1
/
5
中途採用
AIエンジニア
2
エントリー
on 2021/04/30 197 views

AI技術を駆使しモビリティプラットフォームの構築 エンジニア募集‼

矢崎総業株式会社

矢崎総業株式会社のメンバー もっと見る

  • 原 翔太

  • 海野 裕基

なにをやっているのか

■会社ホームページ:https://www.yazaki-group.com/

■採用ページ:https://www.yazaki-group.com/recruit/newgrads/

《矢崎総業株式会社》
矢崎総業株式会社は東京に本社を置く、1941年に創業した企業です。

矢崎総業はクルマの中で、住まいの中で、街の中で、矢崎グループの製品は皆様の安全と快適を支えています。
自動車用ワイヤーハーネスをはじめ、電線、ガス機器、空調機器、太陽熱利用機器まで、多種多彩な製品を開発。さらには、介護やエコビジネスを中心とした新しい事業にも挑戦しています。

《主な事業》
・自動車機器事業
・生活環境機器事業
・介護、農業、環境リサイクル事業

■沿革
1941年 「矢崎電線工業株式会社」設立
1949年  日本初の「自動車用ビニル電線」発売
1960年  日本初のタコグラフ(運行記録計)「TCO-8」発売
1963年 「矢崎電線工業株式会社」を「矢崎総業株式会社」に改称
1976年  東京都港区三田に本社移転
1999年  業界初のデジタルタコグラフ「DTG1」発売
2015年  ハイブリッドデジタルタコグラフ「DTG7」発売

《まるわかり矢崎》
◆売上高:17,140億円(2020年6月期)
◆従業員:243,723名
◆Top100グローバルイノベーター受賞:計3回受賞(2016年、2017年、2021年)

◆日本を含む世界45カ国に170法人・476拠点を展開
◆従業員数 243,723名
◆Top100 グローバル・イノベーター受賞 3回受賞(2016、2017、2021年)

 グローバル
◆海外出向者数 515名
◆拠点展開国数 45か国

 社内イベント
◆オール矢崎体育大会参加者数 4,285名
◆矢厚会クラブ数 111数

なぜやるのか

■Mission

「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」
日本のみならず世界のこれからのモビリティ社会の未来を支える会社でありたいと考えております。

■矢崎総業の変革の時

"100年に一度の大変革”
今、自動車業界が直面している変化とスピードは、これまでの経験則を遥かに上回る"100年に一度の大変革”の中にあります。

MaaSの概念で創出される巨大なマーケット"の出現は、自動車業界に留まらず、鉄道やバスといった旅客運送、移動の目的である買い物や観光、医療などあらゆるサービスに影響を及ぼすものであり、この変革は環境・エネルギー問題、都市と地方が抱える問題解決に向けたオールインダストリーを巻き込む産業構造の大変革です。

■モビリティ事業本部の立ち上げ

”モノ売りからコト売り”へ
この大変革に対し「スピーディかつオープンなスタンスで異業種と協業やイノベーションの加速を目的」としたモビリティ事業本部を設立。自動車部品の事業基盤に加え、商用車を対象とした運行管理や安全運転のデータビジネスを統合し、すでに現時点で10万台の規模に達しており、日本だけでなくタイでもサービスを開始しております。

グローバル化を進めるにあたり、社是である「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」の理念を軸に、それぞれの国や地域が持つ独自の地域性や文化を尊重し、地域に根差した経営と、そこで築いた信頼関係を最優先とし続けてきました。

どうやっているのか

『社会に役立つことをビッグデータで実現していきたい』

ビッグデータの活用として現在考えているのは、事故防止、渋滞予測、災害回避などにつながる情報提供です。データを分析すると、事故や渋滞の傾向が予測できます。また大雪などの自然災害で通行止めが発生しやすい道路に関しては、発災から解消までの交通状況の推移を可視化できるため、迂回路を建設する際のルートの検討に役立ちます。
どこの道路に、どんな車種が、どの時間帯に、どれくらい走行しているかのデータは、店舗出店や物流拠点の場所選定にも応用できるでしょう。蓄積されたデータは現在の状況を把握し、これから起こることの予測と、どうしていくかを見据えるための材料になります。

矢崎のデータソリューションはまだ始まったばかりですが、データをそのまま販売するだけでなく、地図情報や旅行時間を組み合わせた加工データを作ったり、他社サーバと一部機能を連携するAPIという仕組みを導入すると、できることの可能性は無限大に広がります。

こんなことやります

~お仕事について~
◆ミッション
 新たなモビリティサービスを提供するための基盤となるプラットフォームの開発(YMPF)及び運用管理
YMPFに集約されるビッグデータタから新たなサービスを生み出すデータ分析を行います。

モノからコトさらにその先に行くためのデータプラットフォームの構築を推進しております。
現在は矢崎の通信型デジタルタコグラフから集まってくるデータを匿名化しクラウド上に蓄える仕組みは
構築済みです。
そのデータ分析し、様々なお客様にサービスする事業を推進しております。現在はある業界への
データ販売を進めております。
今後は矢崎内の様々なデータを収集したり、他社サーバーとの連携により様々なデータも
扱えるデータプラットフォームの開発を進めております。
また、データ販売においても間口を広げて様々な業界展開をしていくべく、サービス開発も
行っております。

◆具体的な仕事内容
①AIのベンチマークによる解析対応(お客様のニーズに合ったAI選定)
②新規システム企画時のAI選定対応

◆部・チームの人数や雰囲気
モビリティサービスプラットフォーム企画統括部 26名
モビリティプラットフォーム企画部 15名
◎自由な意見を活発に話ができる雰囲気です。困ったことは先輩に相談が可能です。

~募集背景~
当社新規事業の成長・拡大のため新しいメンバーを募集しています。
熱意あり一緒にチャレンジしていける優秀な方との出会いをお待ちしております。
世の中のトレンドと新規技術に触れる機会が多いため、自分自身のスキルアップや刺激を常に
受けることができ、常に自分の考え方がアップデートできます!

~応募資格~

◆必須スキル・経験
・エンジニアリング知識(プログラミング・フレームワーク・クラウド)
・サーバーデータベース知識(サーバー基礎・ネットワーク基礎・構築・ソフトウェア技術)
・機械学習(統計・数学・機械学習)

◆歓迎スキル・経験
・機械学習等の人工知能に関する研究経験
・C++、Java、Python等による、人工知能、探索アルゴリズム、最適化アルゴリズム等の実装経験
・チームでの開発経験

◆求める人物像
《弊社の経営理念・ビジョン/ミッション/バリューに共感いただけるはぜひご応募ください!》
・矢崎の商用車ビッグデータを用いお客様への課題解決に向けた新サービスをAI活用で解決したい方
・新しいシステムの企画及び構築を行いたい方
・技術力を追求し、顧客や世の中に満足や驚きを与えられるような高い成果を実現できる方
・好奇心旺盛で技術情報などの収集・研鑽を常に行っている方
・とにかくプログラミング、データ解析が好きな方

会社の注目のストーリー

【モビリティプラットフォーム部門長インタビューNo.1】モビリティ事業本部 部長 橋本 幹二~100年に一度の大改革から生まれた新事業~
【社員インタビューNo.1】採用担当人材開発部 原 翔太 ~今、矢崎総業に求める人物とは~
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
矢崎総業株式会社
  • 東京都港区港南1-8-15 Wビル
  • AI技術を駆使しモビリティプラットフォームの構築 エンジニア募集‼
    矢崎総業株式会社