1
/
5
機械設計・製造
中途
on 2021/08/03 270 views

リニア新幹線稼働に必需となるものを作っている弊社で物作り職人になる人募集!

羽衣電機株式会社

羽衣電機株式会社のメンバー もっと見る

  • 2016年から代表取締役として経営に携わっています。
    当社は、私の祖父が起業した会社で1948年に法人として設立されました。

    幼い頃から経営者として父の姿を見て、毎日早くから会社を開け、営業に走り回る姿と工場にあるよくわからない製品に大変そうだなと思っていた記憶があります。
    自分自身がその立場になり、ものづくりの難しさと社会へのインパクトを与える可能性に面白さを感じる日々を送っています。

    前職からずっと営業をしてきましたので、人と話したり、本を読んで新たな知識を吸収するのが大好きです。
    誘導加熱や超電導など、マニアックな業界ですが、その中で新しいものを生み出していきたいと思う方と一緒...

  • 一日一日を大切に!楽しい人生を送るために。後悔しないように日々過ごすことを心がけています。

なにをやっているのか

羽衣電機は“コイルの制作”を軸に事業を展開しているモノづくり会社です。

コイルといっても製品の幅は広く、
・超電導関連製品
・誘導加熱コイル
・高周波誘導加熱装置
などの製造を行っています。

あまり聞き馴染みのないものが多いかもしれません。
ですがこれらは、社会を支える上でなくてはならないものなんです。

実際に弊社の製品は様々な場面で活用されています。

・リニア新幹線
・大規模工場
・スキー場
・自動車 
・変電所などなど…

ここまで様々な場面で使用がされているのは、
創業70年に裏打ちされた確かな技術力があるからです。

そのため新規の引き合いも非常に多いのが現状です。
社会に需要がある、高い技術力を保有している証拠でもあります。

そういった背景もあり、一つの取引先に依存しがちな製造業界の中でも、
特定顧客に依存しない売上構成を保つこともできています。

なぜやるのか

【ビジョン】
最新の技術を開拓して、より高い付加価値を提供し続ける

羽衣電機は創業以来、常に最新技術の開発に取り組み続けて来ました。
単純に、その方が高い付加価値を提供することができるからです。

実際に弊社の商品はリニアモーターカーにも使用されるなど、
常に最新技術と共にあり続けて来ました。
その姿勢は今でも変わっていません。

社会で生きている限り、技術革新を避けて通ることはできません。
“技術”という分野で事業展開をしていればなおさらです。

羽衣電機は今後も技術革新の一翼を担う存在であり続けます。

どうやっているのか

全ての製品の製造を内製化することによって、高い品質を保っています。
開発から設計、製造まで全て自社のリソースで賄うことができています。

もちろん社員が高い技術力を保持しているからできることです。

ですがそれ以上に、部門間の壁が存在しない、という要因が大きいのです。

弊社の製品はとても複雑なもの。
一つの製品が完成に至るまでに様々な工程があり、
複数の部門、たくさんの人が関わります。

その際部門間の壁があると、
効率的に高い品質を維持しつつ、製品を製造し続けることはできません。

そのため羽衣電機では非常にフラットで、いい意味で上下関係がない会社です。
社長も非常に気さくな方で、どんな相談にも真摯に対応してくれます。

こういったカルチャーも、羽衣電機の高い技術力を支える一つの要因なのです。

こんなことやります

「モノづくりが好き!」
「自分の手に技術を身に着けていきたい」
「さらに世の中の役に立つようなものも作っていきたい」

そんな思いを抱えつつWantedlyを眺めているそこのアナタ。
羽衣電機なら、技術を身に着けた職人になりつつ、
世の中の役に立つものを作っていくことができます!

【羽衣電機はどんな会社か】

弊社は、非常に高いコイルの技術を核に様々なモノの設計・製造・修理を行っているメーカーです。
その中で弊社は、リニア新幹線の中核となる部品を作っています。

それは超電導電磁石です。
超電導電磁石とは、発熱など電気抵抗の問題をクリアし、
強力な磁力を発生させることができるものです。

「リニア新幹線の中核部品を作る」
ワクワクしてきませんか…?

【リニア新幹線が持つインパクト】

リニア新幹線は世の中に大きなインパクトを与えることができます。

リニア新幹線は弊社が作っている超電導磁石の技術を用いて、
時速500キロを超えるスピードで走行します。
これは東京⇔名古屋を40分、東京⇔大阪を67分で移動できる速度です。

移動が楽になるということが、実は想像以上に大きなインパクトを与えます。
東京-名古屋-大阪を一つの単位とした巨大な経済圏ができると言われているのです。

これによって東京への一極集中、高齢化によるGDPの低下など、
様々な社会課題の解決に寄与することができるんです。

そんな無限の可能性を持ったリニア新幹線は2027年に開業予定。
そしてそれを可能にしているのは、超電導電磁石の技術なのです。

モノづくりに没頭できて、かつ自分の作ったものが世の中に大きなインパクトを与えることができる。
そんな環境が羽衣電機にはあります。

少しでも興味を持っていただけたら、
まずはざっくばらんにお話ししてみませんか…?
お話しできる日を楽しみにしております。

エントリー状況は公開されません
18人が応援しています
会社情報
羽衣電機株式会社
  • 1948/08 に設立
  • 35人のメンバー
  • 大阪府堺市西区鳳中町7丁231番地
  • リニア新幹線稼働に必需となるものを作っている弊社で物作り職人になる人募集!
    羽衣電機株式会社