1
/
5
Webエンジニア
中途
6
エントリー
on 2021/07/28 271 views

新規開発チーム|JavaScriptを使いこなせるエンジニアWANTED!

株式会社ONE WEDGE

株式会社ONE WEDGEのメンバー もっと見る

  • 小学生の頃に父親よりポケコンとMSXを与えられて「こんぴゅうたぁ」というモノに触れ、10歳で初めて自分で考えたゲームを作ったことをきっかけとしてITの道に進むことを心に決めました。以来30年間IT業界にどっぷり浸かっています。
    20代は天狗になってて攻めるエンジニアであちこちにケンカ売ってはマウンティングをとるような始末。それを見かねて30歳のときに所属していた会社の社長が管理職に大抜擢し、メンバーに揉まれお客様に揉まれ何ひとつうまくいかずにボロボロになった僕を当時の社長が厳しく愛をもって諭してくれたおかげでチームの大切さやお客様とともに歩む姿勢、そして謙虚に向かい合うスタイルを学びま...

  • エンジニア兼マジシャン

    エンジニアとして働きながら、マジックバーや企業パーティー、各種イベントなどにマジシャンとして出演。

    子供のころ「ゲームを作りたい!」と思ったのがきっかけでIT業界に興味を持つ。
    大学卒業後、サーバーサイドエンジニアとしてキャリアをスタート。
    約1年半後、洋服が好きすぎるあまり「一回はアパレル業界を経験したい」とアパレル業界に飛び込み、販売職を約2年半ほど経験しIT業界へと出戻る。

    サーバーサイドエンジニアとして再スタートを切るが、なんや感やでフロントエンドもやることになりサーバー・フロントどちらにも奮闘中(イマココ)

  • 小さいころからモノ作りが大好きです。
    (機械の解体、組み立てを繰り返したり、プラモデル作りに没頭)
    高校生のころまでは機械系の大学に進もうとしましたが、人や組織をマネジメントすることに魅力を感じ芸能事務所のマネージャーになることを決意し東京へ上京しました。
    大学ではスカウトのバイトをやってみたり、映画館でバイトをしてみたりしましたが、就活をする頃にどうしてもモノ作りすることに未練があり、現在の仕事を選びました。

    入社後、金融システムの保守・運用を行い、上流工程を3年間経験。
    プロジェクトマネジメントに興味を持ち、現在はPM見習いとして業務を行っています。

    プライベートでは子育てに奮闘...

  • 「産まれた時から人見知り0」「根っからの負けず嫌い」「カフェオレと白米が好き」
    これがミナトミクです!!!!(笑)

    高卒で岩手の田舎から上京して…販売接客を約10年を経て、某アパレルブランドの旗艦店の店長になるという夢を叶えました。

    アラサーになり...今日より若い日はないと生きてきましたが、次のステップとして手に職をつけるという目標を見つけて、エンジニアを目指すことに♡

なにをやっているのか

株式会社ONE WEDGEは『ひとつひとつ(one by one)の事柄を「WEDGE」として繋ぎ、真摯に向き合い創造していく』というコンセプトのもとシステムやアプリの設計/開発をおこなっている企業です。

■ONE WEDGEの事業
①【Serverless ONE】
「Serverless ONE」は、Serverlessを活用し従来のシステム構築の[サーバー上のミドルウェアの設定やネットワーク周り/冗長構成などの見積/設計/構築作業]を短縮。圧倒的に早く、圧倒的に安価に開発を行う支援をします。

②【APPLI PO!】
Google社のスマートフォンアプリケーションプラットフォームであるPWAを使ったスマートフォン開発サービス「APPLI PO!」(アプリッポ)。ReactやVue.jsなどの技術を使って開発します。

③Web/オープン系システム設計・開発
レガシーな技術から最新技術までお客様に応じて最適なソリューションを提案、設計し、お客様がハッピーになるために真摯に向き合って最後までやり遂げる仕事です。
ゼロベースで構築するシステムで最適解が最新技術であるならば、それをめいっぱい使って存分に活躍できる、そんなお仕事です。

④システムコンサルティング
ONE WEDGEではゲーム業界出身者、アパレル業界出身者、メディア業界出身者など他業種出身者が多く、その豊かな経験からお客様の問題解決のお手伝いをしています。
お客様の「これ、なんとかならないかな?」を様々な視点から分析し、スタートアップ企業様の技術コンサルティングを通じてお客様の成長を手助けする事業となります。

⑤新規事業
Serverlessを活用したBtoBtoCの新規事業です。
詳細は・・・まだ秘密です!

なぜやるのか

【Serverlessで技術革新を】

「AWSできます」「AWSやってます」
最近よく耳にする言葉だと思います。

しかし、大抵がAWSのEC2上にサーバーを立てただけのレガシーシステムであり、正直なところ、AWSを使っている人の中でその技術を活かしきれている人・企業はあまり多くないのではないか。
今までのやり方でサーバーを立ち上げて「AWSやりました」では「じゃあそれって今までと何が違うの?何がメリットなの?」と感じていました。

弊社が強みとしているServerless開発ではAWSが提供するサービスを組み合わせてお客さまのやりたいことを実現します。
ゼロベースで全てを作るのではないからこそ、圧倒的に開発スピードが違いますし、そのぶん開発コストもかかりません。さらにインフラ側もAWSにてメンテナンスしてもらえるので、運用面もセキュリティー面も従来の開発に比べて気にすることが少ない。まさにいいとこどりの技術です。

現にServerlessアーキテクチャを利用した開発でお客さまから言われた言葉として、あまりのコストパフォーマンスの良さに「桁一桁間違っているのでは?」と言われたり「もうできたの?」と言われたり確かな手応えを得ています。
こんなに素晴らしい技術が存在するのに、日本国内ではまだServerlessの技術を専門的に取り扱えるベンダーがあまり存在しなかったのです。

そこで弊社では某Serverlessシステム構築を通じて得たノウハウを拡充させ、他社がまだ手を出そうとしていなかったServerless開発支援サービスを立ち上げよう考えました。

他社がやっていないからこそ先行者利益を獲得することができるしONE WEDGEという組織が業界をリードできるかもしれない…。
自分たちが先行者となってこの技術を広めていこう。
ということでServerlessを強みとした企業運営をおこなっています。

【Serverless一本柱で行くつもりはありません】

もちろん今後、Serverless一本のみで今後やっていくつもりはありません。
従来通りのアーキテクチャのシステムもまだまだポテンシャルがあると考えます。

お客様のサービスがServerlessでない方が良い場合は従来のアーキテクチャを使ったご提案を。
最新の技術から旧来の技術まで、多角的な視点からソリューションを提供する組織でありたいと考えています。

どうやっているのか

【ONE WEDGEはどんな会社なのか、CTO村上優希に聞いてみた】

❶「ggrnkk=ググるな聞け」
巷では「ggrks=ググれカス(わかんないことがあればまず調べなさい)」という単語がありますが、ONE WEDGEではその反対、「ggrnkk=ググるな聞け」を掲げています。

これだけ多くの情報の中から正しい情報を取捨選択することは初学者ではとても難しいことですし、専門的な話であればあるほどググってもそのものズバリの回答は出てこない可能性が高くなります。

それでキーワードを試行錯誤して時間を無駄にするくらいなら私に聞いて欲しいと考えます。無知は恥ずべきことではないし、むしろ会話の中から多くの学びがあるはず。そして学んで次に生かすことができればそれでいいと考えます。

❷今は何もない。だから何でもやる
ONE WEDGEはまだスタートしたばかりの組織です。
世に知れ渡ったサービスを運用しているわけでもなく。誰もが使うプロダクトを持っているわけでもありません。それらはこれから我々で作っていくと考えています。

サービスやプロダクトを始めるのに机上の空論は不要で。エンジニアならまずはやってみることが大切です。やってみてダメなら次にまた他のことをやれば良く、失敗したことは無駄にはならずきっと次の糧になるはずと考えます。
よく、「勉強します」とか「勉強したいです」と言う人がいますが、そういうことを言って相手に調子を合わせている時間があるなら今すぐ手を動かしてなにか作って欲しいと考えます。実際に手を動かした経験に勝る勉強なんて無いのですから。

ONE WEDGEではそうやって実際に声を発し実際に手を動かしたらそれをきちんとフォローします。先にも述べたとおり何もないから今何か実現してくれればそれがそのままビジネスになる可能性を秘めています。

❸我々はチームである
黙々と作業をして誰とも話さない職場。隣の人が何をやっているのか知らない職場。堅苦しい規則に縛られている職場。上司の言ったことが絶対でおかしなことにおかしいと言えない職場。
そのような職場から新しいものが生まれるとは思いません。
ONE WEDGEでの開発業務を担うIT Solution Groupではそういう悪い慣習は排除します。開発者にとって居心地のいい場所、何でも話し合える仲間、困ったときに助け合える関係を重要視しています。
そうやって「いいチーム」を一緒に作っていきたいと考えています。

こんなことやります

現状に満足できていない皆様。
ONE WEDGEでは0からモノも会社も育てていく経験を積むことができます。
「やりたい」といえばできるチャレンジ環境豊富な職場で、共にサービスを、会社を大きくしていきませんか?

今回はBtoBtoCの新規自社サービスを立ち上げるメンバーを募集しています!
★今回は実務においてエンジニア経験者の募集となります★

■どんな新規事業?
ビジネスモデル:BtoBtoC
種類:特化型メディア
詳細はお会いした時にお話しさせていただきます💡

■業務内容
要件定義
サービス設計
アーキテクチャ構築
インフラ構築
運用設計
開発
など

その他弊社が受注する受託案件にも多数携わっていただきます!

■受託開発案件事例
・化粧品メーカ:新サービスの開発構築
・お菓子メーカー: BIの仕組み
・文部科学省:災害時学校から被害状況を収集する仕組み
・独立行政法人:災害発生時情報連携システム・ポータルサイト・ジオメトリシステム

■主なアーキテクチャ
Serverlessアーキテクチャ

■主たる言語・フレームワーク
JavaScript/TypeScript
Vue.js/React/Node.js
AWS各種サービス

■こんな方歓迎
・ポジティブな方
・技術が好きな方
・向上心のある方
・自走力のある方
・仕事に対して真摯に向き合える方
・コミュニケーションが好きな方
・能動的な方

皆様からのご応募を心よりお待ちしております!

会社の注目のストーリー

【他己紹介】ONE WEDGEが誇るCTO村上についてエンジニアチームメンバーに聞いてみた#2
【自己紹介】エンジニア1年目の振り返り
【他己紹介】ONE WEDGEが誇るCTO村上についてエンジニアチームメンバーに聞いてみた#1
エントリー状況は公開されません
66人が応援しています
会社情報
株式会社ONE WEDGE
  • 2020/04 に設立
  • 28人のメンバー
  • 東京都新宿区四谷1-18  オオノヤビル8F
  • あなたが興味を持っていることを、株式会社ONE WEDGEの担当者に伝えます

    どれぐらい興味があるか教えてください。

    エントリーが完了しました
    エントリーが完了しました

    新規開発チーム|JavaScriptを使いこなせるエンジニアWANTED!
    株式会社ONE WEDGE