1
/
5
中途採用
UI/UX設計ディレクター
1
エントリー
on 2021/03/16 82 views

ユーザビリティーの高い機能要求を設計・企画 UI/UX設計ディレクター募集

株式会社トラストバンク

株式会社トラストバンクのメンバー もっと見る

  • 株式会社デザインワン・ジャパンに新卒入社し、開発チームでバックエンドエンジニアを経験、その後、新規事業の立ち上げに参画し、バックエンド、フロントエンドエンジニアを経て、現在Webデザイナーを担当しています。

    大学・大学院時代は、「ジオパーク」と「地域活性化」をキーワードにしたテーマで研究を行っておりました。

    基本的に幅広い分野に興味がありますが、とりわけIT関連や地方自治体の取り組みなどに興味があります。

  • インバウンドメディアの編集長としてメディアチームの統率、各プロジェクトを進行を担当。
    メディアのグロースハック施策の考案と実行を中心となり遂行し、SEO戦略の立案・FacebookやInstagramを利用してのSNS運用・広告運用を、各国のユーザーの嗜好を分析し、日々実行しております。

    また、UI/UXデザイナーとして5年以上、Web・DTPデザイナー10年以上、従事してきました。
    企画立案から、さらにデザイン・ライティングと一気通貫で作りあげることを得意としています。

  • 2005年ビジネス・アーキテクツに参加し、プロジェクトの種類・規模を問わずECサイト・コーポレートサイト・ポータルサイトからキャンペーンサイトまで、目的に合わせたプロジェクト設計・サイト構築・運用設計を手がける。2013年執行役員就任。2017年4月トラストバンクに参加。プロダクト部部長としてふるさとチョイスサイトの統括管理、企画設計、リニューアルなどを担当。2019年1月より執行役員ふるさとチョイス事業部長に就任し、事業全体管理、事業戦略立案等に従事している。

  • 株式会社トラストバンクにてCTOとして業務

    ---- 以下経歴

    SIerから経験をスタートし、事業会社で事業に責任を負うエンジニアとして働きたく
    Yahoo!JAPANに就職。
    ヤフオク系の数々の新規サービス立ち上げをここで経験させてもらう。

    その後、知人の誘いからベンチャーで開発組織の立ち上げからプロダクト新規開発を実施。
    ここまでエンジニアとして日々コードと向き合うこと10年。

    今後の自分のキャリアを考えた際に、圧倒的にマネージメントとビジネスの感度と経験が足りないと感じ、リクルートに入社(その後分社化しリクルートライフスタイルへ

    リクルートでは500名を超える規模のマネー...

なにをやっているのか

  • 【執務エリア】フリーアドレスとなっており、各デスクにはモニターも完備しています。
  • 【社内会議室】トラストバンクのオフィスは、各地域の自治体・事業者などの方々が気兼ねなく立ち寄ってくれる「拠点」にもなっています。来客スペース壁面の日本地図には、来訪された方々からのメッセージが書き込まれています。

日本最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を企画・運営しています。
いまでは、『ふるさとチョイス』は月間2億PVを超えるメディアに成長し、お取引いただいている自治体数は1560団体を超えます。
これは日本全体の87%を超える数であり、日本中に自治体とのネットワークをもっている会社です。

自治体ネットワークとメディア力を活かして、ふるさと納税事業以外にも「地域通貨事業」や自治体職員の仕事の効率化を支援し、付加価値の高い住民サービスの提供に繋げる「パブリテック事業」、エネルギーの地産地消を推進する「エネルギー事業」など、多角的な事業を積極的に展開しています。

【事業内容】
◆ふるさと納税事業
 地域により多くの寄付金を届けるだけでなく、地域と寄付者、地域と地域を繋げる取り組みを行っています。
◆地域通貨事業
 地域外へのお金の流出を抑え、地域内で循環する仕組みづくりに取り組んでいます。
◆パブリテック事業
 ICT技術を活用し、自治体業務の生産性を向上を促し、付加価値の高い住民サービスを目指す自治体支援事業です。
◆エネルギー事業
 地域からの経済的域外流出を防ぐためにエネルギーの地産地消を目指します。
◆企業版ふるさと納税事業
 自治体と地域創生に関心を持つ企業をマッチングさせ「関係企業」を全国に広げていきます。

なぜやるのか

  • トラストバンクが目指すこと
  • ふるさとチョイスとふるさと納税を活用した「ガバメントクラウドファンディング」「ふるさとチョイス災害支援」

人口減や産業の衰退など課題が山積している日本中の地域を元気にしたい。
2012年4月、そんな想いから生まれたのが、ふるさと納税総合サイト 「ふるさとチョイス」 です。

多くの地域では、「ヒト」「モノ」「お金」「情報」が十分に循環せずに、域外から入ってくるお金が少なくなっているだけでなく、域外に流出するお金が多い状態です。

トラストバンクでは「自立した持続可能な地域をつくる」というビジョンのもと、
ふるさと納税を通じて、「ヒト」「モノ」「お金」「情報」を日本中に循環させ、
今までなかなか知ってもらえなかった魅力的なお礼の品を多くの方に知っていただくことで、地域の魅力を伝えながら、自治体をお手伝いしています。

ふるさと納税事業では他にも、自治体自らプロジェクトオーナーになって、ふるさと納税を活用して、クラウドファンディングで寄付を集める「ガバメントクラウドファンディング」や災害時の資金支援「ふるさとチョイス災害支援」を通じて、地域を支援しています。

どうやっているのか

  • 全国の自治体職員さんが地域の努力や変化についてプレゼンした「ふるさとチョイスアワード」
  • WEBだけでなく、人と直接触れ合うリアルのイベントもやります!

トラストバンクでは創業以来、大切にしていることが3つあります。

①フラットな組織
②チャレンジができる組織
③ビジョン「自立した持続可能な地域をつくる」
▼詳しくはこちら

https://www.wantedly.com/companies/trustbank/post_articles/201909

アルバイトや業務委託などを含め、全体で200名超のメンバーが活躍しており、
デザイナーだけど、災害プロジェクトに属していたり、サポートだけどイベント企画に属していたり、「自立した持続可能な地域をつくる」ビジョン実現のため、手を上げれば様々な業務にチャンレンジする事が可能です。

こんなことやります

トラストバンクは、ふるさと納税制度を活用したサービス『ふるさとチョイス』を通じて、地域に人・もの・お金・情報を循環させ、活性化に取り組んでいます。

ふるさと納税といえば地域のお礼の品など「もの」が人気の一方、近頃はその地域ならではの体験や取り組みなど「こと」にも注目が集まっています。こうした新しい地域貢献の流れにふるさとチョイス事業を通して触れられる、やりがいを感じられる仕事です。

今回事業拡張に伴い、私たちと同じ地域貢献の想いを持って、地域の人・もの・お金・情報を循環させるメディア『ふるさとチョイス』を共に作っていただける仲間を募集します。

■主にご担当いただくこと
チームの一員として、「ふるさとチョイス」のUI/UX改善、機能の設計・企画業務に携わっていただきます。
・新機能や機能改善に関する企画立案~要求定義
・UX設計、ワイヤーフレーム・機能要求の作成
・リリース後の効果測定~改善提案
・ユーザー調査、ユーザビリティーテスト

■希望するスキル
・Webサイトの機能企画・要求定義・設計の経験(3年以上目安 / 自社プロダクト・ECサイトだと尚良)
・定性的・定量的な手法を交えてサイト上の課題抽出〜改善に取り組んだ経験
・GA・ヒートマップツール等を使ったログ分析〜課題抽出の経験
・仕様把握・企画・検討が円滑にできるレベルの開発知識

■歓迎するスキル
・ユーザー調査に基づく改善案の企画・実行経験
・フロントエンドやデザインの知識
・ご自身でユーザー調査を設計・実施した経験
・プロトタイプ作成経験

■歓迎する人物像
・特定の役割に縛られすぎず、目的に合わせて自由に発想できる方
・仲間を尊重し、助け合える方
・よりよいユーザビリティ、ユーザー体験を追求するのが好きな方
・自らキャッチアップできる方
・地域や、頑張る人を応援したいと思う方(弊社のビジョン「自立した持続可能な地域をつくる」に共感してくれる方)

会社の注目のストーリー

≪TB INTERVIEW #4≫伴走しながらお客様を成功へ導く、カスタマーサクセスならではのやりがい(パブリテック事業部/カスタマーサクセス)
【社長×CTO対談 #1】CTO採用の背景、メンバーへの想い
≪TB INTERVIEW #3≫ユーザーと共に作り、一緒に喜び合える環境(パブリテック事業部 SRE)

ポートフォリオ

もっと見る
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社トラストバンク
  • 2012/04 に設立
  • 161人のメンバー
  • 東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア39F WeWork内
  • ユーザビリティーの高い機能要求を設計・企画 UI/UX設計ディレクター募集
    株式会社トラストバンク