1
/
5
労務、総務、経理
14
エントリー
on 2021/03/12 619 views

急成長中のVR事業を支える管理部門メンバーを募集!|バーチャルライブ企業

株式会社VARK

株式会社VARKのメンバー もっと見る

  • カプコン2014~2017
    起業  2017~

  • 大学卒業後、読売広告社(広告代理店)へ入社、
    その後、GREE、Amazon japan、LINE、OZvisionと多くの企業とのご縁を頂き、
    営業、メディアプランナー、バイヤー、PM、マーケティング責任者、事業部長、執行役員などと、
    ビジネスサイドでtoBtoC両面への向き合い、組織サイドでは小さいチームから全社レベルでのマネジメントまで様々なチャレンジをさせて頂いてきました。
    新規事業立ち上げ、成長~既存事業といろいろなフェーズの事業にも携わり、
    MBOやOKR、採用フローの整理などなど様々な組織施策にもチャレンジしてまいりました。

    かなり雑食に仕事をさせていてただいてきましたが...

なにをやっているのか

  • 「Kaede Higuchi VR LIVE『Gekka-Bijin』」を開催
  • 「Cinderella switch 〜ふたりでみるホロライブ〜 vol.1」を開催

私たちは「新しい活躍の場所を創り、新しい人生を届けること」を目指し、「世界で一番活躍できるバーチャルな場所」を創っています。

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  VRで新しい人生を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
私たちのミッションは「新しい活躍の場所を創り、新しい人生を届けること」です。
最終的には誰もが活躍できるVRのSNSのようなサービスを展開するべく、
まずその第一歩として、様々な才能を持ったアーティストが最高に輝き、自由に表現・活躍することができる【VRライブプラットフォームVARK】を自社開発・運営し、その上で開催するイベントの企画・プロデュース・制作を行っています。
https://vark.co.jp/

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『VARK』とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
VARKはアーティストのパフォーマンスをあたかも自分がコンサート会場にいるかのように体感できるサービスです。

最近ではバーチャルイベントも増えてきましたが、様々なプラットフォームがある中、『VARK』はVRを駆使した圧倒的なライブ演出とクオリティが強みです。
出演者様やそのファンの方のことを第一に考え、それに合った「最高の体験」を追求した企画開発により、圧倒的な満足度実績を誇っています。

特に、「アーティストが目の前に来て歌ってくれる」「観客がアクションでライブを盛り上げることができる」など、現実のライブでは困難な多種多様な演出で『VRならではのライブ体験』を存分に味わえます。

【VARKの実績】
◆Twitterトレンド1位獲得!VTuberが大集合した伝説のバーチャルフェスライブ
2019年8月24日、25日の2日間にバーチャルライブ史上伝説のバーチャルフェスライブ「Vサマ!」を開催しました。
ミライアカリさん、YuNiさんをはじめ、18名のVTuberが登場。またゲストとして初音ミクさんが登場するなど大きな盛り上がりをみせ、当日のTwitterトレンドではなんと「1位」を獲得しました。
https://vark.co.jp/event/virtual-summer-fest-2019/

◆HMDが店頭から消えた伝説のイベント
「VARK Presents. hololive Virtual LIVE series in VARK『Cinderella switch ~ふたりでみるホロライブ~』vol.1」
2020年9月27日、ホロライブ所属「宝鐘マリンさん&天音かなたさん」によるライブを開催しました。
このライブでは二人組の一人がステージ上でライブをし、もう一人が『連番者』となって”あなたの隣で”一緒にライブを観て盛り上がる全く新しいライブ形式で開催されました!
ライブ開催に伴い、全国のHMDレンタルショップからHMDがSOLD OUTしてしまう緊急事態が発生。「VRライブ=VARK」というブランディングが確立したイベントになりました。
https://lp.vark.co.jp/futaride_miru_hololive/

なぜやるのか

  • VRライブハウスサービス「VARK」

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「最高の時間を過ごしてもらう」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
VRでのライブ事業を行う上での根底として、とにかく「人生で最高の体験を提供したい」という考えに基づいています。
会社のミッションである「新しい人生を届ける」上で、この「新しい人生」が「旧い人生」よりも輝いている必要があるからです。
そのために、VARKが提供するものについてはとにかく「今までにない体験で最高に楽しんでもらう」ことが命題となります。
だからこそ、

・最高の視覚的情報量を与えられるデバイス(VR)で
・ライブというとびっきりの『ハレの日』に
・最高に輝いているあの人を
・最高の座席で応援できる

というシステムをとりました。
ライブ開催についても、利益を追求しようと思えばもっと高頻度で行うことは可能ですが、社内で定めたクォリティラインが達成できる頻度で、一つ一つのイベントを「最高の体験」に仕上げるよう動いています。

どうやっているのか

  • パーテーションなどの隔たりがない、フラットな職場環境です。
  • 仕事の合間に、休憩できるスペースも完備。

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ミッションへのアプローチ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
◆① 短期目標『サービスの成功事例を増やして認知度を上げる』
「最高の体験」を提供することで、ライブイベントとしての成功事例を積み重ね、VARKとVRサービスの認知度を上昇させます。
既にVRライブとしては他の追随を許さないクォリティを達成できているため、現在はこれをもとに実績を積み上げてゆくフェーズであると考えています。

◆② 中長期目標『アメーバ的にどんどん広がるVARK』
上述の通り、現在は一つ一つ丁寧にイベントと向き合ってより良いものを創っていく段階なので、ライブも月に1~2本に制限しています。
しかし、大きな活動に繋げていくためには、『VARK』がアメーバのように勝手に世界に広がるようにサービスを進化させなければなりません。

そのため、今後は新しい才能を持ったアーティストの方からの、「自分でイベント開催したい!」という要望にも応えてゆきます。
先日実装した「VARK LIGHT STAGE」がその一つで、誰でも簡単にVARKでライブイベントが開催することができます。
さらにその一方で、ユーザーさん同士でコミュニケーションを取れるような機能も入れていきたいなと思っています。VR空間でのライブを中心にしたコミュニケーションをもっともっと増やしていき、「みんなが当たり前にVARKを使う」ようにしていきたいと考えています。

◆③ 最終目標『誰もが活躍できる「もう一つの世界」を創る』
VARKというバーチャルの世界では、自分のやりたことがやりたいようにできる。
そして多くの人がそれを見つけ、称賛してくれる。そして、それが現実世界と同じ、またはそれ以上の価値を持つ。
YouTubeがYouTuberを生み出し、YouTuberとして成功した人が人生の成功者と評されたように、VARKでの生き方がその人にとって現実世界以上の意味を持つ。バーチャル上にそんな「もう一つの世界」を生み出すことを目標としています。

■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  充実した福利厚生、働き方も柔軟です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■
VARKは設立4年目のベンチャー企業ですが、福利厚生は充実しており、従業員の働き方も柔軟に対応しております。

(1) 開発に必要な機材はお好きなものを調達可能
VARKはエンジニア、クリエイターが8割を占めています。それが故に開発に用いる機材は重要であり、最大限メンバーの希望に沿った機材を選んで購入をするようにしています。

(2) 副業も可能です
エンジニア、クリエイターなど技術系職種は、フルタイムのお仕事をしながら空いた時間に副業も可能です。もちろん実業に支障がないように動いていただいておりますが、今まで得たご経験をVARK以外において副業で活かしていただいております。

(3) 企画から実装までをスピーディーに実行可能
業務スペースにパーテーションなどの隔たりがなく、社長も交えて常に活発に意見が飛び交っています。自分のアイデアをカタチにしやすい環境です。

こんなことやります

ー【募集背景】ー
今年の5月に6億円の資金調達を行い、バーチャルライブ事業の拡大やメタバース事業の開発が始まるなど会社としては急成長期に入っています。

こうした状況の中で空中分解せずに、適切な戦略を立てて健全な成長を遂げるためには、コストの管理や法務の整備などの管理部門の仕事が非常に重要になってくると私たちは考えています。

そこで今回、ゼロイチで管理部門の仕組みを創り上げ急成長を支えてくれるメンバーを募集することになりました!

ー【業務内容】ー
経理業務から労務業務、内部統制構築業務など管理部門に関する業務全てに携わっていただきます。
具体的な業務例としては以下のような業務があります。
・月次経理業務
・月次決算・四半期決算・年度末決算業務のサポート
・株主総会対応
・仕訳・伝票処理業務
・入出金管理
・給与計算
・契約書管理
・個別業務フローの構築・改善
・システム導入プロジェクト
・新規事業立ち上げ時における、会計・税務面での課題解決

この他にも自ら積極的に会社のために必要な業務を見つけてくださることは大歓迎です。

ー【必須(MUST)】ー
下記いずれかのご経験
◎監査法人勤務又は企業管理部門経験2年以上
◎簿記3級以上の知識(2018年6月以降の簿記2級程度の知識があるとベター)

ー【歓迎(WANT)】ー
◎上場企業及びその子会社での経理経験
◎VARKの3つのバリューに共感できる方
・For Future(未来志向)
 →成長途上である市場に挑戦している会社だからこそ、常に新しい価値のあるモノを生み出していき、より多くのユーザーに喜び続けてもらいたいと考えています。そのために可能な限り早くデータ収集、改善ができるサービス、組織を目指し続けます。

・FULL Respect(圧倒的尊敬)
 →バーチャルライブは一人で作り上げることはできないサービスです。社内のメンバーはもちろんですが、出演者の方、関連会社方、一緒に盛り上がってくれる一人一人のユーザー全てに尊敬の念を持って協力関係を気付き上げていくことが大切です。

・Be Crazy(諸君、狂いたまえ)
 →「狂ったように物事に打ち込み、成功のみを目指し、素早く行動し、失敗しても立ち上がる」これは吉田松陰の「狂愚」という教えです。VARKはベンチャースピリットを大切にしており、挑戦的な施策とデータを活かし、圧倒的なスピード感でトライ&エラーを積み重ねて急速に成長することを目指します。

●人物イメージ
・これまでの経験やルールにとらわれず、複数の選択肢から最良の手段を比較検討できる方
・与えられた業務をこなすだけでなく、自ら考え、必要な業務を積極的に作り出せる方
・様々な仕事に対して自分事で考えられる方
・明るく、チームのために働くことが好きで、変化対応を前向きに捉えられる方
・事業部門への貢献意欲が高く、現場の事情や要望に対し円滑なコミュニケーションをもって柔軟に取り組める方

少しでも興味を持っていただけた方、まずは一度フランクにお話しましょう!

会社の注目のストーリー

【社員インタビュー】自由な風土の中にある誇り高きプロ意識。金髪のコーポレート部門担当中川が語る、VARKで働く魅力とは
【社員インタビュー】「VARKの魅力をより多くの人に広めていきたい」インターンから正社員に登用された、社会人2年目の鈴木が語るこれまでとこれから
「俺の人生、ゲームしかしていない(笑)」ゲーム漬けの毎日の先にたどり着いたVARKの魅力と未来像を、取締役の石川が語ります
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社VARK
  • 2017/08 に設立
  • 21人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
    社長が20代 /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都 豊島区
  • 急成長中のVR事業を支える管理部門メンバーを募集!|バーチャルライブ企業
    株式会社VARK