1
/
5
中途採用
フルスタックエンジニア
4
エントリー
on 2021/03/26 58 views

目指すは業界プラットフォーム!建設業界を変革するフロントエンジニア募集

株式会社アルダグラム

株式会社アルダグラムのメンバー もっと見る

  • After obtaining Executive MBA from IE Business School, worked for a known AI venture in Japan, as the technology consultant. As the co-founder of FAS of Thailand's National Law Firm of 250 lawyers, managed M&A projects in Southeast Asian countries for 6 years and resumed academic study for anothe...

  • 株式会社アルダグラム 共同創業者・COO

    早稲田大学卒業卒業後、株式会社LIFULLへ入社。
    株式会社LIFULLが運営する日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME’S」の事業戦略・ディレクター責任者として多数のプロジェクトのマネジメントを経験。「中古不動産×リフォーム」領域の新規事業の立案・実行を推進した。
    2019年5月に株式会社アルダグラムを創業。

    60兆円の巨大産業である建設業界に、移動・事務時間を効率化する受発注プラットフォーム「KANNA」を提供しています。
    建設業界では10年後に100万人単位での労働力不足が発生すると予測されており、その深刻な社会課題を...

  • 株式会社アルダグラムで「KANNA」の開発責任者をしています!

  • 東京工業大学大学院卒業後、
    株式会社ネクスト(現:株式会社LIFULL)へ営業職として入社し、
    支店立ち上げの責任者や管理職を経験。

    株式会社アルダグラム創業時から事業立ち上げに携わり、2020年2月に正式入社。
    営業責任者として、進捗共有アプリ【KANNA(カンナ)】を拡販し、
    職人・業界の移動時間・事務作業時間を削り、売上増加のサポートをしている。

なにをやっているのか

  • 2020年7月に正式リリースした建設業界向けのSaaSプロダクトのKANNA。導入者数は500社を超えております。
  • 代表の長濱は個人の思想として、自分の幸せは「家族」の幸せに直結すると考えています。家族は、自分が接することが最も多い人間です。幸せな家族が増えれば増えるほど世の中が幸せになると思っています。つまり「家族」という単位を幸せにすればするほど、笑顔に満ち溢れた世の中になると考えているのです。

◆建設業界向けのSaaSプロダクト「KANNA」を開発・提供しています

KANNAは建設業界向けのSaaSプロダクトです。
建設業界の中でも「短期工事」に関わる、住宅建設会社(新築・リフォーム工事など)と専門工事会社(大工/クロス屋/電気工事屋/水道工事屋など)を繋ぐプラットフォームになります。KANNA内で写真・図面の共有、報告、チャットなど様々なコミュニケーションが可能です。

一般的に、SaaSプロダクトは「業務効率化」が目的であることが多いですが、KANNAは「顧客の売上増加」を目的としているプロダクトです。売上増加は結果的にユーザーの年収を上げることができ、それはユーザーを幸せにし、そしてユーザーの家族も幸せにすることができると思っています。

◆日本全国の住宅建設会社、専門会社が参加するプラットフォームを作り、参加企業の売上を最大化します。

KANNAは、日本全国にある住宅建設会社(不動産ディベロッパーなど)と専門会社(大工/クロス屋/電気工事屋/水道工事屋)を繋ぐプラットフォームです。

住宅建設会社はKANNAに案件内容を「発注」し、専門会社は売上を最大化できる案件を「受注」します。

これまで住宅建設会社は、専門会社との取引件数を増やすことに苦戦をしておりました。専門会社は大小合わせると40万社以上存在しており、すべてと繋がることはほぼ不可能です。且つ作業場所が顧客の住まいに帰属することから、日本全国が作業場所となる可能性もあり、頭を悩ませていました。

また専門会社も住宅建設会社と多く繋がりたい意向を持っておりました。ただ、作業場所、作業工数(社員数)、作業内容 (得意分野)が起因して、繋がることができても良い取引になるかは不明瞭であり、頭を悩ませていました。

KANNAは適切な「場所で」適切な「タイミングで」適切な「作業内容」を登録/閲覧することができるため、最適なマッチングが実現でき、建設業界の根深い問題を解決することができたのです。その結果、売上が最高500万円/1ヶ月 上がった専門会社もあり、成果も出てきています。そして会社名も知らなかった双方の企業の数多くのマッチングを創出することを実現しています。

なぜやるのか

  • 海外のM&Aコンサル出身、スペインのトップ大学でのAI講師、月間1,000万人以上利用しているWEBサービスのトップデザイナーなど多様なバックグラウンドのメンバーと共に成長できる環境です。
  • アルダグラムでは、何よりもプロダクトを通じた「顧客」の成功を重要視しています。顧客の成功がアルダグラムの成長、ひいてはミッション実現に繋がっていくと信じています。

◆建設業界で解決しなければならないのは「業務管理」ではなく「移動/事務作業時間」であること

売上を上げるために、KANNAが注目しているのは「移動/事務作業時間」です。

皆さん、エアコン工事、クロス張り替え、電気工事などを専門会社に依頼をした場合、「直近だと予約が取れないので1ヶ月後です」と言われたご経験はお持ちでしょうか?予約する側としては明日にでも工事してほしいというニーズを持ちながらも、業者側の予約の兼ね合いで工事が想定より先の時期になっていまう。

この問題はユーザーがストレスを感じる一方で、専門会社も大きなストレスを感じており、且つ事業運営において死活問題になっています。

事実として、専門会社の「作業(工事)時間」は全業務時間の " 35%のみ " と言われています。つまり " お金(売上)を生む時間 " が35%のみなのです。それ以外の時間は、移動時間と事務作業の時間になります。世の中に存在する40万社の専門会社は、事務所の近場の顧客のみとは限りません。
移動時間と事務作業時間のそれぞれに全業務時間の30%を費やしています。結果的に利益額が少なくなり、社員の給与を上げることができない問題が発生しています。

実際に、5年前と比較するとリフォーム会社は30%程度 倒産をしております。これは移動時間が削減できないことによる採算が合わずという結果です
KANNAを導入することによって、移動時間を「1/6」に。そして施工時間を「3倍」に増やすことができ、営業利益は「12倍」にすることができる事例も発生しています。

◆長期工事よりも「短期工事」に特化することにより、KANNAが見出した新しい「建設×tech」の市場

2019年頃から「建設×tech」の市場が盛り上がり始めました。
IT化が最も遅れていた業界の一つである建設業界において、各社のITリテラシーが上がってきたこと、また社員をはじめ専門会社(大工/工事担当の方)がスマートフォン操作に慣れてきたことが、盛り上がってきた背景となっています。

既存の建設×techサービス(SaaSプロダクト)は「長期工事」のニーズに沿うサービスが多いです。例えばマンション建設/ビル建設など数年間かけて工事を完結させる類です。長期工事のニーズに沿う場合は「案件管理」の機能が充実していることが最重要になります。

一方でKANNAは「短期工事」に特化をしています。
1日で作業が完結するような短期工事は、作業自体の効率upよりも移動時間の削減が最重要課題です。一般的なSaaSプロダクトが「業務効率up」に比重を置いていますが、短期工事(KANNA)は「マーケットプレイス(マッチング)+SaaSプロダクト」のビジネスモデルのほうがニーズマッチをするのです。

おそらくこの文章を読んでいる皆さまはビル建設、マンション建設には携わったことはない方が多いかと思います。ただ、自宅内での数時間で終える工事の立ち合いはされたことがあるかと思います。その工事をしている方はもしかしたら1時間以上の移動時間をかけてあなたの自宅に来ているかもしれません。ただ作業時間が30分で終える。これは非効率と感じていただけるかと思います。そういった専門会社を助けているのがKANNAなのです。

どうやっているのか

  • ポジションやチーム、これまでの経験、性別、年齢、国籍などに関わらず、意見が言い合えるフラットでオープンな組織です。また開発・営業の距離も近く、チーム一丸となって事業成長にコミットしています。

◆ビジネスに必要なのは「能力」よりも「人格」であることを信じています

「能力があればトップになれる。しかしあなたをそこに止まらせるのは人格だ」
これはアメリカの第16代大統領であるアブラハムリンカーンの名言です。
能力が高ければ一時的にトップにはなれるけれども、トップにい続けるためには「人格」が必要であることを意味しています。
代表の長濱がこれまでの人生の中で出会った素晴らしい方々は仕事もプライベートも両者充実していました。また、みなさんとにかく「人格者」であり、人生を豊かにするためには実績でも知名度でもなく「人格」であると思っています。

◆信頼できる優秀な仲間を「世界中」から集めるという思想

アルダグラムは信頼できるメンバーと働いていきたい、そして「世界中」からメンバーを募りたい、という想いを持っています。実態として、スペインの私立大トップであるナバラ大学のAI研究室のヘッドがCDO(最高データ責任者)として従事しています。

また、メンバー全員が同じ方向を向き、メンバーの家族も巻き込みながら組織づくりをしていきたいと思っています。仮にメンバーがアルダグラムの退職意向があるとするなら、家族から「アルダグラム以上の会社はないから退職してはダメ」と言われるような、そんな会社を目指しています。

また、代表長濱含め子供の保育園の送り迎えで早めに帰社するなど、スタートアップでありながら家庭のことも優先しながら働く社風となっており、アルダグラムの社員である前に、最も身近である家族を幸せにすることに共感しているメンバーが集まっています。

こんなことやります

〜KANNAのプロダクト開発を加速させていくため、チームを牽引してサービス開発をしていく仲間を募集します。〜

## 建設業界向けのSaaSプロダクト「KANNA」について
https://lp.kanna4u.com/

KANNA(カンナ)は、工具の鉋から命名しました。
移動やコミュニケーションの手間を鉋のように削り、施工など生産性の高い時間を生み出すお手伝いをしたいという想いから KANNAと名付けました。
KANNAを利用する顧客と組木のような強固な関係を築き、チームとして共に成長していきたいと思っています。

またiOSアプリ評価が「4.9」と満足度が非常に高いことなど、ユーザー体験を第一に考えたアプリケーション開発・設計を行っています。

今回は、自社SaaSプロダクト" KANNA "の開発を行っていただきます。

【具体的には】
・React, React NativeによるBtoB SaaS アプリケーション開発(設計/運用などを含む)
・社内における業務支援ツール開発(設計/運用などを含む)

【必須スキル】
・ミッションへの共感と実現へのモチベーション
・Webアプリケーション開発の実務経験2年以上
・Git / GitHubを利用したチームでの開発経験

【歓迎スキル】
・React・VueなどのJavaScriptフレームワークの利用経験
・React Nativeでの開発経験
・Firebaseを利用した開発経験
・GraphQLを利用した開発経験
・Ruby on Railsでの開発経験
・スクラムでの開発経験
・PM/開発チームのリーディング経験
・コンテナ(Docker)を利用した開発/デプロイ経験

【こんな人と働きたい】
・エンジニアリングの観点と顧客の課題解決のバランスを考慮し、長期的な視点でサービスの成長を考えられる
・自発的に顧客や社内の課題を解決する方法を考え、実践できる
・チームでの開発にコミットし、チーム全体のアウトプットを高められる

## 開発環境
言語:React(TypeScript, Next.js) / React Native / Ruby(Rails)
インフラ:AWS / GCP / Firebase
DB: MySQL / Redis
開発プロセス: スクラム
その他利用ツール:Github / Slack / Jira / Confluence / G Suite など

## 開発体制・環境
・設計〜実装〜テスト〜リリース〜運用とすべての工程にエンジニアが関わっており
機能や改修がユーザーのためになるかどうかを判断基準としてプロダクト開発をしている
・週1回、スプリントミーティングを実施しタスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行っている。
・本番にデプロイされるコードには、エンジニア全員でコードレビューを実施している。
・開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
・想定される複数環境での品質チェックを義務づけている

## その他
・仕事中、イヤホンの装着が許容されている
・リモート勤務を行うことができる
・新しい技術やツール関しては、積極的に試験・導入するなど新しい取り組みを積極的に行なっている

私たちと一緒に新しい「建設×tech」の市場を創造しませんか?
少しでもご興味がありましたら、是非一度、カジュアルにお話させていただければと思います!

※スクールを卒業し、業務未経験の方は、エンジニアとしてではなく別部門の配属になってもアルダグラムの事業に関わりたいと強く思える方、是非ご応募ください!

会社の注目のストーリー

「雇用形態」なんて関係なかった。フリーランスからジョインを決めたアルダグラムのリードエンジニアとは。
建設業界の負を解決するには真のカスタマーサクセスを追い求めるしかなかった。副業からアルダグラムを選んだ軌跡
『KANNA』を支える、ビジネスサイドとエンジニアの「フラットな関係」
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社アルダグラム
  • 2019/05 に設立
  • 15人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都新宿区神楽坂3-6 ヤマダビル4F
  • 目指すは業界プラットフォーム!建設業界を変革するフロントエンジニア募集
    株式会社アルダグラム