナログな現場の情報共有・コミュニケーションを変革】
製造業、建設業、設備管理業などの現場に特化した情報共有プラットフォーム「SynQ(シンク)」(https://www.synq-platform.com/)を開発提供しています。
SynQは複数の現場向けプロダクト群からなるプラットフォームで、現場で働く人々の働き方改革、組織全体での生産性向上、そして業界構造の変革を実現します。

現在は2つのプロダクトを開発・提供しています。

◎遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote」(https://www.synq-platform.com/
工場や建設現場において、本部と遠隔地の現場をWebRTC(ビデオ通話)で繋ぎ、リモートでの指示や情報共有を可能にする現場版Zoomのようなサービスです。
「電話じゃ伝わらない」「急いで現場に駆け付けないといけない」という問題を解決し、現場の働き方をアップデートします。

◎設備メンテナンスクラウド「SynQ Maintenance」(https://maintenance.synq-platform.com/
設備管理業において、現状、紙によるアナログな管理や統一されていない形式での管理が多く行われています。
管理している情報を管理元や点検業者間で共有する際も非効率なコミュニケーション方法で行われています。
SynQ Maintenanceはあらゆる設備の情報を一元集約し、関係者間で効率的に情報共有できるサービスです。
現在はβ版開発中。

なぜやるのか

  • CEOの下岡は大学院を修了後、P&Gや博報堂コンサルティングで経験を積み、2017年4月、株式会社クアンドを立ち上げました。
  • 北九州を起業の地に選んだ理由は、地元である北九州が「UPDATE THE INDUSTRY」というミッションを実現する「起点」となる地と感じたから。

【日本の現場に眠る「知」を繋ぎ、世界の「価値」へと転換する】
地域産業やレガシー産業はIT技術により大きな変革を起こせる大きな可能性を秘めています。
日本のみならず、世界中の地方産業・レガシー産業が似たような状況であり、私たちが培ってきた事業変革やIT技術の知見によりそれら産業をアップデートしていくことを目指しています。

特に、日本の現場仕事では、慢性的な技術者不足が大きな課題となっています。
これは人口減少・少子高齢化と現場へのネガティブなイメージから、若い人が業界に入ってこなくなってきていることが主な原因です。作業者を取りまとめて現場を管理する人や、技術を持つ人は高齢化し、若い人が育つこともない現状が続いているからです。

我々はそのような課題を解決し、
世界に通用する「日本の現場力」をIT技術の力を使って、世界に提供できる価値に転換していきたいと考えております。

下記のNoteにも私たちの「なぜ」が詰まっているので見ていただけると嬉しいです。
https://note.com/shimonujp/n/nee84fbc6a51a?fbclid=IwAR0E58CNbak3Sy9dCBj3MXEILnFADVZZifqQksdH9wSpSmkrzWBZ5xP8HBk

どうやっているのか

20代〜30代のメンバーが中心となって事業を推進しております。
現場主義を貫いており、現場に足を運んで顧客の声を聴きながらプロダクト開発を行っています。

【QUANDO VALUES】
◆バリュー・ファースト / 問題の本質に迫り、顧客や社会への価値を創造する
◆バックキャスティング思考 / あるべき姿から逆算して必要なものや行動を考える
◆とにかく前進 / 不格好でも、がむしゃらに前進していく
◆自由と成果 / ルールを最低限にし、スピーディーかつ創造的な仕事をして高い成果を出す
◆当事者意識 / 自ら何が必要かを考え、アクションを起こし、周りを動かしていく
◆強みの発揮 / 強み(領域)を作る、発揮する。強みを持っている人を巻きこむ

【福岡・沖縄・東京の3拠点パッケージ】
九州・沖縄・東京の3拠点にオフィスを構え、好きな時に、好きなオフィスで働ける3拠点ワーク制度を設けています。会社都合で決まった出張以外でも、オフィス間の移動にかかる交通費や宿泊費は会社が負担します(※役職や採用条件によって適応されるケースとされないケースがあります)

こんなことやります

■クアンドにおける技術領域全般
遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote」というプロダクトにとどまらず、現場の情報共有プラットフォームとして「SynQ」シリーズを拡張していく構想があります。「SynQ」の中長期的なポートフォリオや経営状況を経営チームと握り、将来的なプロダクトの拡張を想定して、適切な技術選定やアーキテクチャ選定を実施していただきます。

【開発環境】
■フロントエンド
React / TypeScript / Electron / Flutter / Apollo Client (GraphQL)
■バックエンド
Apollo Server (GraphQL) / Node.js /TypeScript
■WebRTC
Twilio
■インフラ
Azure : AppService / Functions / DNS / PostgreSQL / Blob Storage / CognitiveServices
AWS : SNS / Lambda / DynamoDB
GCP : FirebaseAuthentication / FirebaseFunctions
■CI/CD
GithubActions / CircleCI
■その他
Slack / Backlog / Github / Figma / Discord

【開発組織】
クアンドのエンジニアチームは正社員5名+業務委託数名で構成されています。

【開発手法】
・アジャイル開発
・ドメイン駆動開発
・テスト駆動開発

【クアンドのエンジニアカルチャー】
エンジニアの裁量権が大きく、やりたいことを実行できる環境です。技術スタックもチャレンジングであり、最新技術が好きなエンジニアはフィットすると思います。
プロダクト開発はビジネスチームや経営陣と会話しながら進めることができ、言われたものを作るのではなく、エンジニアの意見も十分にプロダクトに反映させていくことができます。
また、クアンドのカルチャーとして、クアンドバリューを体現する動きをした人にSlack上でメンバー同士がクアンドマークを分け与えるピアボーナス制度があります。
また、外部講師を呼んでのエンジニア合宿も開催しており、昨年は沖縄で開発合宿を行いました。

【こんな人と一緒に働きたい!】
創業者や経営チームと同じ目線で会社を作っていきたいという想いがあり、良い時も悪い時もクアンドのメンバーと共に会社のVISION達成を実現してくれる方。若いメンバーも多いので豊富な経験と知識を活かし、兄貴分的に開発チーム引っ張っていってくれる方。

【必須条件】
・テクノロジーで産業をアップデートしていくというクアンドMISSIONへの共感
・ビジネス要件を技術に落とし込み、技術的な意思決定を行ってきた経験
(各選択肢のメリットデメリットを比較して意思決定)
・常に最新技術をキャッチアップしている方
の経験
・コンテナ化技術(Docker)を利用した開発経験

【歓迎要件】
・一からサービスを作ったことのある経験
・経営メンバーの経験
・CTOなど技術責任者の経験
・スタートアップでの開発経験
・プロダクトのグロース経験(シード期〜シリーズA)
・データ分析、AI構築の経験
・DX(Developer eXperience)まで考えられる方
・技術的負債の返済についての経験
・積極的な採用活動、技術ブランディングの経験
・セキュリティについての深い知識と経験

【選考で大事にしていること】
・クアンドのミッション、カルチャーへの共感
・新しい技術、未経験の技術へのチャレンジ精神
・情報技術やプログラミング技術の基礎
・チームワークや助け合いの精神
・オーナーシップを持って自律的にかつスピーディに課題に挑戦する姿勢

【サイトや資料】
Entrance Book
https://quando.notion.site/QUANDO-Entrance-Book-c0853e294fb24a1e9c57fcb1c9a60211

会社説明資料
https://speakerdeck.com/quandohr/quando-hui-she-shuo-ming-zi-liao

会社の注目のストーリー

地方最強都市・福岡でどうしても働きたくなる話
QUANDO General Meeting in Spring 2021
社員インタビューvol.3  新卒でクアンドに決めたワケ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社クアンド
  • 2017/04 に設立
  • 15人のメンバー
  • 福岡市中央区大名2丁目4番22号 OnRAMP内
  • 現場向けSaaSの開発チームをリードするCTO/VPoE候補募集!
    株式会社クアンド