1
/
5
法務担当
中途
5
エントリー
on 2021/10/19 207 views

新たな挑戦を法務の立場からサポートする!法務Mgr募集

株式会社ツクルバ

株式会社ツクルバのメンバー もっと見る

  • 株式会社ツクルバ 執行役員 管理本部長
    10年の監査法人での経験を生かし、その後2社のベンチャー企業などに参画。
    2016年より当社社外監査役を経て2018年取締役CFOを務める。2021年10月に執行役員 管理本部長に就任。

  • 弁護士・NY州弁護士。
    大学時代~:運動会ボクシング部に所属し、リング上で闘いを繰り広げる
    社会人〜:卒業後は司法へと戦いの場を変えて2011年に弁護士に。
    2016年~:米国ヴァージニア大学ロースクールに留学
    2017年~:大手国際法律事務所Winston&Strawn LLPのNYオフィスにて独禁法チームのForeign Legal Advisorを務める。
    2018年9月~:桃尾・松尾・難波法律事務所に復帰。
    顧問業務(スタートアップ、製薬、物流、海外スポーツブランド、不動産)、訴訟・国際仲裁(会社、建築、証券)、M&A、人事労務、ブランドプロテクション、競争法、危機管理・不正調査...

  • 広川笑里
    弁護士

なにをやっているのか

  • シェアードワークプレイス事業 co-ba jinnan
  • 中古・リノベーションマンションの売買サービス 「cowcamo(カウカモ)」

2011年8月、CEO村上浩輝、CCO中村真広の共同創業によりスタートしたツクルバ。
「人と人、人と情報が交差する『場』をつくりたい」という2人の想いから社名を「ツクルバ」と名付けました。

「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。
主な事業として、ITを活用したリノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」事業、シェアードワークプレイス事業を展開。

「事業の発展を通じて社会に貢献したい」という想いは創業当初から変わりません。
そしてツクルバは今、建築・不動産・テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいます。

なぜやるのか

  • コミュニティの文化を共に生み出すツクルバメンバー
  • 理想のサービスを創造するオフィスの環境

ツクルバは「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる。」というミッションを掲げています。

■ツクルバが考える「場」とは?
目に見える場所。そこに関わる人々。そして目には見えない想い。
これらの掛け合わせで立ち上がる、人と人、人と情報が混じり合う「場」は人の想いを伝播させていく媒介役。
そんなチカラをもつ「場」を、ツクルバは社会につくり続けています。

■ツクルバが考える「発明」とは?
それまでに無かったモノやコトを生み出すだけでは「発明」とは呼びません。
それらが広く普及して、次の社会のスタンダードになっていくこと。
そこまでを含めた全てをツクルバは「発明」と考えています。

■「欲しい未来」とは?
目の前にある環境を当たり前だと思うのではなく、「もっとこうなったらいいのに」とそれぞれがアクションを起こす。
社会全体を変える大きな改革も、目の前の誰かの心を動かす小さな変化も、想いのある一人の行動から始まるはず。
その一人一人の想いがまわりの人へ伝播し、新たなアクションが生まれる。
リレーのバトンを渡すような想いの伝播によって、社会はより良いものへと進化していく。
このような「想いの伝播で進化する社会」こそ、ツクルバの考える「欲しい未来」なのです。

どうやっているのか

【組織の在り方】
ツクルバは、組織づくりも「場づくり」だと考え、個の肯定をベースにしながら、以下のコンセプトを、ツクルバにふさわしい組織の在り方の一次仮説として、場づくりを行っています。

1.共感
想いをもった人が集まり、一人一人の意志とツクルバの理念が交差し共感が生まれることで、推進力を生み出されている場

2.挑戦
個人でもチームでも、失敗を恐れず様々な挑戦をし、成長する機会が自発的に生み出されている場

3.共創
それぞれの専門性・領域愛を持った個が、価値の創出を軸に互いにぶつかり合い、新しい価値を生み出し続けている場

共感で集った意志ある個が、それぞれの専門性・領域愛をぶつけ合い、ひとりでは成し得ない挑戦を、チームで生み出していく。それにより、やがて文化になる事業をつくり続けるリーディングカンパニーを目指していきます。

【個の在り方】
個のレベルでは、行動指針である”TSUKURUBA 3 VALUES”を体現することを重視し、日々活動しています。

1.VALUE DRIVEN(価値からはじめる)
「誰のどんな価値につながるか?」を全てのアクションの起点にしよう。
仲間にとっての価値、ユーザーにとっての価値、業界や社会にとっての価値。アクションの先にいる人へ、本質的な価値を届けよう。

2.CHAMPION OWNERSHIP(自分ごとでやりぬく)
どんな仕事も自分ごとで向き合い、最後までやりぬこう。
自分の仕事に誇りを持ち、周囲の期待を超えていく。オーナーシップを究め、心を揺さぶる仕事をしよう。

3.IMPACT FOCUSED(チームは成果のために)
一人では成し得ない大きな成果を生み出すためにチームがある。
仲間へのリスペクトを持ち、衝突を恐れず、成果にこだわろう。それができるチームで、社会を変えていく。

会社は人が思う存分動ける場をつくり、人は行動指針を軸に活動し、場の輪郭を拡げていく、そんなイメージです。

こんなことやります

本募集は、ツクルバのあらゆる事業を上場会社の法務部門の責任者としてサポートする法務部マネージャー(法務部長候補)の求人です。

【ミッション/役割期待】
法務部のミッションは、「ツクルバがやがて文化になる事業をつくり続けるために、法的観点からリスク分析や法令検討を行い、メンバーが安心して業務に向かい、新たな挑戦をすることを支えられる場をつくる」ことだと考えています。
その中での法務マネージャーのミッションは、リスクマネジメントを中心に成長過程にある会社のリスク管理基盤の構築をリードすることです。

【具体的な業務内容】
・契約書の作成、審査、交渉等の業務
・新規事業を含めた事業等に関する法的な相談、課題への対応
・役職員に対するコンプライアンス活動
・関連法規に基づくリスク管理業務
・株主総会、取締役会などの運営
・社内諸規定の整備・運用
・部門のマネジメント業務

【位置づけ・体制】
マネージャーとして、ツクルバ全社の契約法務、株主総会・取締役会の運営、新規事業を含めた事業等に関する法的な相談・課題への対応、役職員に対するコンプライアンス活動、関連法規に基づくリスク管理業務等の法務全般を担当いただきます。
法務メンバー3名、ここにツクルバの経営上の中核人材となるマネージャーとして入っていただくことを想定しています。

【チーム/ワークスタイルについて】
管理部門全体で約20名。うち法務3名。
出社必須の業務があるため、週2日程度はオフィスへ出社いただくことを想定しておりますが、
テレワークとハイブリッドで働くことが可能です。
個の肯定を前提とし、共感・挑戦・共創が生まれる組織づくりを目指しており、互いをリスペクトしながら、プロとして責任をもって時にはぶつかり合いながらも目的に向かって、それぞれの職責を果たしていく文化があります。

【必須スキル】
・マネジメント経験(人数不問)
・上場企業での法務経験

【歓迎スキル】
・不動産業界知識

【求める人物像】
・ホスピタリティと柔軟性を持っている方
・高い対人コミュニケーション力を持ち、社内関係者と良好な関係構築ができる方
・顧問弁護士等社内外の専門家とのコミュニケーション能力のある方
・フットワーク軽く関係者と対話し、巻き込んでいける方

会社の注目のストーリー

「事業:システム:組織=7:2:1」思考のチームを創り、エンジニアリング組織をスケールさせる
30万人の声から新たな住宅流通を創る。カウカモの変革を推進する事業管理GM
「住まい選びは一生に何度もあっていい」  カウカモ立ち上げメンバーがリードする、今までにない売却体験で住まい循環を加速させる!
エントリー状況は公開されません
6人が応援しています
会社情報
株式会社ツクルバ
  • 2011/08 に設立
  • 164人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都目黒区上目黒1丁目1−5 第二育良ビル2F
  • 新たな挑戦を法務の立場からサポートする!法務Mgr募集
    株式会社ツクルバ