1
/
5
おダシ屋プランナー
学生インターン
on 2021/07/16 69 views

沸騰した想いをカタチに。企業文化に受け継がれる想い。

インビジョン株式会社

インビジョン株式会社のメンバー もっと見る

  • ご覧いただきありがとうございます。

    2019年1月より、採用マーケティング企業にジョイン。
    採用管理システム(ATS)のHRハッカーを担当。
    #働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やす
    #天下統一


    2013年スポーツ販売部としてブランド商品のセールス担当。某野球選手のプロモーション製品の販売を経験。
    ブランドの凄さを知る。

    2016に紳士販売部へ異動。
    自社オリジナル商品のセールス担当。
    ブランド化へ向けての某レーシングチームのスポンサー企業のプロジェクトメンバーとして、プロモーション活動、レースに帯同し宣伝活動を経験。
    山手線渋谷駅構内ポップアップショップの店舗の営業担当も担う...

  • インビジョンをわかりやすく例えると「ラジオ番組のような会社」かもしれません。

    ラジオ番組のような会社ってどういうことかと言うと…
    あくまでも個人的なイメージですが、ラジオ番組って
    「相当コアなファンがリスナーになっている」
    「形式的な情報発信ではなく、自然体でリスナーとの距離が近い」
    そんな会社でありたいし、そうなりたいと思ってこの言葉を使っています。

    インビジョンは万人うけする会社ではなく
    熱狂的ファンがいる会社でいたいと思っています。

    そんな熱狂的なファンをつくるためにはあなたの持っている力が必要です。
    ぜひ私たちと「想いをカタチに」す...

  • ▼社内での呼び名
    ちな、ちなってぃー、ちなちゃん、ちなさん

    ▼役割
    取締役 戦略人事本部

    ▼プロフィール
    (地元)生粋の浜っ子
    (口癖)#大人の青春 #明日も元気におはようございます #いいんだよ #真面目か
    (好き)#仕事 #人 #夏 #旅行 #服 #刺激物 #圧倒的辛党 #スポーツ #睡眠

    人生のキーワードはインサイドアウト。内から広がる本質的な人のつながり。
    世の中に血の通ったチームを増やしたい!

  • Invision 取締役顧客最高責任者CCO←2009〜GMO-AP←2008リクルート年間最優秀営業←2002〜求人広告営業←学習院心理学科/累計6500社以上の求人広告、WEB・採用マーケ・コンサル/人材業界・HR・営業/採用課題のない世界を実現する/人事が自走する組織を作る/働くカッコいい大人を増やす

なにをやっているのか

  • 代表の吉田です。ONもOFFもアソビゴコロを忘れない。
  • インビジョンの正装はオリジナルはっぴ。商談時はもちろん正装です。

invisionは、企業と地域のおダシ屋です。

***インビジョンの提供価値***

《ダシ活メソッド》
HRテックや仕組み化で無駄な時間やコストを引き算(=アク取り)し、その企業・地域ならではのおダシ溢れるコンテンツの中身を強化する「ダシ活メソッド」で、ついつい人が集まってくる唯一無二のおダシの完成に伴走します。採用成功というより、志の実現が目的。

***主軸事業は2つ***

■おダシ採用事業(HRテック・採用ブランディングetc)
■おダシ地域創生事業

***事業の紹介***

■おダシ採用事業

「採用を通して会社をぶち上げたい!!でも採用って何から始めればいいんだろう」
 
そんな経営者の方や採用担当者様の悩みに寄り添いながら、心の中にあるもやもやとした小さな火種を焔に変え、沸騰させ、その先の企業ブランディングまで行う事業です。
会社のカルチャーやミッションに共感する人を採用し、会社の志の実現とその先の企業の魅力が発信できる会社「モテカンパニー」を一緒に目指します。

【取り扱っているサービス】
①ダシ活メソッド
従来の決まりきった採用方法ではなく、ステップごとにHRテクノロジーを活用しながら、人間味あふれるコンテンツを強化し、企業の顔が見えるような唯一無二のおダシを作るメソッドです。

*ダシ活メソッドのSTEP*
*STEP1 求人募集
 様々な採用サイトのチャネルを使って、おダシが出た原稿による求人募集をします。
 ex:自社開発のHRテック「HRハッカー」、求人情報検索エンジン「Indeed」など

*STEP2 採用広報
 求人募集を見た求職者の方に応募意欲を高めてもらうための自社コンテンツを整えます。
 ex:自社メディア「ダシマス」、自社コラム、SNS(ツイッター、Instagram、Yotube)など

*STEP3 採用ブランディング
 採用コンセプトを明確にし、採用における世界観を見える化します。
 ex:採用サイト、採用ピッチ資料、採用動画など

*STEP4 採用プロセスの最適化
 選考方法や受け入れ方法を自社らしいものに最適化します。
 ex:選考方法、ツールの決定、タッチポイントの改善、入社オンボーディング設計など

*STEP5 エンゲージメント強化
 組織の現状を把握し、エンゲージメントを高める施策の展開します。
 ex:組織内のデータ集約、社内アンケートの実施と分析、スキル設計など

*STEP6 企業ブランディング
 企業の志をコトバにし、唯一無二の世界観を魅せる化します。
 ex:義憤や志、コンセプトの言語化、デザイン戦略、BIツール導入など

②HR Hackerブログ
HR Hackerブログでは、採用に役立つ様々なノウハウをご紹介します。
Indeedの効果を最大にする秘訣やチャネルごとに強い業界についてなど、多種多様な採用にまつわる話題を発信しています。
 
■おダシ地域創生事業

Uターン・Iターンなど地方での働き方が注目されるなかで、魅力発信の仕方に悩む地方の方が多くいます。
その多くが、自分が住む地域を盛り上げたいという熱い気持ちがありながら、既存のやり方や決まりから抜け出せず、新しい挑戦ができずくすぶっている人たちです。
インビジョンは地方自治体や地方の有力メディア企業を巻き込み、機能していないアクを取り除き、地方のおダシを発信するメディア運営やプロモーション企画、教育事業を行っています。目指すは、雇用促進で天下統一です!

【自社メディア「ダシマス」】
ダシマスのコンセプトは「隠れヒーローの表舞台」
ダシマスは、みんなが認める成功者ではないけれど、自分の持ち場で誇りと自信をもって働く様々な”隠れヒーロー”たちの紹介を通じて、自分らしく、楽しく働く大人の姿を日本中に広めるメディアです。
舞台袖から声を枯らして暖かく応援し、隠れヒーローを温かい視点と精一杯の盛り上げで、より魅力的に魅せていきます。

【地方のプロモーション企画】
イベント開催やコンテンツ企画など、地方自治体や地方の有力メディア企業と連携して、地域を元気にするプロモーション企画を行います。
主な例:街全体の採用力を上げるセミナーの開催/地元学生へのオンライン企業PRイベント/観光PR動画
制作ディレクションを行った 熊本県上天草市の観光PR動画 が2020年全国広報コンクールで総務大臣賞受賞!

【教育事業】
インビジョンがずっとやりたかった教育事業がついに始動!
子どもたちに「仕事って面白い」を伝えるために"放課後革命会議プロジェクト"を進め中。
高校生、大学生を対象に全12回の講座を行い、ぶっ飛んだアイデアで地域を盛り上げる企画を一緒にカタチにすることで、仕事の面白さを伝えます。

なぜやるのか

  • 畑とか海に行って対談したり。商談場所は全国。
  • オフィスは居酒屋風。ホントにお酒置いてます。

《インビジョンの志》
『働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やす』
“アク”を取れば、誰だっておダシ出る。それが人間ー

一見品良く、淡々とおこなわれていく世界。
他人の決めた時間割で生き、タスクを無表情でこなしていく。
そんな大人たちに、いまいち心を揺さぶられない 。
これは今にはじまったことではない。
大人たちが少しずつ積立てた、貯金のようなものなんだろう。
もう見過ごせないところまで、子供たちにジワジワと浸食している。
本質を見失い、意味も考えずに、とりあえず “ちゃんとしなさい” と言う狂った教育。
親から子ども、その子どもに連鎖。生きた道徳観、倫理観が徐々に薄まっていく 。
インビジョンが向き合っているもの
それは「狂育(=ちゃんとしなさい)連鎖」のある社会そのものだ。
現在の狂育連鎖は、自分の人生の足を引っ張るダサい固定観念(=アク)だらけにして、
人間を底無し沼のようにズブズブに沈めようとしている。
ただ、私たちは教育論者でもなんでもない。
中目黒に作戦本部のある「仕事って面白いぞ」を体現する働くエンターテインメント会社だ。
私たちは、信じています。
アクの正体を知り、アク取りすれば、誰だって自分の体の中心から湧き上がってくる
自然な想い、人間臭い魅力的な「おダシ」を出せることを。
現実世界を泥臭く生きて、浴びて、その中で己の感情をグラグラさせられた体験。
お祭りのような心臓の鼓動を感じる瞬間が、人間を成長へともう一踏ん張りさせる
スイッチになる。
志に共感する本質的な人のつながり、コミュニティ作りを全力で応援したい。
いつも、どんな仕事でもみずみずしく、「仕事って面白いぞ」を、
大人にも、子供にも感染させる、働くかっこいい大人を増やしていきます。

どうやっているのか

  • インビジョンの大漁旗を掲げて
  • 気仙沼の想いが継承された入社ケーキ

ばばばばばば!なにすや!入社前の経歴聞くって、どんだけだっけ!
HRハッカー責任者をしてる小山晃宏です!
いきなりうるさいおやまんのインビジョンに入った経緯を紹介すっから、皆聞いてって。

◆企業が100年以上続くというのは変わらない想いがあるということ。
気仙沼にあるおらいの実家のお菓子屋は明治時代から130年続いているのっさ。
お菓子のラインナップや店舗が変わっても、お店の文化みたいなものは、じいちゃんのころから変わっていないのね。
それが「変わらないためには変わり続けなければならない」なんだろうね。

だがら、インビジョンのキャッチコピーの「売上100億円よりも100年以上続く会社を目指します」に惹がれたのね。
企業価値、文化を脈々と継承する会社ってものすごくかっこいいなって。
それっておらいの実家と同じだなって、そでね線と線がつながっていく感じになって「この会社でしか味わえない、感じられない、実現できないことがある」と確信して入社したんだよね。

◆まずは想いをカタチにしてみろ、背中を押した誠吾さんの言葉
そでね東北の大震災でおらいの実家とお店は何もなぐなったのね。
兄ぃちゃんが復興に奮闘する中、おらいもどうにか「気仙沼への恩返し」してぇって、ブログで気仙沼の情報発信をしてた。
だげね、人一倍、何かをしたいモヤモヤが数年続いでたのね。

その想いを実現できだのは、誠吾さんの一言。
面談の時に、社長の誠吾さんにそのモヤモヤ話してたら「2ヶ月後の新卒内定式、気仙沼でやろう。小山、企画考えてよ」って。

◆おらいの想いがカタチになった、いかだでの内定式
こうして気仙沼の内定式が実現したのね。
当日気仙沼に行ったメンバー皆たまげてて、「建物も全部流されたまんま。TVでは復興したっていってるけど、5年経ってるとは思えなかった。」って。
だからこそおらいの「気仙沼を復興したい」って思いが、皆に届いて同じ想いを共有でけた気がするのさ。

内定式の会場の沖には、気仙沼魚市場からインビジョンの大漁旗を掲げて出港していっだの。
波に揺れるいかだの上でホタテ漁を体験して、それから内定書授与したのね。
なんで漁船かって・・・気仙沼に恩返しするのはもちろんだけども、「第一次産業に触れて、ビジネスが誕生する瞬間に立ち会ってほしい」とか「働くって面白い!と身をもって感じてほしい」という思いもあったからさ。
実際にこの内定式の後、メディアからの取材が止まらなっだんだよね。
「参加して取材も目の当たりにして、コンテンツになるという価値がわかった。そして何よりこれが大人の青春だ!」って!感じてくれている子もいて、嬉しかったなぁ。

◆みんなの想いを背負った内定式だったっさ。
いま振り返ってみると気仙沼の人達、インビジョンのメンバー、おらいの想い、ぜ~んぶの想いが「内定式」っていうカタチになってたよね。
キツキツのスケジュールの中で、メンバーが急ぐように働きかけでくれだり、チェックインよりだいぶ遅れだのに女将さんが「よく来たねぇ」って言ってたりさ。漁港では漁港の人たちも集まっでぐれでた。
ドローンが飛ばなぐで「飛んで!飛んで!」って焦ってたら、メンバーが助けてくれて、無事飛んで、もう安堵の涙だったさ。
その後やったBBQも時間かかって片付けを急いでやってさ。
そしたら、おらいの友達が「片付けやっとくから、先に行って」って。
すべて終わった瞬間またむせび泣いたんだよね。
「想いをカタチにする」って大変だなぁって思ったけど、皆のおかげだよね。

◆インビジョンの風物詩、気仙沼の想いが継承された入社ケーキ
4月の入社式はいっつもサプライズで、おらいの実家のコヤマ菓子店のお祝いケーキを用意してんのね。
それから毎年、気仙沼から届くケーキはインビジョンの風物詩になった。
おらいの気仙沼での内定式の想いはインビジョンにカタチとして残ってんだなぁって。

企業文化ってどうやって作んでいくんだっぺって思ってたこともあっけど、要するに皆と想いを共有して、それに熱狂するってことなんだよね。
人は誰でも熱狂する種はあるはず。おらいの気仙沼への想いを共有して、皆で同じ方向向いて、熱狂したみたいにね。
万人受けしなくていい、でもさ、わかってくれる人は必ずいるんだ、その人たちを巻き込んで熱狂を創る。
そういう想いを持った社員がたくさんいて、一人ひとりの想いを全員で実現するっていうインビジョンの「想いをカタチに。」ていう企業文化がここにあんだなぁって思ったさ。

いまでも時々振り返って思うんだよね。「あの気仙沼の内定式が本当に原点なんだよね。」って。だから俺は想いをカタチにしたいし、これからもここにいたいと思っでます。

こんなことやります

インビジョン社員のお手伝いをしてくれる大学1年生〜3年生を募集中!
幅広いお仕事がありますが、基本的にはセールス(営業)をインターンで経験していただこうと思います。
新卒採用の場合も、こちらのインターンからスタートです。

*業務概要
インビジョンに問い合わせをしてくれた採用担当者様の悩みを解決したり、マーケティングチームと協力して、採用セミナーの開催等インビジョンに興味を持ってもらうための施策を実行するチーム!
「採用って何から始めればいいんだろう」「より良い採用方法ってなんだろう」と悩める採用担当者様のために、採用のノウハウからHRハッカーなどのHRテクノロジーを紹介する商談やセミナーをメインに行います!

*具体的な業務内容
・問い合わせをくれたお客様にアプローチ!商談を設定
・採用戦略立案
 商談にて採用課題をヒアリングし、課題解決のための戦略を提案。
 主に扱うのはダシ活メソッドSTEP1。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
船に乗りたいより、漕ぎたい人
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【□選考基準】

□ビジョン共感:ビジョンに心から共鳴し、本気で一緒に実現したいと思っているか
□志:強く譲れない信念や夢があり、それが仕事と結びついているか
□乗るより漕ぐ:環境任せにせず、自分の力であらゆる状況を突破していけるか
□人望:尊敬=実力×態度を体現し、周りの人から信頼されているか
□おダシ:自分の「らしさ」を知り、どのシーンでもそれをナチュラルに出せるか
□よく考える力:常に目の前の物事を良く考え、本質を捉えられるか

【■一緒に働けないし、ご飯にも行きたくない人】

■企業選びの時に理念とかビジョンなんてどうでもいいと思っている人。
■インビジョン入ったらなんとなく仕事楽しめそう、って環境任せなスタンスの人。
■人をタイプだけで判断する人。多様性が、インビジョンの武器だよ。
■そこそこ働いてそこそこ稼いでそこそこ楽しければ良い、何事もそこそこ星人
■ビジネスと道徳の道徳だけに振り切れてる人。それ、ボランティアでいいかも。
■成長したいといいつつ、そのための作戦立ても行動もしていない人。
■一つ一つ指示がないと動きづらい人。インビジョンのフリーな環境は逆にストレスかも
■どう思われるかばかり先行してテンプレみたいな会話する人。もっとありのままの あなたを出して。

会社の注目のストーリー

「想いをカタチに」という”理念”の体現
「おダシ」を翻訳してみた。
2021卒内定者インタビュー!等身大の完全右脳派女、田中乃亜
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
インビジョン株式会社
  • 2008/07 に設立
  • 50人のメンバー
  • 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1丁目3−7 VORT代官山3階
  • あなたが興味を持っていることを、インビジョン株式会社の担当者に伝えます

    どれぐらい興味があるか教えてください。

    エントリーが完了しました
    エントリーが完了しました

    沸騰した想いをカタチに。企業文化に受け継がれる想い。
    インビジョン株式会社