1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
バックエンドエンジニア
1
エントリー
on 2021/04/09 237 views

バックエンド:XRスタートアップで世の中を変えるサービスづくりにチャレンジ

株式会社Synamon

株式会社Synamonのメンバー もっと見る

  • 基幹系のwebシステム開発から、プロモーション・コミュニティサイト、CMS等の開発に10数年携わり、徐々に元々興味のあったUnity等のゲームエンジンでの開発に移行してきました。未経験な中でつてを辿ってアプリ開発の仕事をもらい、なんとかリリースすることもでき、その後もUnityで開発実績を得てきています。
    その他趣味でもunityについて学んできましたが、ここ最近で特にシェーダーに興味を惹かれ、集中して勉強すべく一旦会社をやめ、昨年12月から取り組んでいます。その成果として制作したものがポートフォリオとなります。

    基本的にプログラミングは好きで個人的に競馬解析ツールを作り、機械学習を勉...

  • 臼木 駿輔

  • 初めまして、渡辺匡城と申します。
    現在は株式会社SynamonでUnity/C#/XRエンジニアとして働いています。
    大学院時代から2年間のインターンを経て、2019年4月に新卒で入社しました。

    最近では、
    ・エンジニア採用の支援
    ・評価制度の改善・運用
    ・スクラムの導入、スクラムマスターとしての支援
    ・メンバーの1on1
    ・テックブログの運営
    などのエンジニアリングマネージャーとしての活動をメインにしています。

    チーム開発の経験として、
    ・プロダクトのリリースマネジメント
    ・開発フローの改善
    ・DevOpsの統計数値データの計測
    ・DDD、TDD、Clean Architectur...

  • 1981年大阪出身
    アニメ/映像業界で10年以上フリーランスのモデラーとして活動、
    「これからはリアルタイムグラフィックの時代が来る」との思いからUnityエンジニアに転向、現在は2つのスキルを活かしてVRアプリケーションの作成に没頭中。

なにをやっているのか

  • VRイノベーションタワー「NEUTRANS」キービジュアル
  • 「NEUTRANS」:アバター同士でコミュニケーションがとれる、ブレストなどもしやすい!

Synamonは「XRが当たり前の世界をつくる」ことをミッションに、未来づくりに挑戦しているXRスタートアップです。
VRというとゲームやバーチャルSNSといったtoCビジネスのイメージが強いかもしれませんが、市場をつくっていくためには、日常で使われる仕組みを生みだしていくことが重要です。
そのため、toB領域にしぼり、未来への取り組みや事業づくりにチャレンジしている企業様への支援や、XR活用のユースケースづくり、継続的に使われるための仕組みづくりに取り組んでいます。

2021年2月にブランドリニューアルされたVRイノベーションタワ「NEUTRANS」で企業の皆様と一緒に仮説検証を繰り返しながら、XR技術の深堀りや未来への種をみつけるR&Dも行っています。

グローバル展開も視野にいれており、日本だけでなく世界へも挑戦したいと考えています!

まだ市場ができていないからこそ、可能性がある
不確実だからこそ、挑戦しがいがある

そんな思考をお持ちの方、一緒に未来をつくっていきましょう!

■VRイノベーションタワー「NEUTRANS」とは?
VR技術の活用によって、バーチャル空間であらゆるビジネス活動を可能にするVRビジネス施設です。世界中どこからでも働けるオフィス、リモートでもリアルのような体験を可能にするトレーニングや開発予定の未来都市を見学できるプロモーションなど、バーチャル空間を活用した次世代事業の創出拠点を目指します。

▼PVはこちら
https://youtu.be/49P5sz9g4B0

▼詳細はこちら
https://neutrans.space/

▼お客様の声などは導入事例でご覧ください
https://neutrans.space/casestudy/

■メディア掲載
日経新聞、日経クロステック、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、NHK、TBSなど様々なメディアで取り上げていただいております!

なぜやるのか

私たちのモチベーションになっているのは「好き」や「ワクワク」です。
映画やアニメで見てきた「未来の世界」。
その世界を作りたい、そうなった世界を早く見てみたい
そんな気持ちが、私たちのベースにあります。

そのうえで…

なぜXRなのか?
思い描いた世界を、自分だけでなく相手にも直接体験してもらえるテクノロージがXRです。
体験してもらえるというのが重要で、その体験を通じてつくり手の想いが伝播し、仲間が増えたり実現スピードを加速させたりすることができます。

なぜBtoBに注力しているか?
それは市場を創るために他なりません。
ゲームやエンタメの中でしか活用方法がなかったら、VRを始めとするXR技術は一部の好きな人たちだけで盛り上がって終わってしまうかもしれない。
市場を創るには、もっと自然に、日常の選択肢のひとつのとしてXRが存在する状態をつくる必要があります。
様々な業界・業種の人たちに、様々な活用方法でXRを使ってもらい、XRの可能性をどんどん感じてもらうことが近道だと考えています。

すべてはビジョンにかかげる「BE CREATIVE, MAKE FUTURE」、未来づくりに向かうためです。

どうやっているのか

  • メンバー集合写真
  • 常に最新機材を取り揃え、技術開発やVRの研究活動に励んでおります

組織づくりにも本気で取り組んでおり、バリュー浸透や評価制度やOKRなどをはじめとする社内制度づくりにも積極的に挑戦しています。

■Synamonのバリュー
変化の激しい業界でミッションを達成するためには、組織としての共通の価値観が重要と考えています。2020年秋にビジョン・ミッションに向かうためのものとして策定され、現在は社内浸透にも力を入れています。

・自分の箱から出る
・勇気を持って一歩踏み出す
・想いを持ってやり抜く

※「自分の箱から出る」は、以前からSynamonで取り入れたい考えた方として取り上げられていた『自分の小さな「箱」から脱出する方法』という本の考え方を基にしています。
https://www.amazon.co.jp/dp/4479791779

評価制度や1on1、スクラムの導入なども行っており、組織づくりにも全員で取り組むという姿勢があります。組織への影響力も大事な要素と捉えており、これから仲間になってくれる皆さんにも積極的に組織に関わっていってほしいです。

■目標管理はOKRを導入
全員で同じ目標にむかっていくため四半期ごとにOKRをつかって目標を設定しています。

こんなことやります

VRを活用したVRイノベーションタワー「NEUTRANS」が次のステージを目指すために、サーバーサイド開発のあるべき姿を描き、ビジネスやクライアントアプリケーションへの影響も考慮した上での技術的判断からその実行までお任せします。

「NEUTRANS」におけるサーバーサイドでは、ユーザー情報やコンテンツの管理、それを操作するWebの管理画面、VR空間との連携のためのWeb APIとそれらのインフラの開発運用をしています。
管理画面にはユーザーも触れるため、VR空間を含めたユーザー体験を考えながら機能開発をしております。
VR空間と連携するAPI部分では、Unityを用いて開発している部分と連携する必要もあります。
またビジネス向けのサービスのためセキュリティも一定以上の水準を維持しながら開発運用をしています。

足元でやるべきことがある一方で、プロダクトとしてどうあるべきかを見直しているタイミングでもあります。
その中でVR空間の体験だけではなくサーバーサイドも含めて最適な形を検討したり、Web側での新しい取り組みも検討しています。
そのため将来的にはプロダクトがどうあるべきなのか他のメンバーと一緒に考えるとともに、サーバーサイドがどうあるべきか設計したり使用すべき技術を選定する必要も出てきますので、そういった意思決定も周りを巻き込みながらリードしていただきたいです。

【業務内容詳細】
- NEUTRANSの管理画面などの新規開発、改修、運用・保守
- VRと連携するための各種APIの新規開発、改修、保守・運用
- セキュリティの強化
- CI/CDの導入やインフラ構成管理などDevOpsの体制強化
- コードレビューや静的解析などを用いたプロダクトコードの内部品質の改善
- プロダクト仕様に関するドキュメント整備
- 開発プロセスの改善
- 開発チームの技術力向上

ご興味あれば、下記の分野にも挑戦できます。

- リアルタイム通信の開発・運用・保守(Go言語)
- インフラまわり改修・運用保守(GCP)

【ポジションの魅力】
- 先端技術であるXR技術の社会実装や未来づくりに貢献することができます。
- スタートアップの初期メンバーとして、技術的な意思決定や判断をしていくことができます。
- 開発チームの組織化に携わり、チームとプロダクトの成長を一人称で経験できます。
- VR/ARなどXR領域の先進的な取り組みに触れることができます。
- 要件定義のレベルから関わってプロダクトがどうあるべきか考えながら開発することができます。

【必須】
- バックエンドの開発経験2年以上
- ビジネスメンバーとの折衝、要件定義フェーズの実務経験
- 新サービスや新規プロジェクトの開発からリリースまでの実務経験
- テックリードやプロジェクトマネージャーなどのリーダー経験

【歓迎】
- Ruby on Railsなどのフレームワークを用いたバックエンドの開発経験2年以上
- AWSを用いたインフラの設計構築経験2年以上
- スクラムの実務経験
- AnsibleやChefなどのインフラ構成管理の導入経験
- JenkinsやCircleCIなどによるCI/CDの導入経験
- Webセキュリティの整備経験がある方
- パフォーマンスを考慮したDB設計やパフォーマンスチューニングに関する知識
- ERBやHAMLなどでのフロントエンドの開発経験・デザイン経験

【求める人物像】
- Synamonのビジョン、ミッション、バリューに共感できる方
- 新しい技術や製品に関して自分で積極的にキャッチアップできる方
- サーバーサイドだけでなくプロダクト全体を俯瞰して全体最適を考えられる方
- 周りを巻き込んで意思決定や改善ができる方

【開発環境】
- バックエンド:Ruby2.5, Ruby on Rails5.2
- フロントエンド:JavaScript, ERB, jQuery, AngularJS
- リアルタイム通信:Go, Node.js, WebRTC
- クライアント:Unity, C#
- DB:PostgreSQL, Redis
- インフラ:AWS (Fargate, ECS, RDS, CloudFront, WAF, S3)/ GCP(リアルタイム通信)
- 開発環境:DockerDesktop
- コミュニケーション:Slack, Discord, JIRA
- バージョン管理:GitHub
- ドキュメント管理:Scrapbox
- HMD:OculusRiftS、OculusQuestなど
- 共有ハードウェア:Nreal、HoloLens、HoloLens 2、MagicLeap、HTC VIVE Pro

会社の注目のストーリー

新しくなった「NEUTRANS」を90秒で紹介します
【VR×3DCG】自分がつくった世界に入れる感動がある、SynamonのCGデザイナーという仕事
Synamon代表・武樋の創業ストーリーが公開されました
エントリー状況は公開されません
9人が応援しています
会社情報
株式会社Synamon
  • 2016/08 に設立
  • 28人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都品川区西五反田 7-22-17 TOCビル9階1号室
  • バックエンド:XRスタートアップで世の中を変えるサービスづくりにチャレンジ
    株式会社Synamon