1
/
5
広報
中途
36
エントリー
on 2021/07/27 1,279 views

腸が大事!の価値観を研究やアスリートとともに世に広めるPR・広報担当募集!

AuB株式会社

AuB株式会社のメンバー もっと見る

  • 元プロサッカー選手。東海大翔洋高校卒業と同時に、Jリーグ浦和レッズに加入。レギュラ ーを勝ち取ると、2015 シーズンで引退するまで浦和レッズにとって欠かせない選手として 活躍。2006 年にオシム監督が日本代表に就任すると日本代表に選出され、初戦でスタメン出場。以後、オシムジャパンとし ては、唯一全試合先発出場を果たす。

    現在はサッカーの普及に関わるとともに、自身の経験から腸内細菌の可能性に着目し、AuB 株式会社を設立。「すべての人をベストコンディションに。」を目標に掲げ、アスリートの腸内細菌の研究成果より、ヘルスケア、フードテック事業を行っている。

  • 19年4月から業務委託として関わり、20年10月に取締役として参画。事業開発や資金調達などを中心に取り組んでいる。

  • 2016年10月に入社した第一号社員。アスリートサポート、ヘルスケア事業、PRなどを幅広く担当

  • 伊藤 大樹

なにをやっているのか

AuB(オーブ)はサッカー元日本代表の鈴木啓太が創業した、アスリートの腸内環境の解析を手掛けるスタートアップ企業AuB(オーブ)は、1000 検体以上のアスリートの便(データ)から、アスリート特有の腸内環境を、4年間かけて発見。日ごろから運動と食事に気を遣うアスリートの、腸に棲む菌の種類や割合の傾向を突き止めるなどといった成果を生み出しています。

今後はそれらの成果を活用した、コンディショニングサポート事業のさらなる推進、フードテック分野への新規参入、腸内細菌の特許ビジネスの展開、などを進めていく予定です。

2019年9月には、大正製薬や三菱UFJキャピタルなどから総額約3億円の資金調達も完了。これらの資金をもとにビジネス・研究の両面から、事業の確立、発展をともにするメンバーを募集しています。

なぜやるのか

「すべての人を、ベストコンディションに」
これは当社代表の鈴木が、自身の原体験を通じて感じたものであり、当社AuBのミッションです。

鈴木は、現役時代から、「お腹でコンディショニングを作っていた」と話すほど、腸内環境の重要性をいち早く認識していました。

原点は、調理師の母親。幼少から「人間は腸が一番大事」「便を見なさい」と言われ、育ちます。プロ時代のコンディションの確認方法は何よりも、「便を見ること」。便がすっきり出ると身体が動きやすいと感じ、残便感が残ると思うように身体の動かない自分がいました。「お腹の調子が整うと、身体の調子が整う」「便の状態とコンディションには相関関係がある」と身をもって確信するなか、「アスリートが腸内環境を意識出来れば、コンディションアップにつながるのではないか」というアイデアが浮かびます。

そして現役引退後の2015年12月にAuBを設立。しかし周囲からは「サッカー選手で、ベンチャーでビジネス経験もないのに上手く行くわけない」と反対をされたり、「辞めた方がいい。どうやってやるつもりなのか」と諭されたりもしました。

それでも鈴木は「プロ選手の腸内環境から特有の“アスリート菌”を発見できるんじゃないか」「コンディショニングに人一倍気を遣うトップアスリートの腸内環境の研究は、一般の方の健康にも寄与できるのではないか」との思いを一心に、事業をスタートさせたのです。

彼を突き動かすのはスポーツ界への恩返しであり、今後のスポーツに対する期待です。そしてそれらを、アスリートの経験を活かし、起業という形で実現する、彼自身にしかできない道を切り開いてくことが、彼がもつ使命だと強く信じています。

「アスリートは人々に感動を与える存在に加え、世の中の健康に寄与する時代になっていく」と語ります。

どうやっているのか

AuBは、研究(アスリートとの共創・研究機関との継続的な研究) → 事業(製品・サービスの開発および販売) → 社会貢献(次世代アスリートの育成など) といったサイクルを回そうとしています。

■研究
代表の鈴木や顧問であるオリンピックアスリートらの力を使い、トップアスリートから便検体を収集。収集したデータを社内の研究部門で分析、検証し、詳細なメカニズムの解明については京都大学や香川大学などの研究機関と共同研究しています。
(なお検体を提供したアスリートには、各人の腸内フローラの状況(腸内細菌の種類と数、構成等)をレポートで報告し、AuBの管理栄養士が腸内環境の改善を意識した食生活をアドバイスします。年間を通じて腸内環境を定期的に調べながら、コンディショニングサポートする選手も抱えます。)

■事業
アスリートの腸内細菌環境の研究や、栄養指導を通じて蓄積した知見や成果を活用し、コンディショニングサポート事業のさらなる推進、フードテック分野への新規参入、腸内細菌の特許ビジネスの展開、などを進めていく予定です。

■社会貢献
研究成果や事業で得た知見や収益を還元し、次世代アスリートの育成や地域スポーツ振興、アスリートとの社会課題の解決など、スポーツが文化となり、センターピンとなる活動を進めていく予定です。

こんなことやります

私たちが日々研究や知見を積み重ねてきている ”腸を整えることがコンディションの土台となる” という考えは、まだまだ多くの方々に伝わっていないと考えます。これは決して競技アスリートにだけ必要な考えではなく、仕事に励む世代の方々、次世代を創る子どもたち、素敵な人生を過ごし続けるシニアの方、すべての人にとって必要な考えだと、私たちは信じています。

19年12月から自社初のフードテックプロダクト、腸内細菌サプリメントAuB BASEを、自社ECサイトAuB STOREを通じて販売を開始しております。また20年10月には第2弾として、コンディションを整えるマルチ栄養プロテインAuB MAKEも発売開始し、一定数のお客様にお届けできるようになりました。

私たちはフードプロダクトの形をとり、これまでの成果を世の中に届けています。ただしそれは一つの側面であって、その他にも有益な情報や、周囲とのつながりを感じるストーリーなどを届けていくことで、よりたくさんの人々にとって、自らのベストコンディションを目指す原動力にしてもらおうというのがこの先の考えです。

そうしたストーリーや情報を世の中に届けていき、ステークホルダーとお互いに支え合う素敵な関係づくりをできるPR担当者の方にお越しいただければと思います。

(業務内容)
広報企画立案、SNSなどのオウンドメディア企画立案・運用、広報ツール作成、 メディアリレーションズ、取材対応、プレスイベント運営、レポーティング

(必須要件)
・社内のニュースや世の中の動向を機敏に収集し、それらを企画立案、実行する力
・情報を適切に伝えるための文章力
・各所と円滑にかつ親密な関係を作れるコミュニケーション力

(望ましいスキル)
※下記いずれかのご経験がある方※
・事業会社もしくはPR会社でのサービス広報実務経験
・WEBプロモーションもしくはマーケティング企画立案経験
・メディアリレーション経験

(業務形態)
・要相談(最初はお互いの理解のため、一定期間ともに業務をご一緒していただく可能性があります)
・リモートワークメイン ※今後変更の可能性あり
・正社員採用

会社の注目のストーリー

【インターン生の一日】AuBの中をのぞいてみた。
【メンバーインタビュー#5/鈴木啓太】ピッチ外でも“水を運ぶ人”を目指して。AuBが実現したい世界とは。
【メンバーインタビュー#4/上田麻実】“やりたかったこととやってきたことが全部繋がった感覚” お醤油のような存在を目指して。
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
AuB株式会社
  • 2015/10 に設立
  • 12人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階
  • 腸が大事!の価値観を研究やアスリートとともに世に広めるPR・広報担当募集!
    AuB株式会社