1
/
5
Webプロダクト開発エンジニア
中途
11
エントリー
on 2021/07/02 233 views

ユーザー急増中!自社開発プロダクトe‐casebookの開発エンジニア募集

株式会社ハート・オーガナイゼーション

株式会社ハート・オーガナイゼーションのメンバー もっと見る

  • 株式会社ハート・オーガナイゼーション 代表取締役CEO。
    外資系製薬会社マーケティングを経て、2000年にハート・オーガナイゼーションを創業。

    専門医の近くで仕事をしていた時に、医師がどのように治療すべきか迷う場合、病院内で解決できず他の病院の専門医にCTやMRIといった医用画像を記録したCDを宅急便で送り、電話やメールで相談がされているという現実を知り、医師がWeb上で症例検討できるクラウドサービスe-casebookをリリース。2020年3月1日現在、ユーザー数は、循環器内科、整形外科の専門医を中心に11000人を超える。

  • 業務用UI設計ツールやスマートフォン向けWebブラウザアプリ、チーム開発環境構築、プロダクトマネジメント、プロダクト・コーポレート広報やエイプリルフール企画など、ソフトウェアエンジニアリングやプロダクト開発について幅広く経験してきました。

    誰をどう幸せにするのか、をいつも考えながらプロダクト作りに取り組んでいきたいと考えています。

    開発環境は Linux, Windows, macOS などを使ってきましたが、基本的にいつも UNIX 系の環境として暮らしています。だいたいのことは Emacs でやります。みなさん好きなエディタを選んで使うと良いと思います。技術としての筋の善し悪しは...

  • フロントエンドとサーバサイドを中心に e-casebook の開発を幅広く担うエンジニア。自分の開発環境最適化にこだわりあり。

  • デザイナーです

なにをやっているのか

  • 2019年4月に開始した専門医向けライブ配信サービス「e-casebook LIVE」です。
  • 2021年9月に開始した医用画像共有プログラム「Caseline」です。

私たちは2つのサービスを提供しています。

1)手術、講演、症例検討を配信する「ライブ研究会プラットフォームe-casebook LIVE(イー・ケースブックライブ)」
どこにいても世界の専門医からライブを通じて学べるサービスです。各地の学会・研究会で、学びたくても時間や距離の制約で参加が難しかった医師に、オンラインで「参加する」仕組みを提供します。そうすることで世界最高峰レベルの手技や考えを知ってもらい、日常の臨床に活かされる、そんな世界を目指しています。現在4.3万人の専門医が登録しており、ライブ手術や講義動画の視聴、DICOM(医用画像フォーマット)を用いてのディスカッションなどにご利用いただいています。

2)いつでも簡単に安心して病院外の専門医に相談できる「遠隔医療コミュニケーションアプリCaseline(ケースライン)」
e-casebook LIVEで獲得した循環器専門医7000人のニーズに答えて誕生しました。救急搬送・処置中の現場医師と遠隔の専門医とをリアルタイムでつなぎ、施設内で表示している医用画像・映像を共有しながらの音声通話で、遠隔診断をサポートするシステムです。

会社の注目のストーリー

専門医ユーザーの行動・傾向を分析データによって可視化!ユーザーに寄り添い戦略を構築—ハート・オーガナイゼーション マーケティングコミュニケーション・荻原豊インタビュー
サービスの顔となる「第一印象づくり」に邁進!当社のデザイナーの役割とは—ハート・オーガナイゼーション プロダクト開発部デザイナー・海本高希インタビュー
忙しい企業と医師の間に立ってWebシンポジウム配信を成功に導く!当社の重要なポジション「キュレーター」の魅力とは—ハート・オーガナイゼーション第一営業部キュレーター・林良子インタビュー
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社ハート・オーガナイゼーション
  • 2004/01 に設立
  • 30人のメンバー
  • 大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー4階
  • ユーザー急増中!自社開発プロダクトe‐casebookの開発エンジニア募集
    株式会社ハート・オーガナイゼーション