1
/
5
プロジェクトマネージャー
中途
3
エントリー
on 2021/07/06 191 views

教育で日本を面白くする!学校や教育現場へのIT製品導入PMを大募集!

株式会社Study Valley

株式会社Study Valleyのメンバー もっと見る

  • 大学卒業→英語科教員→海外生活→約一年間のニート生活(実家の主婦)→?

    2010年に大学卒業後、私立小、中、高等学校にて英語の教員として勤務してまいりました。授業の担当だけでなく、担任としてのクラス経営、部活動顧問等の経験も積みました。2017年からはボストンにあるEmerson CollegeのTheatre Educationの修士課程に入学し、卒業後は現地の邦人向け学校で幼稚園児から中学生までの幅広い年齢層を対象に指導を行う経験を得ました。今後は今までの経験を活かし、教育や社会に新たな風を吹き込む可能性のある事業に携わりたいです。

  • 教育系の様々な業種で勤務経験があります。
    中学生のご家庭への営業経験を積む中で初等教育の重要性を再確認し、小学校の教員になることを決意。
    学童保育で子どもとの関わり方を学びつつ、通信制の大学で教員免許を取得しました。
    子どもと接する仕事は大好きで、学童指導員や公立小学校の教員の仕事も大変魅力を感じながら勤務していました。
    「日本の教育をより広い視野で学びたい」「本質的な指導ができるよう幅広い知見を身に付けたい」と思い、EdTechスタートアップにキャリアチェンジ。
    教育系のコンテンツを作成しながら、現在は採用・広報の仕事も兼務しています。

  • 大学学部時代にはコンピュータサイエンスを専攻。研究内容としては無線通信が専門で、CDMAや4G等の基礎知識をつけるとともに、自身の研究としては車々間通信を用いた衝突回避と対象車両の速度を無線信号のドップラー効果によって計算するモデルの設計に関わる。
    その後大学院修士時代には、自動運転アルゴリズムの開発と燃費の最適化、モデル検証用に交通流のシミュレータをC++で構築し、モデルのパラメータキャリブレーションを行うことによって精度の向上に努めた。また、日産自動車、NEDO、産総研等との共同研究を通じて、実務レベルでの研究開発を経験。
    新卒でゴールドマンサックス証券に入社。テクノロジー部にて、株...

  • Hello, my name is Chad. I was born and raised in Hawaii and now living in Tokyo, Japan. I am currently working at Study Valley as a Frontend Developer using TypeScript, React, and Redux.

    In my free time, I enjoy writing blog articles, photography, basketball, and playing with my French Bulldog.

なにをやっているのか

短期・中長期の学ぶ人のやる気を引き出す塾・家庭教師・学校向けSaaS「TimeTact」
https://www.studyvalley.jp/timetact/
https://www.partnership.studyvalley.jp/teachers
https://www.partnership.studyvalley.jp/

経済産業省 未来の教室 STEAMライブラリー プラットフォーム構築事業
https://www.steam-library.go.jp

Study Valley公式!メディア
https://www.blog.studyvalley.jp/

小学生向け苦手克服アプリ「アンカー」
https://lp.studyvalley.jp

無料オンラインコンテンツが探せる・見つかる検索エンジン「CanBee」
https://canbee.studyvalley.jp

なぜやるのか

教育を変革し、100年後の世界を豊かにする、をビジョンにしています。
孔子の格言の中に、

「あなたの計画が1年であれば米を植えなさい、あなたの計画が10年であれば木を植えなさい、あなたの計画が100年であれば子供に教育を与えなさい」

というものがあります。
我々は教育のシステムを変革することで、100年後の日本、さらにいえば世界を豊かにしていきたいと考えています。

どうやっているのか

  • 美味しいお酒を飲むのは、モチベーションの1つ

2021年5月末現在、9名の社内メンバーおよび3名のパートナーさんで事業を行っています。
社内メンバーの中には元小学校の先生がいます。
チームの文化として、各々メンバーが最大限アウトプットすることでチームワークは醸成される、と考えており、結果を出すためにメンバー全員が目標に向かって協働しています。
また、創業間もないため、Valueは定義途中なのですが、

1. 美味しいお酒を飲もう
2. A bit of madness

を掲げています。

1については、各人が毎月の目標に向かって全力で走り抜け、月末にその達成感で美味しいお酒をみんなで飲もう、というカルチャーです。お酒が苦手なひとはご飯が美味しく感じるそうです。

2については、ちょっとだけバカになろう、という文化です。正攻法や一般的な正しさを追求するのではなく、ちょっと狂ったアイディアで仕事をしよう、という考え方です。完全に狂うのではなく、「うわー、その発想おもしろい!」をチームで大切にしながら事業を進めていいます。

こんなことやります

教育現場で導入が進んでいる自社製品の導入に向けたプロジェクトマネージャーを大募集です。
導入プロジェクトだけでなく、プロダクトの開発プロジェクトや並行して進んでいるBizDevのプロジェクト進行管理等、経験できる仕事の幅はめちゃくちゃあります。
一方で、領域が多い点、不安もあるかと思いますが、代表である田中は開発、ビジネス両方を経験しており、両方の面でサポートが受けられます!

会社の注目のストーリー

誰一人忙しいと言わない。幸せに働くなら株式会社Study Valleyが最適な10個の理由!
エンジニアが独立する前提で働くなら株式会社Study Valleyが最適な10個の理由
エンジニアのキャリアパスはマネージャーorスペシャリストのみなのか?
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社Study Valley
  • 2020/01 に設立
  • 10人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都江戸川区東葛西5−13−9 東葛西ビル405
  • 教育で日本を面白くする!学校や教育現場へのIT製品導入PMを大募集!
    株式会社Study Valley