1
/
5
中途
UXデザイナー/IA
8
エントリー
on 2021/06/03 1,742 views

米シアトル歴20年デザイナー・外資系ストラテジストと組むUXデザイナー募集

tacto株式会社

tacto株式会社のメンバー もっと見る

  • tacto inc Co-Founder/Designer

    アメリカシアトルに約20年在住し、帰国。
    アメリカで芸大を卒業し、広告、デジタル、インダストリアルデザイン会社を経て、
    Deloitte Digital本社(シアトル)でのクリエイティブディレクターを経験。
    日本に帰国したのち、大手広告代理店のデジタル部署でCustomer Experience Director, Executive Creative Directorとして様々な案件に携わった。

    2020年、tacto inc. 設立。
    「経験のデザイン」で日本のデザインを世界レベルに高めるべく活動中。

  • tacto Inc. Co-Founder / Strategist
    YUMMY SAKE Ltd. Chief Experience Officer
    米系広告会社Leo Burnettの東京支社で営業・戦略を経て、ヤングカンヌ日本代表2年連続選出をきっかけにクリエイティブ職へ転向。同社初のExperience Designerとなる。
    その後、サービスデザイン・新規事業開発のキャリアを積み現職。旅行好き。

なにをやっているのか

エクスペリエンスをつくる。

そう聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか? アプリ・WEBなどのオンライン体験、店舗・パッケージなどのオフライン体験、広告・イベントや建築・ランドスケープなどを連想する人もいるかもしれません。

私たちtacto株式会社は、人間の意識や心理に働きかけるコンセプトや仕掛けから、具体的な形を持つデザインまでワンストップでものづくりを行う「エクスペリエンスデザインファーム」です。

クライアントワークを中心に、サービス設計やプロダクトづくり、デジタルトランスフォーメーションの戦略などを手がけています。手掛ける分野に制限は設けず、そもそも何をやるか・やらないかから考えて提案する、ちょっと自由すぎるデザイン会社です。

なぜやるのか

  • 少人数のワークショップなどもここでやってます
  • 2フロア専有で文字通り風通しがいいです

■経験をデザインする■

私たちが考えるエクスペリエンスデザインは、言うまでもなく、単に見た目を美しくすることではありません。

また、闇雲にユーザーにとっての使いやすさを追求することでもありません。

実現したい価値・社会的な意味・使用可能なリソースなどを定義しながら、企業・ブランドの持続的な成長に貢献し、生活者のライフスタイルの転換を図ることです。

そのために、点の「体験(アクティベーション)」ではなく線・面となる「経験(エクスペリエンス)」をデザインすることを目指しています。

たとえば、ロゴをデザインするとしましょう。ブランドパーパスやUSPを定義し、伝わりやすくアイコン化して終わりにすることもできるかもしれませんが、私たちは、そのロゴを見て人はそのブランドに関してどのような記憶を頭に浮かべるといいのか、という点まで考えます。どんなときにロゴにふれ、そこでどんな体験をして、どういう印象が頭に残るのか。一連のジャーニーを可視化して検討します。

■日本のデザインを変えたい■

共同創業者/デザイナーの板倉は、中学3年時に米国シアトルへ移住し、美術大学・デザイン会社を経て大手コンサルでクリエイティブディレクターを経験しました。

現地で働きながら、自国である日本のデザインに対して不満と悔しさを抱くようになり、起業を決意して2017年に帰国。

様々な日系ビッグクライアントの案件を手がける中で、組織の縦割り構造や、体験設計やコンセプトメイクへの理解不足などの実態を把握。

外資系広告会社やデジタルエージェンシーでキャリアを積んでいた中島と共に、日本のデザインを変えるためにtactoを立ち上げました。

どうやっているのか

  • デスクやブックシェルフもこれからデザインします
  • なんにもない状態も楽しめる人には最高の状況

■日本なのにグローバルな仕事環境■

海外企業・外資系企業でキャリアを積んだメンバーが設立したため、日本にいながらグローバルな視野を持って活躍することが可能です。

コンパクトな組織ながら国内外に大手クライアントを抱えていることも特徴です。今後、様々な国籍のスタッフの加入も想定しています。

■速さと質を追求するクリエイティブペア■

ストラテジストとデザイナーのクリエイティブペアを中心とした体制で、従来のコンサルやクリエイティブエージェンシーでは実現できない、速さと質の両立を目指しています。

少数で上流から下流まで領域をカバーすることで、守秘性を保ちながら情報共有のサイクルを高めることもできるため、新規事業開発における立ち上げから参画依頼を受けることが多いです。発注元からは「色々と手っ取り早い」と思われているようです。

■創造性を刺激する環境■

良質なクリエイティブは、広くて心地よい環境から生まれると考えます。

今年の3月から屋上付き最上階のフロアに入居し「つくるために行きたい仕事場」を少しずつ整えています。換気と雰囲気は抜群。より良い環境を一緒につくりたいという方は、今の加入がベストタイミングといえます。

またエクスペリエンスをつくるからには、多くの実体験が必要です。最先端のデバイスを使ったり、国内外のエキシビジョンやカンファレンスを訪れたり、様々な国の文化に触れられるよう、積極的なサポートも視野に入れています。

こんなことやります

■募集内容■

情報設計・ワイヤーフレームづくりをリードするUXデザイナー/IAを募集します。
本人の希望と適性によって、前段階となるコンセプト開発、ワークショップ実施・設計、デザイン、プロトタイプづくり、ユーザーテストまで幅広い業務にもご参画いただけます。前述のクリエイティブペアを増やしていく構想もあり、ペアでの応募も歓迎します。
また上記以外の職種の採用も検討しています。

■仕事の醍醐味■

世に出ていないプロジェクトや新規サービスもあり、それらを0→1から設計できるのは貴重な経験です。

コンサルティングないし代理店から制作会社に降りてくる案件であれば、決められたレールを走ることがほとんどです。しかし弊社では、0次案件から入ることができます。クライアントと直接話しながら案件を進めるので、そもそもの事業目的やブランドパーパスへ深く入り込める環境です。

こうしたフェーズでチャレンジしたい方には絶好の機会になると思っています。

■今後の活躍の場■

スペシャリストとして情報設計をリードしていただく道も、マネジメントサイドに進む道もあり、ご自身の行動次第でどのようにでもキャリアパスを描くことができます。
まずは20名規模の少数精鋭組織を目指しており、小規模メンバーをディレクションしていただくことも想定しています。
2020年8月に創業し、現在進行形で会社をつくるフェーズのため、経営や会社づくりに興味がある方も歓迎です。

■求める人物像■

一言でいうと「自分らしく生きている人」をイメージしています。

もう少し具体的に言うと、以下のような方なのかなと思います。

・周囲に合わせず自分の意見を言う人
・他人の意見を理解して吸収できる人
・負けず嫌いで、もっと成長したい人
・弊社を利用して高みを目指したい人

■求める経験・スキル■
下記の内、2つ以上当てはまる方。

・アプリやサイトのストラクチャー・ワイヤーフレームの企画開発経験
・4~5年程度のUI/UXデザイナーやIAとしての職歴
・Figma/Invision/XDなどの使用経験

■歓迎するスキル■

・UIデザイン・グラフィックデザイン
・コーディング
・映像編集
・イラストレーション
・プレゼンテーション
・英語

はじめてのWANTEDLY掲載で、ちょっとマジメに書きすぎたかもしれません。

お茶・お酒・シーシャなどなんでもある公私混同オフィスですので、会ってみたいなーと思ってくれた方は、ちょっと遊びに行く感覚で、気軽にお越しください。

エントリーお待ちしています!

エントリー状況は公開されません
6人が応援しています
会社情報
tacto株式会社
  • 2020/08 に設立
  • 2人のメンバー
  • 141-0021 東京都品川区上大崎4-5-28 MEGUROHAUS 601
  • 米シアトル歴20年デザイナー・外資系ストラテジストと組むUXデザイナー募集
    tacto株式会社